全国のドクター9,346人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市浦和区
  4. 浦和駅
  5. クレ歯科・矯正歯科
  6. 見た目と機能性の改善だけでなく予防歯科にもつながる矯正治療

見た目と機能性の改善だけでなく
予防歯科にもつながる矯正治療

クレ歯科・矯正歯科

(さいたま市浦和区/浦和駅)

最終更新日:2020/11/18

Top Top
  • 自由診療

自分の歯並びにコンプレックスがあり、自信をもって笑えないために矯正治療を考えようとしている人は多いのではないだろうか。矯正治療がもたらすメリットは、実は見た目の美しさだけではない。きれいな歯並びとともに良い噛み合わせを手に入れることで、噛む力の向上のほか、歯磨きがしやすくなることで虫歯や歯周病の予防にもつながるともいわれている。そして、これらのメリットを持続するために大切なのが、日々の歯磨きによるセルフメンテナンスと歯科医院での定期的なメンテナンスだ。そこで、矯正を得意とする歯科医師と一般歯科専門の歯科医師が在籍し、治療、矯正、予防と一生涯にわたって患者の口腔の健康を支える「クレ歯科・矯正歯科」の呉健一院長に、矯正治療の概要や予防の大切さについて話をしてもらった。(取材日2020年1月9日)

見た目だけではなく、虫歯や歯周病の予防にもつながる。歯磨きと定期検診で自分の歯を残していこう

Qワイヤー矯正の特徴について教えてください。
A
1

▲今はより目立たないワイヤー矯正の装置もあるという

歯にブラケットといわれる装置をつけ、そこにワイヤーをかけて歯並びと噛み合わせを整えていく方法です。正式名称は「マルチブラケット矯正」です。矯正治療と聞いて最初に思い浮かべる方法ではないでしょうか。歴史ある方法でほとんどの症例に対応できます。以前は装置が銀色でどうしても目立ったのですが、今は同じ性能で目立たない白い装置があり、そちらが好まれる傾向にあります。当院ではアライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使った矯正を選択される患者さんが増えていますが、今も半数以上はワイヤー矯正で治療を行っています。アライナーを用いた矯正だけでは治り切らない部分を、ワイヤー矯正を組み合わせて整えることもあります。

Qワイヤー矯正にはどのような種類がありますか?
A
2

▲矯正の種類についても事前にしっかりと説明する

ワイヤー矯正を選択される方の多くが上下の歯の表側に装置をつける表側矯正を選ばれますが、上は歯の裏側に装置をつけ、下は歯の表側に装置をつけるハーフリンガル矯正や、上下ともに裏側に装置を着けるフルリンガル矯正といった方法もあります。生活状況や職業によって方法は変わってくると思いますので、それらも含めて事前にお話しさせていただいています。表側矯正について当院では、白い装置と白いワイヤーを標準で使用しています。以前の白い装置と白いワイヤーは時間が経つと変色することがあるという欠点がありましたが、現在その点は解消することができていますので安心してお勧めすることができます。

Qハーフリンガル矯正やフルリンガル矯正がお勧めの人は?
A
3

▲ライフスタイルや予算など自分に合ったものを選べる

裏側矯正は矯正治療をしていることをできるだけ周囲に知られたくない方、例えば、接客業や人前に立つ仕事をしている方などにお勧めです。また、アライナーが適応でない方や、アライナーを用いた矯正で治療が思うように進まない方が裏側矯正に切り替えるといったこともできます。表側矯正と裏側矯正の違いは、見た目と治療費のほか、少しだけ裏側矯正のほうが治療期間が長くなること。仕上がりには差がありませんので、ご自身のライフスタイルや好み、そしてご予算で検討していただければと思います。

Q予防の観点から、矯正中や治療後に気をつけることはありますか?
A
20200127 4

▲ブラッシングの指導に力を入れている

治療中も治療後も歯磨きは重要です。矯正中はどうしても歯磨きがしづらく虫歯や歯周病のリスクが高くなるため、正しいブラッシング方法と虫歯予防のためにフッ素化合物の使用法をお伝えし、1ヵ月に一度クリーニングを行い、磨けていない部分については指導をしています。歯並びが整うことで今まで隠れていた虫歯が見つかることもあります。その場合は当院には矯正歯科の先生だけではなく一般歯科の先生も在籍しているので、同時に治療をしていきます。治療後は歯並びが整い、口腔内のケアがしやすくなりますが、虫歯や歯周病にならないわけでありません。セルフメンテナンスと、クリニックでの定期的なチェックとクリーニングが大切です。

Q歯並びを整え、噛み合わせが良くなるとどのようなメリットが?
A
5

▲クリニックでの定期的な検診も大切

しっかりと噛むことができるので、ご飯が食べやすくなります。また、歯磨きもしやすくなるので歯が長持ちするとも考えられています。80歳以上でご自身の歯が全部そろっている人は、噛み合わせが整っている人が多いという研究データもあります。歯並びと噛み合わせを改善することで自分の歯を残していけるようになるのであれば、大きなメリットですよね。見た目を美しくするだけでしたら矯正以外の手段もありますが、良い噛み合わせも手に入れることが大切。見た目だけではなく機能面にもこだわって、長く持たせられる歯になるように患者さんのモチベーションを上げていくことも私たちの大切な役割だと考えています。

ドクターからのメッセージ

呉 健一院長

当院の強みは矯正を得意とする歯科医師と一般歯科専門の歯科医師の両方が在籍し、治療から矯正、予防までをトータルに行っていることです。将来的によりたくさんの歯を残すためと思っていても、どうしても矯正中は汚れがつきやすくなってしまうもの。そこで、その間に虫歯になってしまわないように、矯正治療と並行して予防にも力を入れて取り組んでいます。そして、矯正専門の歯科医院と違うのは、私たちは矯正終了後、その先も末長くお付き合いが続いていきます。より多くの人が虫歯や歯周病にならず、歯並びも噛み合わせもよく歯を失わずに一生涯を送っていただくことが当院のコンセプトであり、それを実現するために日々努めています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

大人の矯正/表側矯正65万円~、ハーフリンガル矯正90万円~、フルリンガル矯正115万円~、アライナーを用いた矯正40〜80万円 ※すべて税抜 ※検査・診断料別

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access