全国のドクター9,123人の想いを取材
クリニック・病院 161,399件の情報を掲載(2020年4月06日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市上京区
  4. 今出川駅
  5. 堀川歯科クリニック
  6. 籾井 佳子 院長

籾井 佳子 院長の独自取材記事

堀川歯科クリニック

(京都市上京区/今出川駅)

最終更新日:2020/04/01

128711

京都市上京区にある「堀川歯科クリニック」は、真心のこもった診療と週に3日の訪問歯科診療で、地域住民の健やかな暮らしを守るクリニックだ。もともと地域で長く診療していた歯科医院を籾井佳子先生が引き継ぎ、今年で3年目となる。籾井院長は、勤務医時代に訪問歯科で豊富な経験を積んできた歯科医師で、プライベートでは2児の母。いつも明るく元気に患者のサポートに全力を尽くしている。また、インプラントや矯正治療では専門の歯科医師と連携しながら質にこだわった治療を提供。地域に寄り添い気持ちに寄り添う籾井院長に、クリニックの診療内容について話を聞いた。
(取材日2019年12月18日)

女性の視点を大切にし、患者に寄り添った診療を提供

まずはこちらのクリニックの特徴を教えてください。

1

当院は、お母さんのおなかの中にいるマイナス1歳の赤ちゃんからご高齢の方まで、年齢に合う診療を行うことをめざしているクリニックです。スタッフはほぼ女性で構成されており「女性ならでは」の視点を大切にしています。「歯科医院は嫌い」「なんとなく怖い」という人も多いですから、できるだけリラックスしていただけるように心を配り、患者さんが高齢者やお子さんの場合には、娘やお嫁さん、お母さんとしての視点を大切に、恐怖心や不安、不便さなどに寄り添うことを大切にしています。院内を心地良い香りで満たし、笑顔でお迎えして時には日常のちょっと楽しい会話を楽しんだりしながら緊張を和らげて……と、小さなことを一つ一つ丁寧に積み重ね、居心地の良い空間をつくり上げているのもクリニックの特徴です。

どのような患者さんがいらしているのでしょうか?

ご近所にお住まいの方々を中心に、さまざまな年代の患者さんにいらしていただいています。虫歯の治療はもちろんですが、歯周病治療、予防、入れ歯の相談も多いですね。当院では、入れ歯の「噛めない」「話せない」「笑えない」の3つの「ない」をなくそうと取り組んでいます。入れ歯というとネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、調整して自分に合ったものを使用すれば、違和感や痛みを感じず快適に噛むことが期待でき、取り外してお手入れができるなどメリットもあります。私はこれまでに高齢の患者さんの治療を数多く経験してきましたので、入れ歯の調整も数多くしてきました。今悩んでいる人がいらっしゃったら、一度相談してもらえればと思います。

クリニックでは訪問歯科診療にも積極的に取り組んでいらっしゃいますね。

2

訪問診療は、開業当初から「絶対にやりたいこと」の一つでした。勤務医時代に訪問診療も数多く経験し、その重要性を痛感していたからです。歯の不具合というのは風邪や頭痛とは違い、寝ていれば治るというものではなく、むしろ放置すればするほど悪化してしまいます。しかし、寝たきりになってしまい、歯科通院ができなくなったり、介護するご家族もお口の中まで手が回らなかったりして、口腔ケアが十分できないことは多いと思います。ただ、そこで歯科治療を諦めないでほしいですね。訪問診療では歯を削ったり歯石を取ったり、イメージする歯科治療のほとんどができ、患者さんの体調に合わせて負担の少ない治療をすることも可能です。「食べることは生きること」であり、口腔内を良い状態を保つことは、人生を全うする上で重要なことです。豊かな人生を送っていただくためにも、歯科医師として力になれればと思い、現在は週3日訪問診療に出かけています。

年齢に見合った「良い状態」を長く保つために

インプラント治療についてお聞かせください。

3

欠損した歯を補う治療の選択肢として、インプラント治療を行っています。インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込み、安定した土台の上に人工の歯を接合する治療で、ブリッジや部分入れ歯に比べ、見た目が天然歯に近く、治療後の違和感が少ないことも特徴です。何より大きなメリットは、周囲の健康な歯への負担が少ないことで、治療の相談や費用・流れについて質問される方も増えていますね。インプラントの埋入手術は、連携している「西院デンタルクリニック」で行っています。院内には専門的な治療に必要な設備が充実しており、手術は外科治療を専門とする歯科医師が担当します。私も手術に立ち会い、術前術後のケアは当院でしっかり行っていきます。

