全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)

医療法人寿甲会 李クリニック

医療法人寿甲会 李クリニック

李 鍾甲 院長

20190920 bana

長居駅より徒歩13分ほど、介護つき有料老人ホーム1階に入る「李クリニック」。院内はバリアフリー設計になっており、車いす利用者も安心だ。院長の李鍾甲(リ・ショウコウ)先生は大阪医科大学を卒業後、大阪大学第一外科に入局。外科の医師として複数の病院で研鑽を積んだ。豊富な経験を生かし、一般的な内科疾患の診療から外来での小手術まで幅広く対応し、在宅診療や在宅での看取りにも尽力。「最期は自宅で過ごしたい」という患者の願いをサポートするよう努めている。そんな患者思いの李院長に、開業までの経緯や診療方針、今後の展望など幅広く聞いた。
(取材日2019年8月28日)

外科の医師としての経験を生かし、幅広く診療する

―まずは開業までの経緯をお聞かせください。

大阪医科大学を卒業後、大阪大学第一外科に入局しました。その後、外科の医師として複数の病院で研鑽を積み、早い時期から腹腔鏡手術なども手がけてきました。1995年、伯父が運営する診療所の院長に就任。一般内科の診療や在宅医療にも携わりました。その後2005年に、外科をベースに幅広い診療を提供することをめざし、当院を開業したんです。私が所属した大阪大学第一外科教室では、心臓外科や肺外科、消化器外科、小児外科など幅広く診療していました。それで当院では、整形外科領域も含め、できる限り幅広い疾患の診療を行っており、手術が必要な場合などは近隣の病院と連携して対応し、紹介先に関しては、患者さんのご希望を尊重して選ぶように心がけていますね。

―幅広い診療に対応しているのですね。

開業するなら、総合的に診療を行う医師としてオールラウンドに診療できなくてはならないと思っていました。私は消化器外科を専門としてきましたが、開業医であれば、専門分野だけでなく幅広い疾患に対応する必要があります。当院では一般的な内科疾患はもちろん、粉瘤の切開や摘出、巻き爪のワイヤーを用いた矯正治療も行っており、陥入爪の手術など、外科的な外来での小手術も行っています。加えて、短腸症候群や末期がんなどを患う患者さんに対して、在宅での高カロリー輸液なども実施しています。そうした患者さんを、提携病院から紹介していただくことも多いですね。また、インフルエンザワクチンの接種は予約なしにできますし、その他のワクチンも電話での予約が可能です。

―院内のこだわりを教えてください。

開業にあたって、設計士さんとともに色やデザインなどを考えました。高齢化が進んでいますので、院内をバリアフリー化することには特にこだわりましたね。車いすに乗ったまま入っていただけるよう、診察室やトイレはスペースを広めにとり、玄関にはスロープも設置しています。また、患者さんが窮屈に感じることがないよう、パーティションの上部をガラス張りにしました。ですので、明るく広々と感じていただけるのではないでしょうか。さらに、院内を清潔にするようにも心がけていますね。床にゴミが落ちていたらすぐに拾う、トイレが常に清潔な状態に保たれるよう気を配るなど、常に院内を清潔に保つよう、スタッフたちにも協力してもらっています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

巻き爪のワイヤー矯正/初回1本8000円~(ワイヤー込み)
※詳細は直接医院までお問い合わせください
※手術法か矯正法となるかは診察に基づいて判断させていただきますのでご了承くださいませ



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細