全国のドクター8,735人の想いを取材
クリニック・病院 161,540件の情報を掲載(2019年12月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 豪徳寺駅
  5. 医療社団法人誠穣会 江本歯科
  6. 豊富な経験と先進の機器を駆使正確なインプラント治療をめざす

豊富な経験と先進の機器を駆使
正確なインプラント治療をめざす

江本歯科

(世田谷区/豪徳寺駅)

最終更新日:2019/11/25

20191120 main 20191120 main
  • 自由診療

むし歯や歯周病などで不幸にも歯を失ってしまったときに、人工の歯根を埋めることでその歯を補うのがインプラント治療。同じように歯を補うための治療として行われる入れ歯やブリッジによる治療に比べ、周りの歯に負担をかけにくく、しっかりと噛めることが期待できるといったメリットがある一方で、外科的な手術が必要となることや費用負担が比較的大きいなどの理由で躊躇してしまう人も少なくないだろう。そこで今回は、早い時期からインプラント治療に取り組み、現在ではセミナーの講師も務めることもあるという「江本歯科」の江本正理事長にインプラントのメリットやデメリット、同院で取り組んでいるインプラント治療などについて教えてもらった。 (取材日2019年10月31日)

さまざまな機器を活用しながら行うこだわりのインプラント治療。治療後の定期的なメンテナンスも大切に

Qインプラントと入れ歯、ブリッジの違いを教えてください。
A
1

▲幅広い治療に対応している

それら3つは、いずれも失ってしまった歯を補うための治療方法です。しかし、ブリッジでは、歯を失ってしまったところの両脇の歯を大きく削らなくてはなりませんし、取り外し式の入れ歯では、それをとめるための金属などを残っている歯にかける必要があります。つまり、これらの治療では周りの歯に負担がかかりやすく、それらの歯も駄目になってしまう可能性があるのです。しかし、インプラントは顎の骨に直接埋入しますので、それ自体が噛む力を支え、周りの歯に負担をかけにくいのです。歯がどんどんなくなっていってしまうという負の連鎖反応につながりにくいのというのは、インプラント治療の大きなメリットといえるでしょう。

Qほかに、インプラントの特徴はありますか?
A
201911202

▲金額だけではなくさまざまな面を考慮してほしいと語る江本理事長

自然に話をしやすかったり、食事がしやすかったりといったことが期待できます。さらに、違和感が少なく、自分の天然の歯のように噛むことが望めるのも大きなメリットでしょう。また、審美的なことも考慮しながら治療を進めますので、例えば前歯でも自然に、周りから見てインプラントを入れているというのが、わかりにくいというのもあります。一方で、外科的な手術が必要になり、糖尿病のコントロールが良くない人や骨粗しょう症の薬を飲んでいる人はその手術を受けることが難しいのです。また、顎の骨の状態や治療内容によっては、治療期間が長くなることもあります。自由診療になるので、比較的費用がかかるといったデメリットもあります。

Qこちらのクリニックのインプラント治療の特徴を教えてください。
A
3

▲それぞれの患者に適切な治療を提案している

当院では、インプラント以外に入れ歯やブリッジの治療にも対応していますので、それらの中からその患者さんに合わせた治療方法を選べることが挙げられます。そして当院では、光学スキャナーを用いて口の中を型採りし、そのデータをCAD/CAMシステムに送り、歯科用CTのデータも重ね合わせて治療プランを立てています。インプラントの埋入は、ピンポイントで行う必要がありますが、そうすることで理想的な噛み合わせや歯の向き、安全性に配慮した位置や深さで計画を立てていきます。そして、その計画に沿ったサージカルガイドを用いてインプラントを埋入することで、計画どおりに治療を行うことができるよう体制を整えています。

Q手術は、痛くありませんか?
A
4

▲安心して治療を受けられるような、清潔感のある院内

顎の骨が薄くなっているケースでは、骨を作るための治療が必要となります。その際には歯茎の内側を特殊に切開しますので、腫れることがありますが、それ以外の最小限の切開でできるケースでは、腫れることは少ないでしょう。痛みについては、通常の抜歯をしたときと同程度と考えられ、何日間も痛みや腫れが続くことは、ほとんどありません。また、手術中はもちろん局所麻酔をして痛みに配慮しながら行いますし、手術後も痛み止めのお薬を処方しますので、痛みがあるときにはそれを服用していただきます。手術後は、インプラントと骨がしっかりと結合していくまで2〜9ヵ月ほど待ち、その後に人工の歯を取りつけることになります。

Qメンテナンスの必要性については、いかがでしょうか?
A
201911205

▲その後のメンテナンスも重要と語る江本理事長

インプラントをしたからということに限らず、歯を長持ちさせるためには、ホームケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが非常に大切です。当院の場合には、口の中を全体的に診て、ホームケアができているかどうか、ほかの歯に歯石がついてないか、むし歯ができていないかをチェックします。加えて、インプラント治療を行っている場合には、その周りに炎症がないかや、噛み合わせも確認します。特にインプラントは、「治療が終わったから行かなくていい」ではなく「治療が終わった後も定期的にチェックする必要がある」という認識を患者さん自身が持つことが重要です。当院の場合は、2〜3ヵ月に1回のメンテナンス受診をお勧めしています。

ドクターからのメッセージ

江本 正理事長

インプラント治療でのトラブルを聞くことがあります。それは本当に不幸なことです。しかしそれはインプラント自体が悪いのではなく、どう扱うかの問題です。インプラントは、正確な場所にピンポイントで埋入する必要があり、それをフリーハンドで行うことはまず不可能で、とても危険です。ですから歯科用CTなどの設備が整っている歯科医院で、正しい知識や技術を持った歯科医師に治療をしてもらうことが大切です。そして自由診療ですので、治療費も大きな要素になると思いますが、金額だけで選ばずに、以上のようなトータルパフォーマンスをよく考えて治療を受ける歯科医院を選んでほしいですね。当院にもぜひ、ご相談いただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント1本/19万円〜、骨造成(オプション)/5万円~、クラウン(インプラント上支台含む)1本/10万円~※すべて税別

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access