全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,972件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 春日市
  4. 春日駅
  5. むらかわ歯科クリニック & LIFE SHIFT 矯正歯科
  6. 審美面と機能性を兼ね備えた歯列矯正一般歯科ならではのメリット

審美面と機能性を兼ね備えた歯列矯正
一般歯科ならではのメリット

むらかわ歯科クリニック & LIFE SHIFT 矯正歯科

(春日市/春日駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 自由診療

一般歯科をはじめ、歯周病治療、顎関節症の治療、歯列矯正など、幅広い診療を行っている「むらかわ歯科クリニック」。院長を務める村川達也先生は、同院で治療を受けるメリットについて、「クリニックを変えずにさまざまな治療が一貫して受けられることです」と語る。矯正においてもワイヤー式に加え、マウスピース型装置を用いた矯正など、患者一人ひとりの歯の状態やニーズに対応できるのが特徴だが、矯正を希望する患者は不正咬合や歯並びのトラブルだけとは限らない。そんな時、矯正期間中であっても口腔内の状態をトータルで診てもらえれば、患者にとって全治療を一ヵ所で行えるという利便性と安心感が得られるだろう。今回、審美面だけでなく機能性も重視しているという同院の矯正について詳しく聞いた。

(取材日2021年8月10日)

審美面、機能性、トータルバランスを重視した歯列矯正。包括的な治療が一貫して行えるのも大きなメリット

Q一般歯科に加え矯正歯科にも注力している理由を教えてください。
A
1

▲口腔内の根本的な問題解決のため、矯正治療を重視している

お口の中の病気は、症状が出ている箇所だけではなく、トータル的に診なければ根本的な問題は解決しません。例えば、歯科の代表的な疾患である歯周病と虫歯。この2つは噛み合わせや歯並びの悪さがうまく歯磨きができない要因となり、疾患につながっているケースが多々あります。つまり、歯の並びはさまざまな歯の不具合、疾患と強い関連性があるわけです。矯正は見た目を良くするためだけに行うものではなく、歯周病や虫歯になる原因の解決、噛む力のバランス調整、口呼吸の場合は本来の鼻呼吸に戻すという目的も併せ持ちます。これらの疾患に至る根本的な問題解決と全体の調整のために、当院では矯正に注力しています。

Q矯正には多くの目的やメリットがあるのですね。
A
20210819 2

▲歯並びを整えることだけが矯正治療の目的ではないと語る村川院長

基本的には「審美面」「機能面」「炎症」の3つを改善することが矯正を行う目的であり、期待できるメリットです。見た目の審美面、食べ物を正しく噛めるようにする機能面、噛む力が強いことや歯並びが原因となっている炎症の改善というように、矯正は患者さんそれぞれの状態によっても目的が変わってきます。今症状が出ていなくても、今後症状が出る可能性があれば予防にもなるため、目的やメリットは決して1つだけではないのです。当院ではほかの口腔内トラブルにも対応できますので、矯正期間中に虫歯が見つかったとしても治療のためにほかの歯科医院へ行く必要がありません。一貫して治療が行えることも当院のメリットといえるでしょう。

Qこちらではどのような矯正方法を導入されているのですか?
A
3

▲多様な方法に対応可能。一人ひとりにとって最善の方法を提案する

ワイヤー矯正やマウスピース型の装置を用いた矯正に対応しています。ワイヤー矯正に関しては、以前のワイヤーよりも細くてやわらかいものが開発されていますので、患者さんの歯の状態や、ご希望に合わせた矯正装置を提案しています。一方、マウスピース型装置を使う矯正はコンピューターでシミュレーションを行えるのが大きな特色で、患者さんは事前にどのような歯列になるのかを確認することができます。歯科医師側も歯の動きを従来の感覚ではなく、ミリ単位で把握することができるため、精度の向上にもつながっています。目立ちにくい透明の装置は、取り外しも自在なのでお手入れがしやすい点もニーズが高まっている要因です。

Qマウスピース型装置の矯正は問い合わせも多いそうですね。
A
4

▲装着していても目立たない分、需要が高まっている

希望される方は大人の方が多く、最近は男性からの相談も増えました。当院で矯正をされている方は男女半々くらいです。お仕事の都合上、目立たない装置を希望される方も多いですね。お子さんの矯正については、1期、2期と成長段階で分けて矯正を行います。今、顎が小さな子どもが増えていて、歯に隙間がなく、永久歯が正しく生えづらくなっているケースが非常に多くなっています。そういうケースには、顎の成長を利用して矯正を行いますので、まずはすべて永久歯に生え替わる前に受診ください。また、歯列の狭窄などが原因で口呼吸のお子さんについても、成長を利用して狭窄している部分を広げることで本来の鼻呼吸となるよう促していきます。

Q矯正後のメンテナンスについて教えてください。
A
5

▲一般歯科も診療してるため、後戻りケア以外に口腔内全体を見れる

メンテナンスについては、いずれの矯正法も基本同じで、主に寝ている時に使用する装置を装着して後戻りを防ぐ期間を設けます。下の前歯が一番後戻りしやすいため、歯の裏側をワイヤーで固定することもあります。固定期間は矯正した期間と同じ時間が必要ですが、どうしても歯は動きますので、固定期間終了後も睡眠時に装置の使用をお勧めすることがあります。歯科医療の大きな目的は歯を失わないようにすることですが、矯正に関しては正しく機能することも重視しますし、機能の改善なしでは矯正する意味がないとさえ思っています。まずは機能性、次に審美面と歯の寿命の延伸。この3つを兼ね備えていることが、矯正に対する私の診療スタンスです。

ドクターからのメッセージ

村川 達也院長

噛み合わせが不定愁訴の原因になっていることも少なくなく、顎関節症もその一つです。噛み合わせというのは、それだけ全身に影響を及ぼすんですね。そして、虫歯や歯周病も、歯並びが原因で発症しているケースが多いので、噛み合わせや歯並びを正しく整えることは、疾患の予防にもつながることを皆さんに知っていただきたいですし、すでに何らかの症状が出ている方は早めに受診されることをお勧めします。これまで歯列矯正の必要性を感じながらも足踏みされていた方が、マウスピース型の装置など目立ちにくい装置があることを知り、矯正に踏み切られるケースも増えてきています。悩まれている方は気軽に相談にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ワイヤー矯正/77万円~ 88万円、マウスピース型装置を用いた矯正/85万8000円~、小児矯正(1期)/5万5000円~44万円、小児矯正(2期)/44万円~88万円(全顎の場合)、部分矯正/5万円~44万円 ※症例によって、価格は変動します

Access