全国のドクター9,011人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 一宮市
  4. 尾張一宮駅
  5. 医療法人 グリーンフォレスト グリーン矯正歯科
  6. 大道 貞祥 院長

大道 貞祥 院長の独自取材記事

グリーン矯正歯科

(一宮市/尾張一宮駅)

最終更新日:2019/11/01

20191030 138032 %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88 %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91

JR東海道本線の尾張一宮駅、名鉄一宮駅より徒歩ですぐ、駅前ビルの3階にある「グリーン矯正歯科」。アクセスの良い便利な場所にあり、遠方からも多くの患者が通院しているという。院長の大道貞祥(おおみち・さだよし)先生は、大学病院にて講師を務めながら矯正治療の見識を深めた。矯正歯科を専門としながら、一般歯科や審美歯科、インプラント治療にも対応。矯正分野では、表側矯正はもちろん裏側矯正やマウスピース型装置を用いた矯正など多様な選択肢を用意し、しっかりと患者の要望を聞いて柔軟に対応をしている。口元のバランスをそれぞれの個性を生かしながら計画し、理想に近づけていく職人堅気な大道院長。「オーダーメイドの治療には自信がある」という大道院長に、診療に対する思いを語ってもらった。
(取材日2019年3月26日)

磨いた技術とセンスでオーダーメイドの矯正治療を

矯正歯科の分野に進まれた動機は何ですか?

1

大学卒業の段階で一般歯科の基本的なことは学んでいて、その後の大学院では矯正歯科の分野を一から学んでみたいと思いました。歯並びに関して非常に興味があったからです。患者さんの治療前と治療後は、顔つきや表情、目の輝きなど明らかに変わって見えました。また「明るくなった」「自信をもてるようになった」という声をお聞きする中で、性格にまで影響を与え患者さんの人生に関わることができる仕事だと感じ、魅了されました。今では、深い信頼関係の患者さんは家族みたいな存在ですよ。自分の子どものように進学や就職の相談を受けますし、親御さんとお子さんが世代にわたって来てくださいます。長く続ければ続けるほど魅力が増し、やりがいを感じますね。

カウンセリングを丁寧にされているそうですね。

初めて訪れる歯科医院に不安はつきものですよね。そんな方のために、初診相談を設けています。プライベートが守られた個室ですので、気になることは何なりとご相談ください。目的はそれぞれ違いますから、「歯並びのどこが気になるのか」を明確に聞き取るようにしています。そして、実際にお口の中を拝見し、歯並びや噛み合わせ、顎の状態などを診察していき総合的な判断をしていきます。現在の状況を把握いただき、治療に入る前には、矯正装置の特徴やどの程度の期間がかかるのかをご説明します。患者さん一人ひとりに対し、納得いくまで話し合いを進めていくのが私のスタイルです。

矯正治療においてのこだわりを教えてください。

2

私は「オーダーメイドの治療」と呼んでいるのですが、一人ひとり鼻の高さも顎の形も違う中で、バランスを考えて理想的な口元をプランニングすることに重点を置いています。検査データを標準値と比較して考えるのですが、何が何でも標準値に合わせることが良いとは限りません。それぞれの個性も加味しながら魅力を最大限引き出せるような矯正が大事です。これは、美容整形にも近いセンスかもしれませんね。例えば下顎が小さい方の場合、上顎が標準値であっても出て見えてしまいますから、標準値に合わせようとすると下顎を削って前に出すということになります。でも、そんな外科的なことをしなくても、矯正の技術で上の歯を中に入れて下顎と上顎のバランスを取れればいいのです。当院では、最初の検査の際、横から見た鼻と唇の間の角度(鼻唇角)も測ります。わずかな角度や位置で顔の印象はがらりと変わりますので、美的センスも大切ですね。

自信を持って、さまざまな矯正装置を使い分ける

数多く取り扱っている矯正装置について教えてください。

3

表側矯正、裏側矯正、マウスピース型装置での矯正と、基本的に3種類の矯正装置があります。中でもリンガルという裏側につける矯正装置は、専門的な技術が必要になります。それぞれの特徴を生かし、当院では患者さんの意向を取り入れながら進めることが可能です。最近では、透明なマウスピース型装置を使うニーズが増えてきています。お子さんは永久歯になってから、大人の方なら最初から取り入れられますし、お口への負担が大きくなくリーズナブルなこともあり人気ですね。患者さんそれぞれの型を採って、マウスピース型装置を作っていきますが、ゴールを見据えて進める必要があります。噛み合わせを一本一本チェックし、一番適した形に調整していく繊細なスキルが求められる矯正方法です。

マウスピース型装置が人気とのことですが、軽い症例にしか使用できないのでしょうか?

