高尾歯科医院

高尾歯科医院

高尾 宗禎院長、高尾 金峰先生

頼れるドクター

13431

京王線千歳烏山駅から徒歩7分にある「高尾歯科医院」。1984年に高尾金峰先生が開院して以来、地域に根差し、30年以上通い続ける患者も多いという。2012年からは息子である高尾宗禎院長と二人三脚で診療を行っている。「当院に来れば完結できるよう、オールラウンドに診療していきたいです」と宗禎院長。歯科医療のもつ可能性、そして新たに取り組む在宅医療など、2人の地域医療への熱い思いを感じさせるインタビューであった。
(取材日2017年9月29日)

30年以上地域に根差したクリニック

―開院以来、地域に密着した診療を行っているそうですね。

【金峰先生】1984年に開院し、今年で34年目になります。私は台湾の出身で、台湾で歯科医師資格を取得した後、来日して歯学を学んで日本の歯科医師資格も取得しました。その後、東京医科歯科大学付属病院や茨城県のメディカルセンターなどに通算8年間勤め、経験を積ませてもらいました。千歳烏山は温かい人が多く、とても暮らしやすいですね。開院以来通い続けてくださっている患者さんも多く、地域の人に喜んでもらえるようにとの思いで歯科診療に取り組んでまいりました。13年前からは学校医を勤め、口腔ケアメーカーの協力も得ながら、教材を活用して、学校と連携して指導を行っています。

―2016年の全面リニューアルではどのような点にこだわりましたか?

【宗禎院長】歯科治療は怖いというイメージをお持ちの方も多いですから、患者さんが入りやすく、緊張しないような環境づくりにこだわりました。外観をきれいにして、歯がモチーフのキャラクターを看板に設置したところ、子どもたちが看板に興味を持つなど、通りから目に留まりやすくなりましたね。また診療前の緊張を和らげるために、アロマディフューザーを置いてクリニック特有のにおいを減らしています。診療ユニットも、少しでもリラックスしてもらえるように低反発素材のものを導入しています。治療を進める上でも患者さんがリラックスすることは大切で、麻酔も効果的に作用し、スムーズな治療にもつながるんですよ。機材や設備面では、デジタルレントゲンや歯科用レーザー、人工知能搭載の超音波スケーラーなど、可能な限り新鋭の設備を整えています。

―どのような患者さんが多くいらっしゃいますか?

【宗禎院長】下は1歳半から、上は90歳代まで幅広い世代の方がいらっしゃいます。最近は親子で来院される方が増えていますね。そこからさらに、親同士のクチコミがきっかけで来院されるケースも多いです。最近の親御さんは予防への意識が高く、子どもの虫歯が減ってきたと感じます。当院の歯磨き指導では、基本的に親子一緒に、生活背景や生活習慣も踏まえたアドバイスを行っています。親御さんには、お子さんがある程度の年齢に成長して自分で歯磨きができるようになっても、時々チェックをしてあげてほしいとお伝えしています。子どものうちは、親が関心を持って関与してあげることがポイントです。

記事更新日:2017/11/10


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細