全国のドクター9,304人の想いを取材
クリニック・病院 161,131件の情報を掲載(2020年10月27日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 越谷市
  4. 南越谷駅
  5. 医療法人健身会 南越谷健身会クリニック
  6. 周東 寛 院長

周東 寛 院長の独自取材記事

医療法人健身会 南越谷健身会クリニック

(越谷市/南越谷駅)

最終更新日:2020/04/01

128883

東武スカイツリーライン新越谷駅からシャトルバスで4~5分ほどで、「医療法人健身会 南越谷健身会クリニック」に到着する。同院は、院長の周東寛先生が2003年に開業した、さまざまな科を持つ大きなクリニック。「患者さんの健康を作ることは、私の芸術作品だと思っています」と語る通り、誠実ながらも、楽しみながら医業に携わっている様子が伺えた。メディア出演や著書も多く、いわば有名人だが、インタビューにも気さくに応じてくれた。だからこそ、多くの患者が親しみやすいと感じているのだろう。台湾出身という強みを生かし、西洋医学と東洋医学を組み合わせて新しい健康法を編み出してきた周東先生に、患者に接する際の心構えなどを伺った。
(取材日2015年7月8日)

中学時代に来日し、南越谷に根を下ろした

開院にあたり、この地を選んだ理由をお聞かせください。

128883 df 1 1 1438158324

一番の理由は、中学校のときにこのあたりに引っ越してきて、馴染みのある土地だったからですね。父もこのエリアで外科として開業していましたし。私は台湾の生まれなので、こちらに来た当時は日本語も日本の歴史もなにもかもわかりませんでしたが、そういうときに来たからこそ、この越谷という土地は特別ですね。私自身の中学・高校の同級生や、そのご家族が来られることもあります。

こちらにいらっしゃる患者さんの年齢や性別に傾向はありますか?

全体的に女性が多いです。年齢層では、シニア層がほとんどですね。90代の方もいらしています。元々元気な方が多いので、体調不良を治した後はまた元気に生活してらっしゃる方が多いです。また、ここには疾病予防運動施設の「健康ひろば」がありますので、そこへ参加される方もたくさんいらっしゃいます。ご夫婦でいらっしゃる方や、ご家族・ご友人・会社の先輩や後輩から紹介されていらっしゃる方も多いですね。親子兄弟や周りの方との雰囲気が良く、絆があるなと感じますね。

症状としては、どういった理由の方が多いでしょうか?

128883 df 1 2 1438158324

めまいや頭痛、耳鳴り、不整脈、高血圧、糖尿病、足の痺れ、血管の異常、背骨の痛みなど、幅広い理由でいらしていただいていますね。全体的に言えば、生活習慣病がほとんどといえるかもしれません。脳に関係するもの、循環器からきているもの、骨格に原因があるもの、さまざまですね。まずは検査をして、どこに原因があるのかを診てから専門の先生についていただくようにしています。他には、リハビリの機材を整えていますので、リハビリのために通ってらっしゃる方も多いですね。ここで治せなくても、次にどこへ行けばいいのかわかるということで、地域の方にご信頼いただけているようです。

西洋・東洋の考え方をバランス良く取り入れた健康法

西洋医学と東洋医学を組み合わせようと思われたきっかけは、どんなものだったのでしょう?

128883 df 1 3 1438158324

祖父と父が西洋医学の医師で、母方が漢方に精通していたので、小さい頃から自然と西洋・東洋両方の医学に触れる機会がありました。西洋医学では悪いところをピンポイントで治していくという考え方ですが、東洋医学ではもう少し長い目で見て、日頃の食事などの生活習慣も重視します。東洋医学では病気の予防に力を入れていると見ることもできます。川の上流に悪いものがあったら、下流の水が悪くなってしまうように、下流や河川口の病気の原因になる生活習慣を中流、上流で改めれば、病気にならなくなるという考え方ですね。予防医学が重要です。

その二つを組み合わせて、いろいろな健康法を編み出していらっしゃるのですね。

はい。今一番有名になっているタマネギ健康法については、20年前から考えていました。学生時代に食事医学研究会というクラブに所属して、そこで世界各国の料理について調べた結果、栄養価値・食べ易さから「タマネギがいいんじゃないか」と思いついたんです。他にもどの植物の油が体にいいかとか、減塩が大切であるとか、そういったこともそこで知りました。博士研究で細胞の活性化についてやっていたときも、血流を良くする方法の一つとしてタマネギが良いと実感することができました。その中でもタマネギ健康法については、たくさんの人が実践してくださって、効果を実感されていてうれしいですね。

台湾でご活動されることもあるのでしょうか?

