全国のドクター9,097人の想いを取材
クリニック・病院 161,402件の情報を掲載(2020年3月30日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市天白区
  4. 植田駅
  5. 歯科ナチュラル
  6. 小寺 晃雄 院長

小寺 晃雄 院長の独自取材記事

歯科ナチュラル

(名古屋市天白区/植田駅)

最終更新日:2019/08/28

144584

植田駅から徒歩7分、落ち着いた住宅街の中にある「歯科ナチュラル」。季節の花が出迎えてくれる同院では、待ち時間にチェアサイドで見ることのできるDVDや、子どもと一緒に遊べるキッズスペースなど、患者がリラックスできるような配慮がなされている。また、落ち着いて治療を受けられるオペ専用室や歯科用マイクロスコープ、新しく増設したという予防専用ユニットなど、医療設備が充実している。院長である小寺晃雄先生は「患者さんのおかげで今があるので、だから患者さんに還元していきたいんです」と話し、これらの設備も思いの表れであることを感じた。患者が持つ不安な気持ちに寄り添うことを大切にしているという小寺先生に、診療方針や普段心がけていることについて聞いた。(取材日2016年8月25日)

親しみやすく、予防ケアや定期検診に気軽に通える

開業されてから何年になりますか?

1

2005年に開業したので、今年で12年目になります。以前この地域に住んでいたことがあって、住みやすくていい場所だと思っていたので、ここに開業することを決めました。患者さんは地元の方が多く、ファミリー層を中心にお子さんからお年寄りまで幅広く来院されています。クリニック名の「ナチュラル」には「自然な」という意味がありますが、治療をして口の中を人工的にするのではなく、生まれつきの自然な歯を大切にして、より調和のとれた状態にしたいという思いを込めました。単に口元の見栄えを良くするだけでなく、歯が本来持っている噛む機能を回復させ、お口の中を美しく健康に保つための総合的な治療を行っています。

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

父が歯科医師をしており、幼い頃から医療を身近に感じていたため自然とめざすようになりました。大阪大学歯学部に進学し、カリキュラムが詰まっていたので勉強は大変でしたが、校舎が広くてのんびりした良いところでした。卒業後はいくつかのクリニックに勤務し、歯科医師としてさまざまな経験を積みました。最初に国際外傷歯学会の会長をされていたドクターのもとで歯のけがについて専門的に学ばせてもらうことができ、その経験から特に外傷の治療を得意としています。お子さんの外傷というと、例えば転んで歯を折ってしまうといったことが挙げられます。けがをした後最初に行う治療がその後の歯の運命を握っていますから、最初に適切な処置をすることがすごく大切なんですよ。

院づくりをする上で、こだわったことはありますか。

2

落ち着いた環境でなるべくリラックスして診療を受けていただけるようにしました。歯科独特のにおいがしないようアロマを焚いたり、空気清浄機を使うなどし、クリーンな環境づくりに努めています。また最近では主に口腔内のケアをする予防専用スペースをさらに広くし、ユニットチェアを2台に増設しました。当院の歯科衛生士はベテラン揃いで、10年以上のキャリアを持つ衛生士が3名在籍しています。担当制で患者さんとの距離が近いので、患者さんにとっては「自分の口のことを知ってくれている」という安心感や親しみやすさがあると思います。歯科衛生士が好きで通ってくれている部分もあるかもしれないですね。気軽に定期検診や予防歯科を受けていただき、お口の中の健康を守ってほしいと思います。

充実した医療機器でより正確かつ精密な治療を行う

審美歯科ではどんな治療を行うのですか。

3

口は顔全体の3分の1を占めますから、口元の状態によって顔の印象も変わってきます。口元が明るくてきれいだと、健康的で美しい印象を与えることができるんですね。患者さんが審美治療を受ける最初のきっかけは、「歯が痛い、欠けてしまった」といったことが多いです。それらの治療をする上でお口の中の気になるところを伺って、口元を整える治療を進めていきます。審美歯科はより健康志向の高い方が取り組まれる傾向にありますね。理想の歯並びというのは、例えばでっぱりを直すことであったり、色や形を整えることであったりと、患者さんによって全く異なるものです。まずは患者さんの一番気になっているところをきいて、要望に応えられるようコミュニケーションを取り、信頼関係を大切にしながら治療を行っています。

