医療法人優萠会 新海歯科医院

医療法人優萠会 新海歯科医院

新海誠院長

天然歯の保存を第一に優先
精度にこだわった根管治療

医療法人優萠会 新海歯科医院

自由診療

Main

歯科治療の基本ともいわれる根管治療。歯の根の部分を治療するもので、長く自分の歯を残すために重要な役割を担っている。「新海歯科医院」の新海誠院長は、「歯の根に膿がたまっていたり、途中で穴があいていたりする歯に対して、歯を残せる可能性が少しでもあるのなら、抜歯してインプラントを行う前に選択すべきは根管治療です。神様がくれた天然の歯に勝るものはないですから」と話す。院長はインプラント治療を専門としているが、まずは天然歯の保存を最優先したいとの考えから、精密な治療に欠かせないマイクロスコープを4台導入。加えて治療中の細菌感染予防として絶対的条件であると語るラバーダムを使用するなど、米国式の精度にこだわった治療を実践している。その詳細や重要性について解説してもらった。 (取材日2018年9月7日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

そもそも根管治療とはどのような治療なのですか?

歯の根には根管という細い管があり、その中には歯髄と呼ばれる歯の神経が通っています。虫歯の進行や歯の亀裂によって歯髄が侵され、炎症や感染が起きた際、その歯髄を取り除いて根管内をきれいにし、再び細菌感染が起きないよう根の中に詰め物をすることを根管治療といいます。根管治療を成功させ、再発の可能性を最小限に抑えるためには、最初の根管治療をより精密に行う必要があります。そのためには、唾液による細菌感染を防ぐラバーダム、そして根管内を詳細に見る歯科用マイクロスコープの使用が絶対条件だと私は考えています。そしてもちろん高い技術力をもとに、正しいルールにのっとって丁寧に治療行うことが求められます。

根管治療においてこちらのクリニックの強みはどんなことですか?

当院では今お話ししたラバーダム、歯科用マイクロスコープを使用して精密な根管治療を行っています。また、院内には高温洗浄消毒器や欧州の厳しい基準をクリアしたクラスB滅菌器も設置し、徹底した感染予防対策をとっています。私はインプラント治療が専門で、インプラントの劣化を防ぐ光機能化装置なども取りそろえていますが、少しでも天然の歯を残せる可能性があるならば、天然歯の保存が第一と考え根管治療に取り組んでいます。当院の根管治療は自費診療になりますが、より精密でより正確な、レベルの高い治療をめざしています。歯の保存に関しては担当歯科衛生士制をとっており、各担当の歯科衛生士が歯周病の予防や管理を行っています。

抜歯やインプラントをしなくても済むのですね。

すでに完全に歯が欠損している場合は、インプラントがベストチョイスだと思いますが、まだ歯が残っている、もしくは歯を残したいという場合には、天然歯の保存という観点から根管治療が第一の選択肢です。患者さんも、自分の歯を残したいとお考えの方が多いと思います。天然歯の重要性をさらにお話ししますと、歯を支える歯槽骨と歯の間には歯根膜と呼ばれる薄い膜があり、センサーの役割を果たしています。例えば物を噛んだ時の硬さや感触を脳に伝える働きがあり、それによって噛む力や噛み方を臨機応変に変えることができ、うまく咀嚼ができるのです。パリッ、カリッといったような食感を楽しめるのも、歯根膜のおかげなのです。

検診・治療START!ステップで紹介します

精密な検査によって診査・診断

精密根管治療を成功させるためには、まず、綿密な検査による診査・診断が最も重要。口腔内の詳細なチェックをした後、歯科用3DCT、エックス線撮影によって、歯根の状態や顔、顎の骨の状態を把握。さらに歯の神経にどの程度生活反応があるかどうかを念入りに検査する。根管治療というと神経をすべて取るイメージが先行するが、先進の治療では神経をいかに残すか、どこまで取らずに済ませるかが重要課題となっている。

虫歯を除去し、ラバーダム装着のための隔壁を作る

虫歯となっている部分をすべて除去する。虫歯は表面からは見えない内側に隠れていることも多く、それらもしっかり除去することが重要だ。虫歯が完璧に取り除けたら、ラバーダムを装着していく。この際、ラバーダムが直接装着できない、欠けている歯がある場合は、ラバーダムをかけるための隔壁、人工的な壁のようなものをレジンで歯の周りに作る。ラバーダムは、治療中の歯への唾液の混入を防ぎ、無菌状態で治療を行うために使う。

細菌感染した歯髄を除去して根管をきれいにする

歯科用マイクロスコープで根管の中を見ながら、細菌で変質した歯髄を除去する。根管は、湾曲や狭窄が激しく複雑な形状をしている上、太さや長さも人によって異なる。新海院長は柔軟性の高いニッケルチタンファイルと呼ばれる治療器具を5~8種類以上、根管の状態に合わせて使い分けながら除去作業を行っていく。緻密な作業を正確に行うためにマイクロスコープは欠かせないのだそう。

根管がきれいになったら根管先端部にセメントを充填

患者自身の免疫力で対抗できるレベルまで内部がきれいになったら、根管の先端部にセメント充填する。同院では、殺菌作用や閉鎖性が強く、細菌の再侵入を防ぐ働きがあり、また生体との親和性の強いMTAセメントを使用して充填していく。根管治療にかかる時間は、同院の場合1回約1~1.5時間ほど。治療回数は3~4回が目安。

かぶせ物のための土台を作る

根管にセメントを充填したら、かぶせ物のための土台を歯の内部に作る。同院ではコンポジットレジンを用いているが、固まる過程で収縮する性質があり、それを防ぐため複数回にわたって少しずつ構築する手法をとっている。さらにかぶせ物の治療を行う際には、セラミックなど、患者の歯と適合性の高い素材を使用して治療を行っている。

料金の目安

根管治療/前歯7万円、奥歯13万円(税別)

ドクターからのメッセージ

新海 誠院長

根管治療でまず重要なのは、精密な診査・診断にもとづく治療、そして細菌感染予防のためにはマイクロスコープとラバーダムの使用です。もしも少しでも自分の歯を残したいと思っているなら、決して諦めずに、ぜひ一度相談に来てください。根管治療は最初の治療が重要です。若い頃はなかなかわからないかもしれませんが、将来、高齢になった時に後悔することがないよう、歯の治療方法の選択には留意していただきたいですね。当院ではセカンドオピニオンも行っていますので、何か気になる、不安を感じている方はお気軽にご来院ください。口腔内は実際に目で見て診察しないとまったくわかりませんから、直接来院していただけるとスムーズですよ。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細