全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市浦和区
  4. 北浦和駅
  5. 大岩歯科医院
  6. 生活の質にも関与する質を追求した補綴治療の重要性

生活の質にも関与する
質を追求した補綴治療の重要性

大岩歯科医院

(さいたま市浦和区/北浦和駅)

最終更新日:2020/07/21

20200714 main 20200714 main
  • 保険診療
  • 自由診療

「補綴(ほてつ)治療」という言葉はあまり一般的ではないかもしれないが、義歯、入れ歯、クラウン、ブリッジなどという言葉を耳にした経験のある人や、治療を受けたことのある人は多いことだろう。何らかの原因で、歯が欠けたり、失ったりした場合、この補綴治療を受けることになるが、その選択肢は保険診療のほかに自由診療でもさまざまあり、その幅も実に多彩。歯のトラブルは些細なものでも気になりやすく、生活の質にも関わってくるだけに、治療方法を決定する際には、歯科医師とよく相談することが望ましい。長年補綴治療に関する研鑽を積み、技術を磨いてきた「大岩歯科医院」の大岩陽太郎院長に、快適な生活を送るために重要な補綴治療について聞いた。 (取材日2020年3月5日)

生活の質にも関与するからこそ、自分に適した方法を選ぶことが重要な補綴治療

Qそもそも補綴治療とはどんな治療のことをいうのですか?
A
1

▲補綴治療について、わかりやすく説明してくれる大岩院長

歯が欠けたり、虫歯や歯周病などで歯を失ったりしたときに、歯を失う前に近い咀嚼機能や口腔機能を取り戻すために行う治療のことをいいます。具体的には入れ歯やかぶせ物、ブリッジなどがそうです。しかしこれはあくまでも手段。患者さんのお口にきちんとセッティングをして、咀嚼できるようにするには私たち歯科医師が適切に処置を行う必要があります。入れ歯を入れてからうまく使いこなすためには、患者さんの努力に加え、私たちの手腕も重要なわけです。またお口の中に人工的に作って入れるものは、その患者さんにとってすべて異物。それとうまく付き合っていけるだけの患者さんの気持ちのケアも大切になってきます。

Qこちらの歯科医院での補綴治療の特徴は何でしょうか?
A
2

▲検診と自宅でのクリーニングが大切

補綴治療の基礎となるのは歯の型を採取する作業です。患者さんのお口にセットする入れ歯やかぶせ物などの補綴物は専門の歯科技工所に作ってもらいますが、歯科技工所によって専門性や特徴がありますから、当院では多くの歯科技工所からそれぞれ適した技工所を選択して依頼しています。しかしどんなに技術力の高い技工士さんでも、土台となる歯の型が間違っていると、きちんと患者さんのお口に合う補綴物は当然作れません。私たちが患者さんのお口の形を正確に写し取ることが重要なのです。当院では精度の高い歯型の採取のために、歯型を採るためのトレイや材料を工夫し、嘔吐反射のある患者さんにも対応できるよう採取方法にも配慮しています。

Q補綴治療では噛み合わせも重要なポイントだと伺いました。
A
20200330 3

▲衛生面にもしっかりと配慮されている

ここでいう噛み合わせとは、教科書的な理想の歯並びによる噛み合わせというのではなく、患者さんが気持ちよく噛める噛み合わせのこと。人工的な補綴物を使ってもこれまでどおり違和感なくお食事やおしゃべりを楽しめるようにすることが大切です。例えばかぶせ物をセットするときの接着剤。採取した歯型をもとに精密に作られたかぶせ物を装着するのですが、接着剤のごくわずかな厚みが出ます。お口の中はとても繊細でコンマ数ミリでも患者さんが違和感を感じることがありますので、そういった違和感をいかに少なくするかということにも神経を使います。また総入れ歯や部分入れ歯など数本まとまった補綴物の時は全体のバランスも重要です。

Q補綴治療はどのように行われますか?
A
20200714 4

▲さまざまな種類の入れ歯

失った歯を補完するための補綴物には、保険診療のものから自由診療のものまで、多彩な方法と種類があります。今は材料も金属やセラミック、ジルコニアなど豊富です。それぞれに特徴があり、患者さんの状況によりメリットもデメリットもあります。患者さんごとにご希望を伺った上で、考えられる治療法とメリットとデメリットをすべてお話しして、どのような補綴物を採用するか決めていただきます。選ぶのが難しい場合には、まずは保険診療で作り、入れた感覚などを確かめていただいた上で、さらにご希望がある場合には自費診療のものを作ることもあります。

Q補綴治療を受ける上で大切なことは何でしょうか?
A
20200714 5

▲納得する治療をするために患者要望も聞いていく

お口の中は、毎日毎日、熱くなったり冷たくなったり、乾いたり湿ったりとかなり過酷な環境にあるといえます。寝ている間に歯ぎしりをされる方もいるでしょうし、スポーツをされる方などは強く食いしばることもあるでしょう。ですからそんな環境に耐えうる質の良い補綴物を選ぶことが大切です。また補綴物は高価なものであればあるほど、一度セットしたら一生もの、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、かぶせ物などは特に、一度セットすると容易に外すことはできませんので、日頃のお手入れと定期的なメンテナンスも大切です。どんな高級時計でも定期的なメンテナンスが欠かせないのと同じですね。

ドクターからのメッセージ

大岩 陽太郎院長

当院では、歯の治療はもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや心のケアも重要視しています。院内が衛生的であること、スタッフの対応が良いこと、きちんと患者さんのご要望を伺うことは当然のことと心得て、その上でどれだけ質の高い治療をご提要できるか、心身ともに安心して治療を受けていただけるか、常に考えています。私の両親が当院を1970年に開業し、私が受け継いで間もなく10年となります。長く心地良く通っていただけるように今後も精進していきたいと思っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミッククラウン/8万円~、ジルコニアクラウン/8万円~

Access