奥沢歯科医院

奥沢歯科医院

山田晃久 院長

頼れるドクター

12028 df 1 main 1439175295

決して叱らず、リアルな経験に基づいた治療を展開する

―こちらならではの治療としては、どのようなものがありますか。

専門的な治療や特別な治療はしていませんし、今後も行うつもりはありません。患者さん一人ひとりの症状や悩みに応じて、自分の持てる技術のすべてを注ぐだけです。ひとつ特徴を挙げるなら、「歯科医院が嫌い」「怖い」という人にとって、入りやすく通いやすい医院であるという点でしょうか。歯科医院で叱られた記憶があり、なかなか足が向かないという人は少なくありません。また同じような言い方をされたら嫌だな、という気持ちを乗り越えて来てくれた患者さんもいるということを念頭において、私は決して患者さんを叱らないようにしています。治療を終えて、「はじめて褒められました」「やっと治療のゴールが見えました」と言ってくださると、とてもうれしいですね。また、娘が生まれて自分が父親になり、一方で実父が病気で介護が必要になったので、0歳児のケアから要介護者の口腔ケアまで実体験に基づいてお話しできるようになりました。リアルな経験を土台にして治療方針をご提案できるというのは強みと言えるかもしれません。特に父の介護に関しては、口腔内のマッサージなど、歯科医としてできることを色々と試すうちに、水も飲めないところから食事がとれるまでに回復しました。介護を必要とされる方にとって、口腔内を清潔に保つことは、食べる機能や話す機能を保ち生きる意欲を増進させることにもつながります。今になってまた父から学び、学んだものを患者さんに伝えているという感じですね。

―リアルな経験に基づいたお話は、患者さんも受け入れやすいですね。

実体験があれば、患者さんの気持ちを理解しやすいですし、患者さんにも安心していただけるのではないかと思っています。以前虫歯になり、痛くて眠れない夜を過ごしました。そして、自分で治療もしました。だから、歯の痛みがどんなものなのか、それをどうすれば取り除けるのか、ということを実感として知っています。知っているからこそ患者さんに伝わる説明ができるし、苦痛の少ない治療を実現できると思うんですよね。

―患者さん一人ひとりとしっかりお話されている印象です。

大学を卒業後、最初に勤めた医院で出会った先生の影響が大きいと思います。豊かな発想に基づいた治療からも多くを学びましたが、何よりも患者さんとの会話を大切にする先生だったんですよ。勤め始めた当初は、患者さんの治療をすることはもちろん、先生の横につくことも許してもらえませんでした。患者さんとのコミュニケーションが取れていないうちから私が出て行けば、患者さんは誰だかわからない医師に身を委ねることになり、さらに緊張してしまう。だから、まずは空いた時間を使って患者さんと話すことから始めなさいと言われました。その会話の中で笑い声が聞こえるようになってきたら、横について診療のサポートをして良いという指導の仕方だったんです。つまり、患者さんとの会話が弾まない限りは、本来の仕事をすることができないわけですね。必然的に、お子さんからお年寄りまでどんな方とも会話を楽しめるようになりました。同時に、患者さんにリラックスしていただくことの重要性も学んだと思っています。当院は、3代続いている医院ならではの患者さんとの関係性もあるでしょうが、患者さんの方から気軽に色々と相談してくださいますね。60代、70代の女性の患者さんたちが、「孫にもたくさんお金を使ったから、今度は自分にお金をかけたい。歯を白くしたいわ」と言って来てくださったり(笑)。入れ歯にしたい、という必要に迫られたご相談も多いですが、ヘアサロンに行くような感覚で歯のお掃除をしに来てくださる方が多いようです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細