そんなことはありません。私はこれまで「マウスピース型装置でやりたい」と言われた患者さんの希望を断ったことはありません。マウスピース型装置といっても単なる道具なので、板前さんの包丁と同じと考えてください。マウスピース型装置でもワイヤーでも装置はいろいろありますが、使う歯科医師の技量で使いこなせば良いのです。

矯正歯科から派生するニーズで、一般歯科やインプラント、審美歯科にも対応されていますね。

4

矯正歯科の過程で虫歯や歯周病などが見つかる場合も出てきます。そんな時、他院で治療しながらは大変ですから、当院では一般歯科治療も併せて行います。治療のために別の歯科医院を受診する必要がありませんので、患者さんにも喜ばれていますね。また、高齢の方には、インプラント治療を望まれる方もいらっしゃいます。噛み合わせという意味ではどの分野も共通なことですから、当院では歯列矯正の視野を生かした対応ができます。時に、複雑な抜歯や外科的な手術が必要になるケースもあります。例えば、神経に近い親知らずや深いところにある歯を抜いたり、顎の骨を調整したりなどです。その場合は、大学病院や総合大雄会病院と病診連携を取り、紹介状を出しています。どんな場合でもきちんと対応をすることが患者さんへ安心感を与えるために必要なことだと思います。

患者の喜びをやりがいに変え、親身な診療を行う

矯正専門ということで、患者さんもお子さんが多いのですか?

5

矯正というとお子さんが多いイメージですが、当院の患者さんの半分は20代~30代の方ですし、最年長では60代の方もいらっしゃいます。お子さんの矯正後にご両親も矯正を始めて、ご家族みんな治療させていただいたこともありますよ。専門家として微細な噛み合わせの調整を見逃さず、その方に一番適していると思う提案をさせていただけるよう心がけています。治療期間としては、外科併用の場合は2年半程が多く、矯正装置であれば1年半~3年程が多いです。60代で始めた患者さんも3年程で終了する予定です。どんな年代の方でも矯正は可能です。

お子さんの矯正を考えている方にアドバイスをいただけますか?

基本的にはいつから始めても大丈夫ですが、一番気をつけてほしいのが顎の骨の状態です。大小関わらず顎の大きさに問題があるお子さんは、小さいうちの治療が、将来的に外科手術につながる可能性を下げることを期待できます。ですから、歯を一本一本動かす前に、広げるか小さくするか、前に出すか引っ込めるかなど、顎の骨の成長をコントロールしていくと良いでしょう。あとは、歯の生えるスペースをつくっていくことです。骨格的な成長のピークは6歳頃と12歳頃といわれていますので、骨が変化するこの期間に診せていただくのが良いと思います。早ければ早いほど、矯正期間に入った時に抜歯をせず、短期間で終わらせることにつながります。ちなみに、大人になると顎のコントロールは骨を削るなど外科的な手術になってしまうのが一般的です。お子さまの歯並びが気になる方は、気軽にいらっしゃってくださいね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

口元を見ると、その人の骨格の状態、また生活や睡眠状態まで推測できます。例えば、歯並びによって睡眠時に口を開いてしまう場合、口が乾燥して風邪をひきやすくなるというような弊害が出てくる可能性があるのです。歯並びがきれいになると、よく噛めることにつながり脳に効果的な刺激を与えたり、話しやすくなったりすることをめざせます。このように審美性と機能性の調和こそが矯正歯科の目的だと思います。治療が完了すると、患者さんは雰囲気が変わり、本当に良い表情をされるんです。そんな瞬間に触れるとやりがいを感じますし楽しみでもあります。今後も多くの患者さんがより良い人生を歩まれるようなサポートをしていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/精密検査料4万5000円~、表側矯正65万円~、裏側矯正100万円~
小児矯正/一期治療35万円~
マウスピース型装置を用いた矯正/90万円~
インプラント/精密検査料5万円~、本体35万円~、上部構造10万円~
ホームホワイトニング/3万円
(※すべて税抜)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access