矯正にも力を入れておられるそうですね。

はい、成長期のお子さんにとって、適切な時期に矯正を開始することはとても重要です。「顎顔面矯正」とは、歯並びだけでなく口元、横顔のアンバランスまで改善するための矯正方法で、成長を利用して顎を大きくすることができるため、歯を抜かずにきれいな歯並びをめざすことが可能です。成人の矯正では、目立たない装置も選べるなど、さまざまな矯正方法を用意し、一人ひとりの要望に合わせた矯正を行っています。当院には矯正を専門的に学んだ女性の歯科医師が勤務しており、自身も母親ですので、女性やお子さんに寄り添った治療やアドバイスを行えることがメリットです。治療の流れや費用など、矯正に関する疑問や不安があれば気軽に相談ができるように、無料の初回カウンセリングも行っていますので、お気軽に受けていただければと思います。

口腔内を良い状態を保つためにできることはどんなことですか?

4

まず自分のお口の状態を把握することですよね。その上で、今何をすることが大切かを知り、実行すること。例えば定期検診も半年に1回で十分な人もいれば、しばらくは毎月来てほしいなという人もいます。お口の状態は十人十色なので「自分のことを知る」ことから始めてもらえたらうれしいです。何よりも大切なのは「今」から始めることです。明日じゃなくて、今日。何歳であったとしても、今日が一番若いのですから、思い立ったその日からスタートしてほしいです。そしてもしもお子さんがいたら、子どもの歯のケアも同時にスタートしてほしいです。小さな頃からケアすることを習慣にすれば、お子さんの人生は歯科で煩わされることが少なくなるんですよ。

歯科医院を「Happyを分け合える場所」にしたい

子どものうちからできるケアとは何でしょう?

5

一つは定期的に検診を受けて、歯のケアをする習慣をつけるということです。家庭での歯磨きはもちろんですが、成長に合わせて口の中の変化を観察することは、子どもの口を守る上で大切なことです。虫歯の治療が必要になる前に歯科医院に通っていれば、治療で嫌な思いをすることもなく、美容院や塾に行くように「日常の中のこと」として苦痛なく続けることができます。そしてもう一つは必要に応じた歯列矯正です。矯正は審美的な面に注目されがちですが、実は機能的な面でもメリットがたくさんあるんです。良い歯並びにすることで、歯への余分な負担が減り、自分の歯を失うリスクも少なくなります。子どもの矯正は、両親から子どもの人生にしてあげられることの一つだと私は思います。

先生にも2人のお子さんがいるそうですが、母親になったことで歯科医師として変化した部分はありますか?

自分が人の親になって初めて親の気持ちがわかったという部分はあると思いますね。人を愛おしく思う気持ちとか、その子の人生がより良くあってほしいと願う気持ちとか。また同時に、母親の時間のなさや気持ちの余裕がなくなる瞬間も実感しました。そういう変化に加えて、訪問歯科診療で得た経験もあります。この2つが自分の中で合わさって、家族や地域への思いが変化して、このクリニックを人の手助けをする場所にしていきたいと強く思うようになりました。自分自身、まだまだ未熟な人間ですけれど、これからもその気持ちを胸に進んでいきたいと思います。

それでは最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

私は堀川歯科を「Happyを分け合える場所」にしていきたいと思っています。私たちも患者さんも無理することなく、お互いに風通しの良い関係を築いていきたい。そのために、私はうそをつかず誠実に診療をしていきたいと思っています。何歳でも、どんな人でも大歓迎。困ったことがあれば、なんでも気軽に相談してください。あなたにとって一番良い治療を一緒に考えます。わからなくて当たり前、なんでも聞いてください。歯科医院が苦手というそんなあなたにもしっかり寄り添いますし、寝たきりの家族を自宅で診てほしいというご要望ももちろんオッケー。セカンドオピニオンも大歓迎です。どうぞ気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・インプラント治療/32万円~
・小児矯正/20万円~
・マウスピース型装置を用いた矯正/49万8000~78万円
※すべて税込

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access