全国のドクター12,764人の想いを取材
クリニック・病院 158,416件の情報を掲載(2024年7月21日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市幸区
  4. 鹿島田駅
  5. 日高歯科クリニック
  6. 歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士がチームで寄り添う医療を提供

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が
チームで寄り添う医療を提供

日高歯科クリニック

(川崎市幸区/鹿島田駅)

最終更新日:2023/11/08

日高歯科クリニック  歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が チームで寄り添う医療を提供 日高歯科クリニック  歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が チームで寄り添う医療を提供
  • 保険診療
  • 自由診療

高度な歯科治療を受けるためには、たとえ遠方であっても大学病院に行くしかないと思い込んでいる人も少なくないだろう。一方で、それぞれ高い専門性を持つスタッフたちが、大学病院以上のグローバルスタンダードな治療の提供をめざすという同じ志を持ちながら歯科診療に取り組んでいるのが、「日高歯科クリニック」だ。同院では、複数の歯科医師や歯科技工士、歯科衛生士が、それぞれの専門性を生かしながらチーム医療を実践。口の中のさまざまな病気や症状、悩みなどに適切な診療の提供をめざすことで、地域の人々が末長く健康で、幸せに過ごすことができるよう努めているという。そんな同院の診療について、日高亨彦副院長と高橋和也先生、濱田修平先生、歯科衛生士の今麻樹子さん、歯科技工士の涌井崇周さんに、詳しく教えてもらった。

(取材日2023年4月11日)

歯科医師と歯科衛生士、歯科技工士が、患者を中心としたチーム医療で100%の治療を提供することをめざす

Qこちらのクリニックの魅力を教えてください。
A
日高歯科クリニック  スタッフ一人ひとりがそれぞれの分野で高い専門性を持つ

▲スタッフ一人ひとりがそれぞれの分野で高い専門性を持つ

【日高副院長】まず、それぞれ専門性を持つスタッフが連携してチーム医療を行っていることです。また、歯科医師も複数在籍していますので、もし相性が合わなければ担当を変えることもできます。私自身は治療全般に対応しているほか、歯科麻酔を専門としています。必要な際には静脈内鎮静法や笑気麻酔を用い、患者さんが楽に治療を受けられるようにしているほか、基礎疾患などがある患者さんもモニターで全身を管理し、安全性に配慮しながら治療を提供しています。当院では、グローバルスタンダードな治療を提供することをめざしていますが、たとえ病気を持っている患者さんでも、幅広い治療を提供できるようにしたいと考えています。

Q高橋先生が得意としている治療は何ですか?
A
日高歯科クリニック  歯科技工士との綿密な関わりで患者の長い健康のために尽力

▲歯科技工士との綿密な関わりで患者の長い健康のために尽力

【高橋先生】入れ歯を含む補綴治療とマウスピース型装置を用いた矯正を得意としています。補綴治療では、当院には歯科技工士がいて、院内に技工室も備えています。補綴物は、外注しているとその形や色は模型や写真を参考に製作します。ですが、当院では必要であれば歯科技工士が直接、お会いして、希望を聞くことができるほか、治療計画も一緒に検討するなど、より精密な治療を提供できる体制を整えています。治療では、患者さんとゴールを共有することに加え、機能面はもちろん、審美性や永続性、メンテナンス性などもしっかりと考慮することで、入れた補綴物が長持ちして、患者さんが健康に過ごすことができるよう心がけています。

Q濱田先生が力を入れていることは何ですか?
A
日高歯科クリニック  会話の中でより長く健康な口を保つために伝えることを大切にする

▲会話の中でより長く健康な口を保つために伝えることを大切にする

【濱田先生】歯科治療一般に加えて、小児歯科に力を入れています。小児の場合は口の中を診るだけでなく、口の機能獲得のために食事や姿勢など普段の生活の中で意識したほうが良いことも伝えています。お子さんが小学生くらいになると、歯並びが悪くならないようにするにはどうすれば良いか聞かれることも多いですが、もっと早期に注意したほうが良いことなど、子どもが健やかに発育や発達をしていくために、親も知っておいたほうが良い情報も提供することを心がけています。また、たとえ時間がかかっても患者さんとしっかりコミュニケーションを取り、治療の選択肢を示して、納得して選んでもらってから治療を進めることを大切にしています。

Q歯科技工士は、どのような仕事をしているのですか?
A
日高歯科クリニック  患者との距離が近く、長く健康を維持できるような技工物の製作を

▲患者との距離が近く、長く健康を維持できるような技工物の製作を

【涌井さん】歯科技工士は、歯の詰め物やかぶせ物などの補綴物や、入れ歯などを製作するのが主な仕事です。当院では、自由診療のセラミックや保険診療の金属の補綴物のほとんどを院内の技工室で製作しています。加えて、歯科医師が診察室で撮ったスキャナーなどのデータが直接、技工室に来るようになっており、それをもとに補綴物などはコンピューター上で設計して削り出したり、インプラント手術で使用するガイドを3Dプリンターで製作したりするなど、先進のデジタルシステムを積極的に導入しています。また、最近では人生100年時代といわれていますから、補綴物も患者さんの健康に長く寄与できるようなものを作れるよう心がけています。

Qメンテナンスについても教えてください。
A
日高歯科クリニック  健康な歯でい続けてもらうために、時間をかけ丁寧にメンテナンス

▲健康な歯でい続けてもらうために、時間をかけ丁寧にメンテナンス

【今さん】当院では、歯科衛生士もそれぞれが自分のユニットを持ちながら担当制で、クリーニングや虫歯・歯周病のチェックなどのメンテナンスに取り組んでいます。1人1時間の枠を取っていることに加えて、患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら、一人ひとりに合ったメンテナンスの内容にすることで、虫歯や歯周病のない健康な状態を長く保つことや、問題を早期に発見して治療につなげることを大切にしています。さらには、患者さんと信頼関係を築いて、歯科医師には話しにくいことも気軽に相談してもらえるように心がけることで、生涯にわたって患者さんの歯の健康をサポートすることをめざしています。

ドクターからのメッセージ

日高 亨彦副院長

当院では、スタッフがそれぞれの専門的な知識や技術を生かしながら連携することで、グローバルスタンダードな治療の提供をめざしています。その中で、歯科医師と歯科衛生士、歯科技工士が、患者さんを中心としたトライアングルのチーム医療で、100%の治療を行うために120%の治療計画を立てることを重視しています。そのため、毎週全員で症例検討会を行い、その上で患者さんに治療を選択してもらうようにしています。そして、どの医療機関にかかれば良いのか悩んでいる方もいると思いますが、それだけでは何も進みません。話を聞いてから治療を受けるか決めれば良いのですから、本当に気軽に受診していただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/30万円~100万円、セラミック素材の補綴物/11万8000円~

Access