全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市北区
  4. 中津駅
  5. 新梅田木村デンタルオフィス
  6. 木村 和弘 院長

木村 和弘 院長の独自取材記事

新梅田木村デンタルオフィス

(大阪市北区/中津駅)

最終更新日:2019/08/28

152408

JR大阪駅から徒歩10分の好立地にある「新梅田木村デンタルオフィス」。勤務医時代から多くの治療経験を積み、その鍛え上げられた技術に自信を持つ木村和弘院長が2005年に開業した。学会や勉強会などに積極的に参加し、そこで得た知識や情報は患者にも提供。患者とのコミュニケーションを通して、信頼関係を構築しようと努力する。治療では常に納得のいく結果を出すことにこだわり、そのための配慮は欠かさない。「行き先のわからないタクシーに乗るようなことはしたくないので、事前にゴールを明確にしておくことが大切だと思います」と木村院長。診療前のカウンセリングにも十分な時間を費やし、患者が求める医療サービスを提供している。
(取材日2017年6月5日)

価値創造をするために大事なのはカウンセリング

歯科医師をめざすきっかけと開業までの経緯を教えてください。

1

父の大親友が歯科医師で、その先生に小さい頃から「歯科医師になったらどうだ」と勧められたのがきっかけかもしれません。それに僕自身も患者さんからありがとうと言ってもらえる歯科医師の仕事に魅力を感じていたので、歯科大学への進学を決めました。この場所に開業したのは梅田からも近かったことと、当時は周辺の開発が始まったばかりで、これから発展していくいい街だと感じたので、ほかの物件を見ることなく決めました。当時の勤め先の院長から「歯科医師は場所じゃなくて腕だから、どこで開業しても関係ないだろ」って言われたのも理由の一つです。ただ、開業当初は周りに人がいなかったので、患者さんが全然来なくて苦労しました。

あらゆるご相談にお応えされていますね。

そうですね。僕が一般歯科を診療しているのは、誰にでも来てほしいからです。インプラントを受けたい人はクリニック名に「インプラント」が入っているクリニックに行きますよね。でもその前の痛みの原因がわからない人、口腔内で悩んでいる人は何でも相談できる一般歯科に行く。僕はより多くの人を診療して、患者さんを治療したり、紹介したり、今よりも良い状態になるように導くことが仕事だと思っています。そのために治療の幅を決めずに、どんな症状でも治療できるように自分のレベルを常に上げるよう精進しています。紹介先も歯科の各分野のプロフェッショナルはもちろん、医科との連携も行います。例えば手術時の静脈内麻酔など、専門のドクターを呼んで対応していますよ。

安心して通うことができますね。

2

そうだとうれしいです。安心してもらうために患者さんとのカウンセリングは非常に重要です。患者さんによって何が良い状態なのか、クリニックに行って何を求めるのか、つまり価値観は違います。ということは患者さんが思う良い状態と歯科医師が思う良い状態も違うということです。なので僕はきちんとしたカウンセリングの上で、患者さんの希望とこちらの希望を伝えて、これまで患者さんの中にはなかった新たな価値創造を行い、納得して治療を進めていきたいと思っています。

納得できる結果を残して患者に満足してもらう

素敵な雰囲気のクリニックですが、施設のこだわりを教えてください。

3

診療室は個室にこだわりました。僕の場合、どの治療をする場合でも、5分や10分で終わることはありません。最低でも30分から1時間くらいかけて患者さんを診ているので、くつろいで治療を受けていただくためには個室にする必要があると考えたからです。それに、女性の患者さんの場合は、知らない人であっても治療中に口を開いているところを見られるのは嫌ではないでしょうか。ですので、患者さんのプライバシーを守るためにも個室にこだわりました。それと、院内を土足にしたのにもちょっとしたこだわりがあります。患者さんの中には他人が履いたスリッパを履きたくないという方もいると思いますし、女性の場合はブーツを脱ぐのに抵抗があるという方もいると思うので、土足のままで治療を受けられるようにしました。

クリニックにはどのような患者さんが多いですか?

