全国のドクター9,227人の想いを取材
クリニック・病院 158,510件の情報を掲載(2024年5月28日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 藤沢駅
  5. 井上歯科医院
  6. スタッフ体制から教育、雰囲気づくりまで患者目線の歯科診療

スタッフ体制から教育、雰囲気づくりまで
患者目線の歯科診療

井上歯科医院

(藤沢市/藤沢駅)

最終更新日:2024/02/15

井上歯科医院 スタッフ体制から教育、雰囲気づくりまで 患者目線の歯科診療 井上歯科医院 スタッフ体制から教育、雰囲気づくりまで 患者目線の歯科診療
  • 保険診療

藤沢市において、地域に根差した包括的な歯科診療に取り組んでいるのが、「井上歯科医院」だ。レベルの高い精密な治療の提供をめざしている同院。加えて、患者目線のホスピタリティーを大切にすることで通院に対するハードルを下げ、結果として患者の口の中や全身の健康の維持に貢献することに努めている。そんな同院の院長で、「患者さんに喜んでもらって、それが私たちの喜びになる。そんな歯科医療ができたら、最高ですね」と気さくに話す井上宏一先生に、診療体制やクリニックづくりで心がけていることなどを教えてもらった。

(取材日2024年1月12日)

しっかりした治療をして患者に喜んでもらい、それが自分たちの喜びになる歯科医療をめざしたい

Qクリニックの診療体制について教えてください。
A
井上歯科医院 誰に対しても気さくに話してくれる井上院長

▲誰に対しても気さくに話してくれる井上院長

歯科医師が私を含めて4人。歯科衛生士も2人。クリニカルコーディネーターと歯科助手が1人ずつと受付スタッフがいます。歯科衛生士は担当制にしており、患者さんの口の中を責任を持ってしっかりと管理してもらうと同時に、患者さんと密にコミュニケーションが取れる関係をつくってもらうことで、治療や気になることなどを相談してもらいやすいようにしたいと考えています。また、患者さんが歯科医師に言いづらかったり、聞きづらかったりすることや、逆に歯科医師や歯科衛生士が、本当はもっと説明をしたいのに時間がなくてできないことがあります。そのようなときにクリニカルコーディネーターに間に入ってサポートをしてもらっています。

Qスタッフ教育の取り組みについても教えてもらえますか?
A
井上歯科医院 スタッフ教育にも注力し、全員が同じ目線で対応する

▲スタッフ教育にも注力し、全員が同じ目線で対応する

毎週水曜の診察前に練習会を行っています。歯科医師と歯科衛生士各々に練習内容を決めていますが、練習のための練習ではなく、普段の臨床に生かせるような内容にしています。その結果を自己採点して、私がコメントを書いてフィードバックしています。また、毎月1回は歯科医師を含むスタッフ全員の勉強会を開催しています。例えば、エックス線撮影画像の読影を勉強してもらい、患者さんへより適切でわかりやすい説明に役立てたり、顕微鏡を使う歯周病治療に生かしてもらっています。それから当院ではスタッフ同士のバディー制度も設けています。互いに日々の仕事を振り返って評価し、励まし合うという取り組みで、各自の意識向上を図っています。

Qホスピタリティーも大切にしていると伺いました。
A
井上歯科医院 カウンセリングルームを設け、患者に真摯に向き合う

▲カウンセリングルームを設け、患者に真摯に向き合う

患者さんはいまだにクリニックは怖いとか、怒られるというイメージがあると思うので、それをできるだけなくしたいと思っているからです。当院では、定期的にホスピタリティーやチームビルディングに関する勉強会を、外部講師を呼んで行っています。話し方には非常に気をつけており、専門用語はできるだけ使わずに、一人ひとりの患者さんに合わせた話し方をスタッフ全員が心がけています。実際当院のスタッフは、みんな笑顔が良くて、言葉遣いが丁寧で、患者さんにも思いやりを持って接してくれています。

Qスタッフさんとの関係づくりで先生が心がけていることは?
A
井上歯科医院 院長とスタッフが互いに歩み寄り、厚い信頼関係を築く

▲院長とスタッフが互いに歩み寄り、厚い信頼関係を築く

スタッフ目線で接すること、でしょうか。それでもつい院長目線で話してしまい、気がついたら直すようにしていますが、たいていはスタッフが歩み寄ってくれます。スタッフに助けてもらっている感じですね。あとは、クリニックや診療のことで何かを決めるときは、私の独断で決めるのではなく、できるだけスタッフにも参加してもらうようにしています。そして、スタッフ同士が互いに話しやすい雰囲気づくりも大切にしています。その心がけが功を奏しているのか、スタッフは皆すごく前向きで、勉強会にも熱心に取り組んでくれていますし、ミーティングでも積極的に自分の意見を言ってくれるので、私も助かっています。

Q今後めざすクリニックづくりについて教えてください。
A
井上歯科医院 地域住民の全身の健康維持のために、スタッフ全員でサポート

▲地域住民の全身の健康維持のために、スタッフ全員でサポート

一つは歯科医師の治療技術の向上を図って、誰が担当しても来ていただいた患者さんに対して、レベルの高い精密な歯科医療を提供できるようにしたいです。歯科医師の増員も視野に入れているのですが、その際には、痛みの少ない麻酔といった基本的なことから、治療計画の立て方、さらにはマイクロスコープを使用した精密治療の技術などを指導し、当院流の患者さん目線のホスピタリティーについても伝えていきたいと思っています。歯科衛生士には、歯周病の管理においてさらなるスキルアップをめざしてほしいです。定期検診の受診の大切さを患者さんに伝えてもらい、スタッフ皆で地域の皆さんの全身の健康維持をサポートしていきたいですね。

ドクターからのメッセージ

井上 宏一院長

歯科医師や歯科衛生士は技術の向上が一番に必要なことですが、それだけでは十分ではありません。患者さん目線を理解し、患者さん目線で行動するというホスピタリティーも、技術と同じくらいに大事です。技術とホスピタリティーの質を上げるには、スタッフ同士が信頼し合い、快適に仕事ができる職場環境であることが必要で、それが整って初めて患者さんに良い医療が提供できると考えています。スタッフたちには、日々の診療や勉強会を通して、互いに切磋琢磨し合いながらたくさんのことを吸収し、自信を持って仕事に臨んでほしいですね。その結果として、患者さんの喜びが自分たちの喜びになるような歯科医療が実践できたら最高だと思っています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access