全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 鎌倉市
  4. 大船駅
  5. 医療法人社団鎌倉会 なまため歯科医院
  6. 将来の健康な口腔環境を守るため治療一つ一つにこだわりを持とう

将来の健康な口腔環境を守るため
治療一つ一つにこだわりを持とう

なまため歯科医院

(鎌倉市/大船駅)

最終更新日:2019/03/25

Main Main
  • 自由診療

欧米では80歳になっても20本以上自分の歯があることはスタンダードなこととされているのだという。一方日本では歯科治療の技術は欧米並みでも、いまだに高齢になるにつれて歯を失い、入れ歯やインプラントに頼らざるを得ない人が多い。というのも、予防歯科に対する意識が低く、痛くなってから初めて歯科医院を受診して診療を受ける人が多く、虫歯の再発や歯周病が進行するリスクを除去できないのだそう。そこで「なまため歯科医院」生天目亮院長は、この現状を打破するため予防や歯周病治療を徹底。歯を失った際のインプラントや入れ歯治療についても、将来を考え、質の高さにこだわった治療を積極的に導入している。同院ならではの「全身の健康にもつながる、長い目でみた歯科治療」について生天目院長に聞いた。(取材日2018年12月19日)

削って銀歯を詰めるその場限りの治療から、将来や全身の健康までを考えた治療へ

Q先生がめざす歯科治療について教えてください。
A
1

▲今でもより良い治療を追求すべく、勉強会などに足を運ぶ

従来の日本の歯科治療は「虫歯を削って金属を詰める」ことの繰り返しで、再発のリスクが高いだけでなく、残っている健康な歯にとって悪影響になりうるような治療です。それに対して当院では、保険診療の枠組みにとらわれず、「生涯にわたって歯を守る治療」を軸に治療を考えていきます。一度削った歯は元に戻りませんから、それを繰り返すうちにどんどん歯を失うことになります。今は人生80年、90年という時代。80歳になっても自分の歯でしっかり噛んでいただきたい思いと、お口から全身の健康を守りたいという観点で治療にこだわっています。

Q初診時は、どのような流れになるのですか。
A
2

▲1時間以上時間をかけ、現状把握とベストな治療法を考える

まず、患者さんのお話やお悩みをじっくりと聞くことと、口腔内全体を総合的に診るため、1時間以上時間をかけて診査診断を行います。そのデータに基づき、治療計画を立ててご説明します。患者さんがご自身の状況を知り、治療の必要性に納得いただくことを大切にしています。また当院では、患者さんの将来や全身の健康のために本当に良いと思える治療のため、自費診療の治療を中心にご提供しています。自費診療は、保険診療に比べて高価にはなりますが、新しい知見に基づく治療が多く、歯科医師として自信をもってお勧めしています。そして治療だけでなく、再発予防も重要ですから、ブラッシングや生活習慣についてもよくご説明しています。

Q治療時間を短縮するCAD/CAMシステムも導入したとか。
A
3

▲CAD/CAMシステムの登場で、技工物の精度も格段に向上した

歯科先進国のドイツで開発されたCAD/CAMシステムは、コンピューター制御でセラミックの詰め物やかぶせ物を製作するシステムです。最短ならばその日のうちに技工物を作製することも。セラミックなので金属アレルギーの心配がなく、自然な色合いも表現できる優れた材料です。ただし、前歯など微妙な色や形の調整が必要な場合はメタルボンドやジルコニアなどの材料を使い、専門の歯科技工士に依頼して作製しています。また保険診療でCAD/CAMを使う場合は、従来のように型採りをして技工物を作製します。しかし当院では、口腔内を直接スキャニングしますから型採りは不要なことも特徴です。

Q歯をなくした場合の治療についても教えてください。
A
4

▲患者の要望に応じられるようさまざまな補綴治療を用意している

まず周囲の健康な歯に負担をかけない点で、インプラント治療がお勧めできます。ただしこれはとても優れた治療法ですが、歯を失った原因を見極め、問題を解決することが必要です。歯周病を治さないままインプラント治療を行うと、インプラント周囲炎になる可能性が高いのです。当院では、まず歯周病治療を行い、口腔内の状態を改善してからインプラント治療を行います。さらに歯科用CTによる精度にこだわった診査診断を行い、難症例の場合も安全性に配慮して治療できますし、上の歯の場合は、歯と同じ成分を吹き付けた特別なインプラント体を使い、結合性を高めるなどの対策をしていますので、ほとんどの方が治療後も問題なく過ごされています。

Q自費診療の入れ歯治療にも力を入れているそうですね。
A
5

▲わかりやすく説明するため、各種パンフレットも準備

見た目にこだわった技法の入れ歯を取り扱っています。これは、歯が1本でも残っていれば対応することができる技法となっています。入れ歯そのものが小さくて違和感が少ないこと、ぴったりフィットして粘着性の食品でも食べやすいこと、そして入れ歯を支える留め金が目立たないなどの特徴があります。そのほかの入れ歯についても、まず口腔内の状態を改善し、症状やご要望に適したものをご提案しています。

ドクターからのメッセージ

生天目 亮院長

例えば歯を削って銀歯を詰めるという保険診療の虫歯治療は、実は60年前と同じです。そもそも口の中はとても過酷な環境にあります。熱いお茶からアイスクリームまでさまざまな温度のものが入るため、虫歯治療で入れた銀歯は膨張と収縮を繰り返し、また1日3回の食事で数千回噛むことになり、少しずつ削られて弱くなった歯に大きな振動が加わり、やがて歯を失うことにつながってしまうことも。80歳90歳まで自分の歯を守るという意識で、全身の健康にも資する治療を選んでいただきたいのです。歯や口腔だけでなく、そこを通して体全体を治していくというスタンスの歯科医院を選んでいただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~、入れ歯/35万円~、CAD/CAMシステムを用いたセラミック治療/5万円~、メタルボンド治療/12万円~、ジルコニア治療/12万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access