全国のドクター8,464人の想いを取材
クリニック・病院 161,442件の情報を掲載(2019年10月24日現在)

医療法人社団蘇青会 榊原クリニック

医療法人社団蘇青会 榊原クリニック

榊原 維聡 院長
頼れるドクター掲載中

13188

2017年に開業20周年を迎えた「榊原クリニック経堂院」。待合室は天井が高く、まるでホテルのエントランスのようなラグジュアリーな雰囲気だ。代々医者の家系に生まれ、物心ついた頃にはすでに医者をめざしていたという榊原維聡院長にとって、経堂は慣れ親しんだ地元。クリニックでは専門分野の形成外科を中心に、皮膚に関わる全般の治療はもちろん、「きれいに治すこと」をゴールとし、美容的な側面までサポートするトータル診療を提供している。「保険診療はもちろん、美容外科についても患者さんとの信頼関係を大切に、十分なコミュニケーションをとって行いますのでご安心ください」と、優しい笑顔で話す榊原院長に、診療方針や形成外科の医師に美容的治療を受けるメリットなど、じっくりと話を聞いた。
(取材日2017年3月30日)

開業20周年を迎える、肌トラブルのかかりつけ医

―開業地に経堂を選んだ理由は?

父がこの地で産婦人科を開業していたので、経堂は僕の地元なんです。僕が1997年に開業する頃には建物が老朽化していたので、すべて建て替えました。病院っぽい雰囲気にはしたくなくて、デザインにもこだわりました。天井吹き抜けの待合室は当時としてはモダンで、かなり珍しかったようです。開業当初は整形外科と間違えて「腰が痛いんだけど……」とご相談に来られる方も多く(笑)、形成外科は何を診る科なのかを知っていただくのに、最初は苦労しました。おかげさまで今年開業20周年を迎え、今では皮膚トラブルやしみ・ほくろの除去など、赤ちゃんからご高齢の方まで幅広い肌のお悩みに対応できるクリニックとして認知していただけるようになりました。

―どのような方が通われていますか。

生後間もない赤ちゃんからご高齢の方まで、年齢層は非常に幅広いです。中でも多いのは30代~60代の女性で、しみ、ほくろ、しわなど肌トラブルなどが中心です。高齢の男性は脂漏性角化症(老人性いぼ)のレーザー治療、若い男性はわきがやニキビ、男性型脱毛症などが多いですね。男女問わず、まき爪の治療はよくお受けします。開業した当初からずっと通っている方や、中学生だった子が母になり、子どもを連れて来たり。青森や四国などの遠方や、海外からの帰省時に通う方もいらっしゃいます。中には、東京観光を楽しんだ後、当院に寄ってから帰るグループの方もいますね(笑)。また最近、時代は変わったなと思うことは、お子さんの目を二重にしてほしいという母親からの依頼が増えたことです。

―美容外科も扱っていらっしゃるのですね。

美容外科への意識はここ10年でかなり変わったとはいえ、施術に不安を抱く方はまだ多いですよね。本来、美容外科は形成外科のトレーニングを受けた人間がやるべき領域ですが、専門外の人が施術する施設もあり、トラブルも後を絶ちません。当院は形成外科が専門の私が最初から最後まで責任をもって担当します。保険診療も行う地域のかかりつけ医に診てもらえることが、安心感につながっているようです。最初は赤ちゃんの湿疹でかかっていたお母さんが、「先生がやってくれるのなら」と、美容的な治療を希望される方も多いですよ。皆さんの美しく、若々しくありたいという願いが叶うクリニックづくりも僕の目標の一つだったので、これからも患者さんとの信頼関係を大事に、安心できる治療を届けたいと思います。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

しみのレーザー治療(自由診療の場合)1万7280円~、脱毛/6000円~(部位・範囲によって異なります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細