全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 自由が丘駅
  5. たまきクリニック
  6. 玉木優子 院長

玉木優子 院長の独自取材記事

たまきクリニック

(目黒区/自由が丘駅)

最終更新日:2019/08/28

12719 df 1 main 1248688440

自由が丘駅前という場所柄、買い物ついでに立ち寄る人も少なくないという「たまきクリニック」。受付から診療室へ向かう通路は、神社の鳥居を思わせるようなデザインが施され、通るだけで新鮮な気持ちになるようだ。院長の玉木優子先生は、西洋医学のみならず漢方内科や医療気功など、さまざまな診療を取り入れている。どれも先生自身が体験して効果を実感したものばかりだと、笑顔で話してくれた。(取材日2009年07月13日)

心の問題をケアしたい

医師を志したきっかけをお聞かせください。

12719 df 1 1 1248228889

父が口腔外科医、母が歯科医師だったため、ごく当たり前に私も医療に携わることを選んだように思います。父は曹洞宗の禅寺の生まれということもあり、人の生死や倫理観について触れる機会が多く、その影響も少なからず受けていると思います。

ご両親から教わったことなどありますか?

父は大の話し好きで、休みの日ともなるとたくさんの話を聞かせてくれました。答えが出るような話題でなく、尊厳死についてどう考えるのか、倫理的な観点から医師はどう人の死と向き合うべきか……など、当時の私にとっては理解が難しい哲学的な話ばかりでした。しかし、経験を重ねていくにつれ、父が言っていたことが少しずつ理解できるようになりました。と言っても、まだまだわからない部分が多いのですが。もちろん、母も医療に携わる大先輩として学ぶことは多いですね。ところが、母から学んだことと言えば、哲学的な父とは対照的に超現実的なことが多いですね。家事の手の抜き方は母から学んだ代表的な教えかもしれません(笑)。

口腔外科や麻酔科などさまざまな診療科を経験されていますね。

12719 df 1 2 1248228890

父の影響で最初は口腔外科に入局しました。結婚を機に筑波に移り麻酔科に入局しました。東京に戻ることになり、母が会長を務める山下診療所で内科医として患者さんと接している時に、心の問題を抱えている患者さんの多さに気がつき、心療内科にも興味を持つようになりました。心と体は密接に関連しているので、患者さんの心までケアする必要があり、内科だけではカバーしきれないと思ったからですね。

漢方も気功も自分自身の経験から

漢方内科や医療気功なども取り入れていますね。

12719 df 1 3 1248228890

そもそもは私自身が病気になったことがきっかけです。医学部の学生だった頃に難治性の潰瘍性大腸炎にかかり、わらにもすがる思いで試したのが漢方薬でした。半信半疑でしたが、私の体質や症状に合っていたようで、漢方薬の効果を実感できました。その経験から、西洋医学だけにこだわらず、いいものは取り入れていくというスタンスになりました。漢方薬をはじめとする東洋医学は西洋医学とは違ったアプローチです。西洋医学が縦糸だとしたら、東洋医学が横糸といった感じで、ふたつを上手に織り合わせるようなつもりで診療を行っています。医療気功も椎間板ヘルニアを患ってしまったことがきっかけでした。最初は気功教室に通っていましたが、無精な性格なので続けていけるか心配だったんです。そこで、自分が指導する立場になってしまえば、続けるしかないとひらめいて、指導することになったんです。今はクリニックのほか、カルチャースクールでも指導しています。

医療気功とはどのようなものなんですか?

元気という字は元の気に戻るという意味です。気功で本来のご自分を取り戻していただくお手伝いができたらと思っています。東洋医学の考え方には、生命エネルギーである「気」というものが存在し、気の通路を経絡と呼んでいます。気の流れを円滑にし、免疫力、治癒力、調整力を高めることで健康状態の改善を目指すものです。気功と言うと、気功師が気を操る外気功をイメージされることが多いですが、私が教えているのは、自分自身の気を調整する内気功で、自発動功と呼ばれる技術を中心とした自己療法です。呼吸が整って脳が深く休まると、潜在意識の働きによって不調部位を治す力が高まります。座禅の瞑想状態に近いと言えばイメージしやすいでしょうか。体質改善や健康維持や予防としてももちろん、術後や病後の免疫力や治癒力を高めるのにも効果的です。身体と精神の両方に良い効果があるのも医療気功の大きな特徴です。医療気功は自宅でも外出先でも手軽にできますので、ぜひ試していただきたいですね。クリニックでも気功指導を行っています。

休みの日はどのように過ごされていますか?

12719 df 1 4 1248228890

漢方や気功を取り入れているせいか、ストイックな生活を送っているように見られてしまいますが、休みの日はダラダラしていているんですよ。診療で患者さんのお話を聞く時に気持ちに余裕がないと聞くことはできませんし、医師が疲れた顔で診療していたら、患者さんもがっかりしてしまうと思うんです。少しでもいい診療ができるように、休みの日はのんびりと何も考えずに過ごして、心身ともにリセットするようにしています。

虹のように色とりどりな医療で幸せのかけ橋に

診療の際に心がけていることをお聞かせください。

12719 df 1 5 1248228890

気功の考えでは、身体に溜まった悪い気を吐き出さなければ、良い気を取り入れることはできないと言われています。患者さんは、何か困ったことがあったり心配なことがあってクリニックに足を運んでいると思いますので、まずは、その気持ちをしっかり受け止めて、苦しい気持ちや辛い思いといった悪い気を吐き出して、少しでも気を楽にしていただきたいですね。また、医師である私にとっては、これまで何度も診断をつけたことのあるありふれた病気であっても、患者さんにとってはどんな病気であっても病気というだけで少なからずショックを受けるものです。その思いも受け止めていきたいと思っています。経験を重ねていくうちに、そのような当たり前のことすら忘れてしまいそうになります。どんな時でも初心を忘れずに、患者さんの立場や気持ちを理解した診療を心がけています。

患者さんとの思い出やエピソードをお聞かせください。

たくさんの患者さんから数多くのことを学ばせていただいていると、日々実感しています。心療内科では、患者さんの育ってきた環境についてなど、深くお話をうかがうことがあるのでなおさらなのですが、それぞれに違った価値観を持ってらっしゃることがわかります。時には信じられないような価値観を聞くこともあります。信じられないと拒否するのは簡単ですが、患者さんの立場になって理解したいと思い、話に耳を傾けています。そのようにしているうちに私の考え方の幅も少しづつ広がっているんでしょうね。毎日、患者さんに成長させてもらっています。

今後の展望をお聞かせください。

12719 df 1 6 1248228890

患者さんのお一人お一人が幸せになれるように、さまざまな医療でお手伝いをしてきたいと思っています。言うならば、虹のように色とりどりな医療でみなさんの幸せの架け橋となれれば幸せですね。西洋医学と東洋医学を融合させた全人的統合医療を目指し、病気の予防やアンチエイジングなどを積極的に取り入れていきたいと思っています。不調になってから来る場ではなく、健康を維持する場として気軽に来院できる地域の身近なホットステーションとして、医療を提供していきたいと思っています。

Access