医療法人社団鎌倉会 なまため歯科医院

医療法人社団鎌倉会 なまため歯科医院

生天目亮院長

医療トピックス

歯を守り、全身の健康にも資する
長い目でみて個々人に最適の治療

医療法人社団鎌倉会 なまため歯科医院

自由診療

歯科先進国の欧米では80歳になっても20本以上自分の歯があることのほうが普通だといわれているが、欧米並みに水準の高い歯科治療を受けることのできる日本でも、いまだに高齢になるにしたがって歯を失い、義歯やインプラントに頼らざるをえない人が多い。というのも、痛くなってからはじめて歯科医院を受診し、保険診療を受けるというスタイルでは虫歯の再発や歯周病が進行するリスクがあるのだ。「なまため歯科医院」生天目亮院長は、この現状を打破するために予防や歯周病治療を徹底。歯を失ったときのインプラントや入れ歯治療についても、その先の長い将来を考え、良いと思った治療を積極的に導入している。同院ならではの「全身の健康にもつながる、長い目でみた最適の歯科治療」について、生天目院長に聞いた。(取材日2017年1月11日)

その場限りの削って詰める治療から、全身や将来までを考えた最善の治療へ

先生がめざす歯科治療について教えてください。

 ▲今でもより良い治療を追求すべく、勉強会などに足を運ぶ 従来の日本の歯科治療は「虫歯を削って金属を詰める」ことの繰り返しで、再発のリスクが高いだけでなく、残っている健康な歯まで悪影響になりうるような治療です。それに対して当院では、保険診療の枠組みにとらわれず、「生涯にわたって歯を守る治療」を軸に治療を考えていきます。安易に歯を削り、銀歯を入れても、その多くが10年以内に再発してしまいます。一度削った歯はもとには戻りませんから、それを繰り返すうちにどんどん歯を失うことになります。今は人生80年、90年という時代。80歳になっても自分の歯でしっかり噛んでいただき思いと、お口から全身の健康を守りたいという観点で、先進の治療を提供しています。

初診時は、どのような流れになるのですか?

 ▲1時間以上時間をかけ、現状把握とベストな治療法を考える まず、患者さんのお話やお悩みをじっくり聞くことと、口腔内全体を総合的に診るために、1時間以上時間をかけて診査診断を行います。そのデータに基づき、治療計画を立ててご説明します。しっかり治療の必要性をご納得いただくためにも、患者さんがご自身の状況や治療を知ることが大切です。当院では患者さんの将来や全身の健康に役立つ、信頼できる治療だけを手がけています。保険外診療は高価ではありますが、長い目でみたとき、患者の健康に還元される質の高い治療です。ですので、歯科医師として自信をもってお勧めしています。そして、治療だけでなく、再発予防が肝心ですので、ブラッシングや生活習慣についてご説明しています。

短期間で治療が可能なセレックシステムも導入されていますね。

 ▲セレックシステムの登場で、技工物の精度も格段に向上した 歯科先進国のドイツで開発されたセレックシステムは、コンピュータ制御でセラミックの詰め物やかぶせ物を製作するシステムです。最短ならばその日のうちに技工物を作成することができるので、忙しい方にも好評です。それだけでなく、セラミックは金属アレルギーなく、体に悪影響を与えにくい材料です。また、従来の型どりではなく、口腔内をスキャンして作るシステムですから、かぶせ物そのものの精度も高いです。自然な色合いを表現できるので、治療を受けた患者さんからの評判もいいですね。ただし、前歯など微妙な色や形の調整が必要な場合は、メタルボンドやジルコニアなどの材料を使い、専門の歯科技工士に依頼しています。

歯をなくした場合の治療についても教えてください。

 ▲患者それぞれに応じられるよう、最適な補綴治療を用意 まず、周囲の健康な歯を削り、負担をかけないようにする点で、インプラントが優れています。難症例の場合も安全に行えるよう、歯科用CTは欠かせません。また上の歯の場合は、歯と同じ成分を吹き付けた特別なインプラント体を使い、結合性を高めるなど対策しています。入れ歯については、ある技工士さんの方のラボと連携し、機能面だけでなく、審美性にも優れた特殊な入れ歯を手がけています。この義歯は特に女性の方には好評で「入れ歯をしていることを忘れる」と喜ばれたほどです。インプラントと入れ歯の違いは、コンタクトレンズと眼鏡のようなもの。患者さん状況だけでなく、ご希望に応じて提案します。

歯を抜かない矯正治療を手がけられているようですね。

 ▲子どもの矯正治療をきっかけに来院する人も多い 一般的な第一小臼歯を抜く矯正治療は、やがて顎関節症や鼻づまりなど体に悪影響を及ぼすことがわかっています。そこで、小学校の低学年頃から歯の生えるスペースを拡げることで歯を抜かなくてもすむ、非抜歯矯正を行っています。また当院では、歯並びに影響する舌の癖や、口呼吸、姿勢や寝相を改善するトレーニングなども行い、顔や体のゆがみを治すことにも注力しています。ゆがみが治ると頭痛や腰痛、肩こりも治ることが多いのです。歯並びだけではなく、全身の健康にも資する治療ということですね。精確な診断に役立つセファロ(頭部X線撮影装置)も導入し、ライフワークとして取り組んでいます。歯並びでお悩みの方はぜひご相談ください。

料金の目安

インプラント治療35万円~ 矯正治療39万8000円~

ドクターからのメッセージ

生天目亮院長

そもそも口の中はとても過酷な環境にあります。熱いお茶からアイスクリームまでさまざまな温度のものが入るため、虫歯治療で入れた銀歯は膨張と収縮を繰り返し、歯にダメージを与えています。また1日3回の食事で数千回噛むことになり、それだけでも歯には大きな振動が加わっているのです。ですから、80~90歳まで自分の歯を残し、使うんだという意識のもと、全身の健康にも資する治療を選んでいただきたいです。そして、そのためには日頃から正しいお手入れで歯を守っていただきたいと願っています。口腔内という局所だけでなく、そこを通して体全体を治していく、というスタンスの歯科医師を選んでいただきたいと思います。

Access