128883 df 1 4 1438158324

日本で活動している台湾人の医師で、割と頻繁に台湾へ帰っている人も多いのですが、私はやることが多く忙しいので、今ではメディアの撮影で行くくらいですね。その代わりというのではないですが、日本で行われる台湾のイベントで講演をしたり、台湾関連のイベントをここでやったりしています。うちの病院には患者さん同士の懇親を深めるために「健康友の会 ふれあい」という会を作っていまして、毎年二回旅行に行っているのですが、今年はその会の皆さんと一緒に、初めて台湾旅行に行くことになりました。今後はもう少し台湾に行く機会ができるかもしれません。

「医術はこれ芸術なり」、患者の健康が作品である

印象深い患者さんとのエピソードをご披露ください。

128883 df 1 5 1438158324

いろいろな方を見てきましたので、パッと思いつくだけでも何人もいますね。肺繊維症で呼吸をするのも苦しいという方が、治療をされて歌えるようになったことがありました。また、何十年もたばこを吸っていた方が、病気になってから「吸わなければよかった」と後悔されているのを見たこともあります。昔は周りに勧められて、たばこを吸い始めるという人が多かったですからね。他には、余命3ヵ月といわれていた方が、7年半生きられたこともありました。家族愛や夫婦愛にあふれた介護を行った人たちなど、絞り込めないくらいたくさんの顔が思い浮かびます。

患者さんに接する際、最も心がけていらっしゃることはどのようなことでしょうか?

病気のことや痛い部分に限らず、よくお話をすることですね。趣味の話をしたり、身近な話もして、緊張をほぐしてから診察することもよくあります。私は趣味で歌や絵などをやっているのですが、そういった場で知り合った方が、患者さんとしていらしていただくこともありますし。診察中は余談ばかりになってしまってはいけないので、ほどほどにしていますが、余談を入れることでこちらに親しみを持ってもらえればと思いますね。他には、服装や表情といった外見からわかる特徴や、どのくらい緊張されているかをよく見て、その方のキャラクターをつかむようにしています。

今後の展望についてお聞かせください。

がんの早期発見・早期治療について、それから認知症の予防に引き続き力を入れていきたいと思っています。私は食事や運動、休息といった日常の生活習慣でできることがあるんじゃないかと思っていまして、色々なアイディアを生み出しています。食生活に関する改善・運動習慣を身につける室内運動や歌を歌う「演歌療法」というものも本にしたんです。歌詞を覚えたり、人前で歌うことによって認知症の予防になると。そういったさまざまな療法を取り入れて、「何のために生きているのか」といった生きがいを持つアドバイスをしていきたいですね。私の子どもがいずれこの病院を継いでくれるようなので、将来についてはほっとしています。

最後に、読者へのメッセージをお願いいたします。

128883 df 1 6 1438158324

私は、健康で楽しく長生きするために、先程お話したタマネギ療法などのいろいろな健康療法を考えてきました。今ではたくさんの方々が実践してくださって、それだけに責任や重みを感じることもあります。「医は仁術なり」といいますが、私は「医術はこれ芸術なり」をポリシーとして、患者さんの健康を取り戻すことは私の芸術作品であると思っています。気の合う人、接していて楽しい人と人生を楽しめるように、健康を保てるお手伝いをしていきたいですね。これからも、人々がストレスや他の原因によって病気にならないような方法を研究していこうと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

人間ドック/4万4000円(税込み)
脳ドック/3万8500円(税込み)

Access