うちだ痛みのクリニック

うちだ痛みのクリニック

内田 貴久院長
新規開院

135991 %e3%81%86%e3%81%a1%e3%81%a0%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

元気になった患者の姿が医師としてのやりがいに

―開業して15年、先生が患者さんの気持ちに寄り添うことができているのはなぜだと思われますか?

実際にどれだけ寄り添うことができているかわかりませんが、痛みの治療をしようと思ったきっかけである「痛みは患者さんにとって苦痛なものだから取り除いて差し上げたい」という気持ちはずっと持ち続けていますね。それから、キャリアを積むことで治療法のカードが増えていることも理由の一つかもしれません。カードが1枚しかなければ1つの治療法しか提示できませんが、たくさんあればさまざまな治療法が提案できます。患者さんは選択肢がたくさんあったほうが安心だと思いますので、今度も研鑽を積んで治療法のカードを増やしていきたいですね。

―やりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

やはり患者さんの痛みが取れたときですね。元気にお帰りになる姿を見ると「やった」という充実感がありますね。患者さんに喜んでいただけることが一番やりがいにつながります。ペインクリニックの治療は、ほとんどが短期間で痛みを取り除くことを目的としています。一般的にはお薬を飲んで安静にしましょうという治療が多い中で、ペインクリニックは結果が出やすいのが特徴ですね。

―痛みに困っている方はぜひご相談していただきたいですね。

そうですね。痛みを伴う疾患は本当にさまざまで、例えば帯状疱疹では、帯状疱疹後神経痛という後遺症が残ることがあります。皮膚症状はいずれ収まりますが、神経痛は完全に元に戻すことはできませんので、早めに痛みを取り除くことが大切です。痛みが取れると皮膚症状も治りやすくなりますよ。また、おなかの痛みや不快感に下痢や便秘を伴う過敏性腸症候群に対しても神経ブロックを行うことがあります。麻酔科、ペインクリニックの医師は手術を行うあらゆる診療科の患者さんを診るため病気について広く理解していますので、どんな痛みでも悩んでおられる方は遠慮せず、まずはご相談いただければと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細