全国のドクター9,411人の想いを取材
クリニック・病院 160,598件の情報を掲載(2022年8月12日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 船橋市
  4. 下総中山駅
  5. 下総中山クリニックファーム歯科
  6. 歯の磨き方などケアの大切さを啓発医院全体で取り組む予防歯科

歯の磨き方などケアの大切さを啓発
医院全体で取り組む予防歯科

下総中山クリニックファーム歯科

(船橋市/下総中山駅)

最終更新日:2021/10/12

20200402 top 20200402 top
  • 保険診療

最近では予防歯科に対する認識も高まってきているが、それでもまだ予防目的で歯科医院に通うのは躊躇してしまう人も多いかもしれない。予防歯科に力を入れている「下総中山クリニックファーム歯科」の早速邦博院長は、「予防歯科は将来にわたって歯科治療を受けずに済み、自身の歯を守るためのもの。ぜひ定期的に通ってほしい」と話す。予防歯科の中心となるのが歯科衛生士だ。歯科衛生士は歯科疾患の予防処置やセルフケの指導などを行う予防歯科の専門家。同院の歯科衛生士は担当制で、一人の患者を長く管理、指導している。予防歯科の重要性やケアのポイントなどについて早速院長と歯科衛生士の鈴木さんに聞いた。

(取材日2020年3月18日)

担当制の歯科衛生士が一人の患者の口腔環境を永続的に管理

Qこちらでは予防歯科に力を入れているのですね。
A
20200402 1

▲予防歯科の重要性を話す早速院長

【早速院長】はい。生涯にわたって治療がいらない口腔環境をめざす予防歯科に力を入れています。どなたでも歯の治療はなるべくなら受けたくないと思うのではないでしょうか。歯が痛くなってからの治療では症状はすでにかなり進んでいます。予防歯科では、継続的かつ定期的に口の中を診ていき、その間の変化を見つけて早期に対処することで、治療のいらない口腔環境を整えていきます。また口腔環境は、環境の変化やストレスなどで一気に悪くなることもあります。定期的なチェックを受けなければ悪化していきますが、来ていただければその状況に即して適切な処置や治療などフォローができるため、継続的なケアの大切さをお話ししています。

Q予防に力を入れている同院では、スタッフはどんな存在ですか?
A
20200402 2

▲子どもから高齢者まで幅広い年齢の患者が通う

【早速院長】予防歯科の中心となるのが歯科衛生士で、とても重要な存在です。現在、当院では常勤3人、非常勤1人の計4人在籍しており、担当制となっています。歯科衛生士たちは私が何も指示しなくても自主的に行動してくれてるような、優秀なスタッフばかりです。また、患者さんたちには、私ではなく、歯科衛生士たちについてもらいたいと思っています。そのほうが患者さんも話しやすく、気持ちよくっかり続けられるのでしょうか。歯科衛生士が診ていく中で何か変化が見つかったり治療が必要と考えられる場合は、速やかに私が確認し、適切な治療を行うようにしています。

Q歯科衛生士としてどのようなことを心がけていますか?
A
20200402 3

▲定期的、継続的な診療で異変を早期に発見していく

【鈴木さん】患者さんとよくコミュニケーションをとることです。処置を始める前や合間合間によくお話ししています。患者さんはきちんと歯磨きができていると思っていても、磨けていないことも多いですね。なので、必ず染め出しをしてご自身で確認してもらっています。やはり目で見ると納得されるようです。歯周病治療で、歯周ポケットの深い所についた歯石や汚れを取る際、麻酔を使う場合もあり、その際はメリット、デメリットを丁寧にお話しして、できるだけ痛みが少なくなるよう工夫しています。初めての小さなお子さんの場合は、まず楽しくトレーニングして、歯科に慣れてもらってから予防処置を行っています。

Qこちらでは主体的に取り組んでいるスタッフが多いと伺いました。
A
20200402 4

▲話ししやすい雰囲気づくりを心がけている

【鈴木さん】当院のスタッフは仲が良く、それぞれの意見やアイディアを言いやすい環境だと感じます。スタッフ同士で話し合って、そうしたほうが良いと判断したら業務に取り入れています。最近では、より良い予約の取り方や電話応答の方法を改善したり、患者さんの都合を優先して予約の時間を変更したり、細かいことですが常に改善を図るために話し合っていますね。患者さんの待つ時間が減らせればと、例えばユニットに先に案内してクリーニングしたり、ケアについてお話ししたり。患者さんの待ち時間を無駄にせず、提供できることを探して実践しています。

Q歯を守るためには、どんなことに気をつければよいでしょう。
A
5

▲正しい磨き方を身につけてほしいと話す

【早速院長】歯磨きは磨く時間の長さが大切と思っている人がいますが、大切なのは時間ではなく磨き方。ですので、ぜひ一度歯科医院で正しい磨き方を教わってほしいと思います。正しく磨いているつもりでも、一人ひとり癖がありますので定期的に通ってきちんと磨けているか確認してもらうとよいでしょう。当院では、市販の歯ブラシや歯磨き粉の中から、その方の歯の特徴や目的に即したケアグッズを選ぶ方法などもアドバイスしていますし、小さなお子さんと一緒に来ていただければ、お子さんと一緒に磨き方の指導や、おやつの与え方のお話もしています。予防ケアの大切さを理解し、定期的な通院と適切なホームケアを続けていただきたいですね。

ドクターからのメッセージ

早速 邦博院長

メンテナンスは途中で来なくなってしまうのが一番の問題です。口の中の変化を見逃すことになり、症状が悪化してしまう恐れがあるからです。できるだけ定期的に通うことが重要ですが、最初から力説しても患者さんはあまりいい気持ちはしないでしょう。ですので、患者さんとコミュニケーションをとりながら、徐々に意識を高めていければと思っています。また、乳歯が生えた頃から来ていただいて、痛い、怖いという思いをせずに予防処置や治療を受ければ、その後、大人になってからも通いやすいと思います。小さいお子さんにも積極的に対応していきたいですね。

Access