全国のドクター9,320人の想いを取材
クリニック・病院 161,129件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市博多区
  4. 博多駅
  5. つのだデンタルケアクリニック
  6. 増加する舌痛症の診療に力を尽くす大切な丁寧なカウンセリング

増加する舌痛症の診療に力を尽くす
大切な丁寧なカウンセリング

つのだデンタルケアクリニック

(福岡市博多区/博多駅)

最終更新日:2020/08/03

Main Main
  • 保険診療

仕事や人間関係、新型コロナウイルスに関連する不自由な生活、自然災害の多発など、さまざまなストレスの要因に囲まれた現代社会。目まぐるしい時代の移り変わりとともに増加傾向にある病気の一つが舌痛症だ。原因は心理的要因が大きいとされているものの、いまだ明確な治療法は確立されておらず、どの診療科に行くべきか迷う患者は少なくない。「つのだデンタルケアクリニック」では、そんな人々に手を差し伸べ、積極的に舌痛症の診療に取り組んでいる。「口の中の専門家として頼っていただき、舌の痛みで苦しむ方々を一人でも多く助けたいですね」とやわらかな口調で話す院長の角田智之先生に、病気の特徴や診療のスタンスなどについて聞いた。(取材日2020年7月22日)

投薬に頼らず、カウンセリングによる心理的アプローチで改善へ導く

Q舌痛症とはどんな症状が出る病気ですか?
A
1

▲舌痛症について話す角田院長

初期の段階では、舌にピリピリとした痛みを覚えます。軽い痛みなので、我慢する方も少なくありません。ただし、重度になると舌が焼けるように痛くなります。この感覚が日中はずっと続き、睡眠時は痛みがなくなるのが特徴です。放っておくと何ヵ月も痛みが続くこととなります。この病気の怖いところは、口内炎などの病変がないにも関わらず、痛みが出ること。専門的には身体表現性障害といいます。患者さん自身がいくら口の中を見ても何も異常がなく、病院での診察や検査でも病変は発見できません。割合としては、中高年の女性の方に好発することがわかっています。

Q舌痛症の原因は何ですか?
A
2 1

▲明るいスタッフが迎えてくれる

心理的要因が大きいのではないかといわれています。いわゆるストレスです。現代では、仕事や家庭環境、人間関係など、さまざまな場面でストレスを感じ、ストレスフリーの人はいないと考えるのが一般的ではないでしょうか。特に昨今では地震や大雨、河川の氾濫といった自然災害の多発や、新型コロナウイルスによる生活スタイルの変化などによってストレス過多の傾向が強まっており、舌痛症に悩む人も増えていると予想されます。舌に痛みを感じても目視では異常がないので不安が募り、ますますストレスが増大して悪循環に陥るケースもあるため、早めに専門医療機関を受診することが重要です。

Qこちらのクリニックではどんな診療が受けられますか?
A
3

▲カウンセリング風景

口内炎や舌炎、舌がん、カンジダ症など、舌の痛みを伴う病気は舌痛症だけではありません。そこで舌痛症なのか、そうでないのかの診断をつけるため、まずは視診や触診などの入念な診察を行います。カンジダ症の検査では舌の表在菌を採取して顕微鏡で菌を観察するほか、舌がんを発見した場合は地域の病院と連携を図り、最善の治療を進められるよう迅速に対応しています。舌の痛みに見合った病変や所見がない場合は、舌痛症と診断し、適切に対応していきます。当院では、投薬による対症療法ではなく、カウンセリングに力を入れています。

Qカウンセリングの内容についてお尋ねします。
A
4 1

▲さまざまな要因を考えてくれる

私が専門的に心理療法を学んできた知見を生かして、カウンセリングに注力しています。まず大切なのは、患者さんが抱えるストレスの要因を探ること。仕事や生活、家族についてなど、さまざまな質問を投げかけながら丁寧にお話を聞いていきます。ストレスの種類や感じ方は、人それぞれ。ですが、例えば落ち込むような出来事があっても、実は落ち込まない選択をすることも可能なのです。カウンセリングでは、自分の選択で自分の人生が成り立っていることに気づいてもらい、心に寄り添いながらプラスの選択ができるよう導きます。意識や考え方が変わるにつれ、舌の痛みの感じ方に変化が出てくる方もいらっしゃいます。

Q先生が舌痛症の診療に力を入れるようになった動機は何ですか?
A
5

▲オンライン診療にも対応している

舌痛症は、まだまだ広く知られていない病気です。専門とする医院も少なく、どの診療科を受診すれば良いのかわからない患者さんは珍しくありません。そんな現状を鑑み、口の中を診る専門家である歯科医師こそが、舌の痛みで苦しむ方々の支えとならなければとの思いが強くなり、数年前から舌痛症の診療を始めました。舌を清潔に保つための指導や舌痛症を予防するアドバイスなど、当院では口腔内全体を管理し、患者さんが健全な生活を送れるよう取り組んでいます。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

ドクターからのメッセージ

角田 智之院長

コロナ禍の影響を考慮し、当院では2020年8月からオンライン診療をスタートします。舌が気になる。味覚がおかしい。そんな悩みがあれば決して我慢をせず、まずはご連絡ください。パソコンの画面を通してお顔を見ながら、親身にお話を伺います。家庭のこと、将来のこと、どんな些細な悩みでも構いません。舌痛症だけでなく、舌のできものによる痛みがある場合も、ぜひお気軽にご相談ください。的確な診療に努め、少しでも早く不安を取り除けるよう対応します。

Access