高尾歯科医院

高尾歯科医院

高尾 金峰院長、高尾 宗禎副院長

頼れるドクター

13431

親子で通える歯科クリニック、外国人にもしっかり対応

―どのような患者さんが来院していますか?

【宗禎先生】親子で来院される方が増えているように感じます。まずはお母さんやお父さんがクリニックに来られて治療して、その後、お子さんを連れて来てくれるというケースが多いですね。最近感じるのは、子どもの虫歯が減ってきていることでしょうか。予防の意識を持った親御さんが子どもに対して、いい口腔環境を作ってあげたいと思って一緒に来院されていますね。当院では歯磨き指導について、基本的に親子一緒に行います。親御さんに対してお伝えしているのは、子どもが成長し、ある程度自分で歯磨きできるようになっても、ときどきチェックしてあげてほしいということ。子どものうちは、親が関心を持ち、関与してあげることがポイントです。また、生活背景や生活習慣も踏まえたアドバイスを行うことも、私が大切にしていることの一つです。

―外国人の診療も可能でしょうか?

【金峰先生】はい、もちろん可能です。私は中国語が話せますし、宗禎先生は15歳からアメリカで暮らしてきましたから、英語が話せます。外国人の患者さんであっても、きちんと説明して、納得していただいてから治療するという基本方針は変わりません。
【宗禎先生】言いたいことをきちんと伝えられず、妥協や諦めの気持ちで診療を受けてきたような方々を、私たちが受け入れてあげられると思います。専門用語だけでなく、患者さんのわかる言葉でかみ砕いて説明し納得・同意をいただいているため、クチコミで外国人患者さんは増えてきています。もし友人や知人に外国人の方がいて、困っていれば、教えてあげてほしいです。

―得意とする治療は何ですか?

【金峰先生】東京医科歯科大学の医局で補綴を学んできたこともあり、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの補綴治療について数多くの経験をしてきました。患者さんの状態に合わせた治療を説明し、納得してもらった上で治療を行うことを徹底しています。また、「MI治療」と呼ばれる「削る量の少ない治療」を目標に掲げています。
【宗禎先生】私は口腔内だけでなく全身疾患にも注意を払い、身体の安全性を追求した治療を心がけています。歯周病や虫歯の菌は、毛細血管を通じて、糖尿病、心臓血管の疾患、脳血管の疾患、肺の感染症、早産などの影響を及ぼします。これらの疾患は命に関わるものですから、治療の際には特別な注意が必要ですし、服用中の薬を確認することも怠ってはいけません。当院では血圧、脈拍、酸素飽和度などをモニタリングし、全身管理の上で、安全に十分配慮して治療を行っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細