開業当時と違って周辺にマンションができたので、近くにお住まいの患者さんも増えてきました。それでも子どもの患者さんは少なくて、この周辺にお勤めの方や仕事帰りのサラリーマンの方が中心です。平日は夜の8時まで診療を受け付けていますし、ビルの前に駐車場を完備しているので通いやすいと思います。また、駅から近いので、引っ越しされても電車を乗り継いで来る患者さんは多いですよ。遠くは滋賀や京都、奈良、兵庫の患者さんもいます。男女別ではどちらかというと女性が多く、治療にこだわりをお持ちの方が多いですね。僕も結果にこだわった治療をしているので、きっと満足していただけると思います。

診療前のカウンセリングにも時間をかけているそうですね。

はい。結果を出すためにも、治療前のカウンセリングをとても大切にしています。僕は患者さんを型にはめて治療するタイプではないので、最初に患者さんがどんな治療を望んでいるのかをしっかり聞き出し、そのために患者さんにどこまで協力してもらわないといけないか、僕と患者さんの両方が納得するまで話し合っています。また、治療方法は複数の選択肢を提示して、どの治療法にするのかは患者さんに決めてもらっています。患者さんにもいろいろな事情がありますし、予算の都合もあると思うので、最終的な判断は患者さんに任せています。時には患者さんがベストな選択をしないときもありますが、どんな治療法でも他の歯科医師の先生には負けないと思っているので、自信を持って引き受けています。

患者と歯科医師はWin-Winの関係でありたい

インプラント治療を希望する患者さんにアドバイスはありますか?

5

インプラントはクリニックによって使っているものが違うので、知識や技術を持った専門の歯科医師がいるクリニックをチェックするといいと思います。そのときには、はやっているというだけでクリニックを選ばないことが大切です。これはインプラント治療に限ったことではありませんが、患者さんが多いと1人の患者さんにかける時間が少なくなる可能性があるからです。僕が上手だなと思う先生は、どの方も診察に時間をかけてじっくりと治療をしているので、診療スタイルも事前にチェックしておいたほうがいいでしょう。それと、治療は歯科医師と患者さんの信頼関係が大切なので、同じ先生に最初から最後までずっと診てもらえるところがいいと思いますよ。

治療を通じて感じていることがあれば教えてください。

先日治療した歯周病の患者さんは、遠方からわざわざ来てくれるのですが、どうして家の近くの歯科医院に行かないのか聞いてみました。そうしたら糖尿病の検査結果の紙を見せてくれて、僕の歯周病の治療を受けたら数値がすごく良くなったから通っているって言ってくれました。とてもうれしかったですね。でも、これは特別なことではないのですよ。糖尿病の学会では歯周病を治せって言われるくらい歯周病と糖尿病の関係は深く、インスリンでコントロールが難しいケースでも、歯科医院でクリーニングしたら数値が改善することがあるのです。例えば、手とか頭とか内臓とか、出血したらおかしいと思って病院に行きますよね。それと同じで、口の中の毛細血管から血が出たら、歯科医院に行って治療するのが当たり前だと思います。放置すればそこから歯周病菌や細菌が入っていろいろな病気につながりますし、そのひとつが糖尿病なのですよ。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

患者さんにたくさん来てもらってクリニックを繁盛させるというよりは、一人ひとりの患者さんとの信頼関係を大切にしていきたいです。そのためにも結果にこだわった医療サービスを提供して患者さんに喜んでいただけるよう、さらに努力していかなければなりません。そうやって僕自身が納得できる治療を提供し、その結果に対して患者さんも満足する、そんなWin-Winの関係を築いていきたいですね。当院では、診療を予約制にして時間にゆとりを持たせてあります。待合室でいつまでもお待たせてして効率が悪い1日にならないよう配慮していますので、お忙しい方でも安心して予約を入れていただけると思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access