医療法人社団 亀井整形外科医院

医療法人社団 亀井整形外科医院

亀井 滋理事長

133145 %e4%ba%80%e4%ba%95%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

尼崎市塚口町にある「亀井整形外科医院」は、地域住民の健康に関与する医療機関としてはもちろん、デイケアをはじめとする介護施設を併設したクリニックだ。「病院に来る人は体だけがつらいわけではありません。だから、迎える私たちには本当の意味でのおもてなしの心が必要なんです」と話してくれたのは亀井滋理事長。高いモチベーションで、常にチャレンジを続けている頼れるドクターだ。高齢化が進む社会の中で、医療と介護は社会をより良くするための両翼となっていくに違いない。今回は、その両翼を大きく広げ、地域に安心を提供するため日々奮闘する亀井理事長に、クリニックの特徴や今後の目標など詳しく話を聞かせてもらった。
(取材日2019年6月20日)

医療と介護の連携で地域に安心を提供

―まずは、亀井整形外科医院の特徴から教えてください。

さまざまな症状でお困りの患者さんに対し、医療サービスはもちろん介護サービスとも連携しているのが特徴です。整形外科としましては「リハビリテーション」、「リウマチ」、「スポーツ」を3つの柱として力を入れており、地域の皆さまの健康に貢献できればと考えています。多業種のさまざまなスキルを持つスタッフ同士の連携で行うリハビリテーション、毎週火曜に開いている専門の医師による膝の外来、オリジナルインソールの作製など、人間の基本的な運動機能である立つ、歩く、物を持つといった機能を維持・回復することで、患者さんの生活の質を上げていきたいと日々取り組んでいます。また当院は、土曜・日曜も診療を行っていますので、平日はお忙しい方でも気軽にご来院いただけるのではないかと思います。

―医療だけでなく、介護も含む総合的な施設をつくることは、開業当時から決めていたのですか?

最初から総合的な診療をしようと突き進んだわけではなく、一つ一つご縁をいただいた感じなんです。20年前にここに開業しようと決めた時は、落ち着いた街並みや温厚な住民の方々の様子に「家族が住むのにも、自分がクリニックを開くのにもいい地域だな」と思ったのを覚えています。当時はちょうど介護保険の創世記。ケアマネジャーや介護認定という言葉をポツポツ聞くようになった頃でした。当院は整形外科ですから、リハビリテーションは切っても切り離せません。そこで、今後は介護保険を利用し、リハビリテーションをしっかり行える施設をつくりたいと考えたのが15年前。そこで、まずは運動機能回復に特化したデイサービスを始め、さらにデイケアの専門施設を建てたのが9年前です。

―患者さんはどのような年代の方がいらっしゃるのですか?

股関節の脱臼のチェックや健診を受けに来る0歳児から、100歳を超えた方まで、幅広い年齢の方にご来院いただいています。また、スポーツに取り組んでいる学生もたくさん来てくれます。成長痛といわれる痛みやケガと戦っている子どもたちの地域の受け皿としての役割を担えているとしたら、それはすごくうれしいことだなと思います。試合や練習を休みたくない気持ちから無理をしてしまう子らも少なくありませんが、思いっきり競技を行うためにはやはりケガは大敵です。医療機関受診のハードルはないとは言えないでしょうが、若い方にも積極的に受診してもらえたらと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細