インプラントというのは、どんな治療方法ですか。

歯を失ってしまった時に、代わりになる人工の歯を入れる方法です。インプラントは第3の歯ともいわれていて、チタン製の歯根を埋め込み、それを土台として上にかぶせ物を取り付けていきます。インプラントのメリットは、見た目や噛み合わせなども違和感なく、普通の歯のように機能できるということ。大人の歯は全部で28本ありますが、例えば歯を2本失って代わりに入れ歯やブリッジを入れた場合、残りの歯に引っ掛けて固定させるので、残りの26本に噛む力を負担させてしまいます。インプラントであれば、例え歯が少なくなっても28本あるのと同じように機能できるので、結果的に残りの歯を守ることにつながります。当院ではオペ専用室を設置しているので、プライベートの守られた個室でゆっくりとインプラントの治療を受けていただくことができます。

特にこだわった設備や医療機器はありますか。

4

当院では、歯科用のマイクロスコープを導入しています。最大20倍の倍率で拡大して見ることのできる顕微鏡で、歯の細かいところまで観察できるため、より精密な治療を行うことができます。マイクロスコープを使って拡大して見ることで細かいところまでアプローチできるので、より正確な治療を行うことができ、診療結果も変わってくると思います。他には、先に述べた予防専用チェアですね。昔に比べて今では患者さんの虫歯予防やメンテナンスに対する意識が高まってきていて、歯の健康を保ちたいと考える方が増えています。そのような需要に応えたいと思い、予防専用チェアを増設しました。歯科医院には「音が嫌い、怖い」というイメージをお持ちの方も多いですが、このスペースに案内されれば「治療ではなく、クリーニングをする」という安心感を得られ、気軽に予防歯科に通えることがメリットだと考えています。

患者の持つ不安な気持ちに寄り添うことが大切

先生が普段心掛けていることを教えてください。

5

患者さんのほとんどがそれまでのクリニックから転院されて見えるわけですから、新しい医院はどんなところだろうと不安な気持ちを持って来院されると思うんですね。そのような気持ちに寄り添いながら、患者さんとコミュニケーションを取るように心掛けています。あとは笑顔でいることですね。また、例えば注射を一本打つにしても、ドクターにとっては慣れた作業ですが患者さんにとっては心配なもの。患者さんの持つ不安な気持ちを少しでも和らげることができるよう、一人ひとりに声かけをするようにしています。また、お子さんが見えた時にはマスクを外して目線をそろえ、怖いイメージを与えないように気を付けています。お子さんと接する時も、大人と同じように信頼関係が大事ですので。患者さんに安心して「ここにいけば大丈夫」と思ってもらえるような歯科医師になりたいと考えています。

お休みの日はどんな風に過ごしていますか?

息子がふたりいるので、一緒に釣りに出かけることが多いですね。海釣りへ出かけたり、このところは暑いので屋内の釣り堀に行ったりもします。春日井方面へ行ったり、家族でのんびり釣りを楽しんでいますよ。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

これまでに来院いただいた患者さんのおかげで今の自分があると思っていますので、それをまた患者さんに還元していきたいと考えています。患者さんの持つ不安をなるべく解消し、安心して来ていただけるクリニックづくりをしていきたいですね。歯科医院はなかなか足を運びづらいところかもしれませんが、お口の健康は体全体の健康にも関わってくるものです。一歩足を踏み出して、気軽にクリニックを訪れていただきたいです。また、他院で断られたり自分で諦めてしまっている歯も、ぜひご相談いただきたいと思います。どうにか患者さんの苦痛を取り除きたい、患者さんの望みに近づけたいという思いでおりますので。患者さんの気持ちに寄り添いながら信頼関係を大切にして、これからもスタッフ一同、お口の中の健康を守るお手伝いをしていきたいと考えています。

Access