求人情報ON
佐々木歯科医院

佐々木歯科医院

佐々木 結梨院長

20190405 bana

JR大阪環状線・西九条駅から徒歩1分。真っ赤な歯ブラシが目印の「佐々木歯科医院」。扉を開けると、院内のあちこちで可愛らしいカバが出迎えてくれる。ショーケースの中には、口腔ケア製品がまるで化粧品のようにディスプレイされており、思わず手に取りたくなるようなワクワクした気持ちにさせてくれる。「女性だからこその目線で患者さんに安心感を与えられたらいいなと思っています」と話してくれたのは、佐々木結梨院長。優しい笑顔とやわらかな口調が印象的でありながら、院内での診療のほか、訪問診療にも対応しているという。優しいだけじゃない佐々木院長の熱い思いを、じっくり聞かせてもらった。
(取材日2017年5月12日)

高齢化社会に対応できる知識を求めて歯科口腔外科へ

―先生は小さい頃から歯科医師をめざしていたんですか?

こまかいことが好きだったので、パティシエに興味があったり、映画の裏方の美術さんに興味があったりしました。でも、私の場合は、父が歯科医師だったので実際に仕事を見る機会もありましたし、「これは楽しそうかな」と思って興味を持ったのが最初だったと思います。あれこれ興味はあったんですが、人に喜んでもらえる仕事がいいなというのが一番だったので、最終的に歯学部に進みました。卒業後は大学病院の口腔外科で働いていたので、顎変形症とか腫瘍ができた方の手術なども経験しましたし、麻酔科にいた時期には、口腔内だけでなく、おなかの手術などの呼吸の管理や麻酔の管理もしていました。

―口腔外科を選ばれたのはなぜですか?

高齢化社会になって、お薬を服用されている方もすごく多いので、深く勉強しなくてはいけないと思ったのが大きいですね。例えば、骨粗しょう症の治療薬を服薬している方の口の中が汚れていると、顎の骨の壊死が起こることがあるんです。だから、まず歯科を受診するんですけど、そういう時にきちんとした知識で対処したいと思いました。ほかにも、歯周病がひどくなると糖尿病の値も悪くなるといった具合に、全身と連動している部分も多いので、全身管理できるような診療を、歯科でもできたらいいなと思っています。実際に、糖尿病や高血圧でお薬を飲まれている方も、月1回の口腔ケアといった感じで多く通ってくださっているので、基礎疾患のある方にも安心して来ていただけたらと思いますね。

―予防歯科にも注力されているそうですね。

虫歯の治療をした後に、いかに予防をして、いい状態を維持するかが大切ですからね。やはり日々のブラッシングや、プロの定期的なメンテナンスも大切な要素になってきます。当院では、超音波スケーラーなど、歯のクリーニングのための新鋭の機器も導入しました。これは超音波で歯石を取る際も、痛みや音も少なく、患者さんへの負担も少ないので、気軽に通っていただければと思っています。また、年齢を重ねると、歯間の隙間が広がって汚れが溜まりやすくなるので、お家でのセルフケアも重要になります。フルーティーな香りがするフロスのご提案をしたり、少しでも楽しみながらセルフケアに取り組むことができるように工夫しています。最近では子どもたちも、多く来院してくれてます。うちでは検診や治療の最後に、ご褒美としてカプセルトイができるんですが、それを楽しみにやって来る子もいます。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~、インプラント治療/30万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細