求人情報ON
医療法人優俊会 みやけ歯科医院

医療法人優俊会 みやけ歯科医院

三宅 勝俊院長

20180424 %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

都島駅よりバス約10分の住宅街にある「医療法人優俊会 みやけ歯科医院」。三宅勝俊院長は、「予防とメタルフリー」を同院のコンセプトに掲げ、「自分自身が受けたい治療を提供する」をモットーに日々診療にあたる。同院では、長年培ってきた予防に関するノウハウをパッケージ化した歯科検診の流れを構築し、各種検査データをもとに個々の患者に合う予防プログラムを作成、予防方法を提案している。2017年5月に小児の予防に特化した分院「ワハハキッズデンタルみやけ歯科」も設立した三宅院長に、予防にかける思い、地域歯科医療の役割などを聞いた。
(取材日2018年4月10日)

キーワードは「予防とメタルフリー」

―「予防とメタルフリー」をコンセプトにした歯科医院と伺いました。

当院のコンセプトである「予防とメタルフリー」は約15年前から進めています。「予防」とひとことで言っても、患者さんには抽象的で伝わりにくいところがあり、どのようにしたらいいのかが長年の課題でした。そして3年くらい前から取り組み始めたのが、当院が構築した歯科検診のコースです。それまでやってきた「予防」をパッケージにし、患者さんに提供しています。内容としては、唾液検査・口臭検査・顕微鏡検査・菌の状態の確認を行い、そのデータをもとに予防プログラムを作成する取り組みです。これまで患者さんにとっても医師にとってもわかりにくかったことを“見える化”し、個々の患者さんに合った予防方法を提案させていただいています。

―「メタルフリー」に関してはいかがでしょうか。

金属を口腔内に入れることに、実はリスクがあるんです。金・銀・パラジウム合金は保険がきくので一般的に使われますが、金属アレルギーを起こしたり、金属と歯の境目にも目に見えない隙間から、虫歯になったりします。歯の治療は6回繰り返すと抜歯に至るといわれていますので、金属アレルギーなどの直接的なデメリットはもちろん、なるべく虫歯になりにくい材質、耐久性の高いものを入れてほしいという思いから、メタルフリーを推奨しています。

―CAD/CAMシステムも導入していますね。

CAD/CAMシステム導入理由は、メタルフリーをより患者さんの負担を少なく提供したいという思いからでした。CAD/CAMシステムとは、コンピューターで歯の修復物を設計・製作できるシステムになります。当院では、そのシステムを使い詰め物やかぶせ物をセラミックのブロックから削り出して精密に自動的に作ることができます。CAD/CAMシステムのメリットは、歯科技工士が間に入らない分、費用的にも安価ででき、短時間で高精度のものが出来上がります。ぜひ、興味のある方は、相談してほしいです。

―治療に際し、心がけていることはありますか。

メタルフリーに関しては、経済的な部分など金属は金属の利点もありますから、患者さんにより多くの情報を提供させていただいて、その上で患者さん自身に決めていただいています。同じ症例でも患者さん一人ひとり、さまざまな条件があります。その中で、皆さん望まれるゴールがそれぞれ違うと思うんですよね。たくさんの選択肢がある中で、もし自分が患者だったらどういう治療をしてもらいたいか。自分自身が患者さんの立場になって考えながら、最良の選択ができるように心がけています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細