全国のドクター8,840人の想いを取材
クリニック・病院 160,944件の情報を掲載(2022年1月17日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 越谷市
  4. 越谷駅
  5. 医療法人社団徳昌会 パラシオン歯科医院
  6. 小山 安徳 先生

小山 安徳 先生の独自取材記事

パラシオン歯科医院

(越谷市/越谷駅)

最終更新日:2021/11/15

20211112 119019 top

越谷駅から車で5分の場所にある「医療法人社団徳昌会 パラシオン歯科医院」。近隣住民を中心に常に予約で混み合っており、多くの患者が月に1回しか通院できないほどだ。同院で診療医長を務める小山安徳先生は、父親から引き継いだ2代目として歯や口のあらゆる悩みに対応している。同フロア内にはメンテナンス専用ルームも完備。マイクロスコープやCAD/CAMシステムなど先進の医療機器も備え、丁寧に治療を行う診療スタイルだ。麻酔注射の打ち方にも工夫を凝らしている。メンバーの労働環境にも目を向け、「歯科医院として努めると同時に、働きやすい環境づくりに取り組むのも私の役目」と語る小山先生に、同院の診療内容や院内設備、また今後の展望について話を聞いた。

(取材日2021年10月26日)

院外まで広がるチームワークの良さで上質な医療を

こちらではどのような診療が受けられるのでしょうか?

1

虫歯や歯周病の治療といった一般歯科診療の他、インプラント治療・審美歯科・ホワイトニング・小児歯科・訪問歯科など、幅広い診療内容に対応しています。インプラント治療では、国内製の1ピース型のインプラントを使用しています。これにより細菌感染リスクを抑えることが期待できるほか、短時間で手術が終わるのが利点です。審美歯科では、見た目の美しさはもちろん、バランスや機能性など、お口全体を考えた診療を進めています。歯周病治療は患者さまと歯科衛生士の信頼関係がとても大切。まず正確な診断のために検査をしっかり行い、検査結果をもとに担当の歯科衛生士と歯科医師で診療方針を決めて、患者さまにもしっかりと説明をして納得していただいた上で治療しています。

院内設備についてご紹介ください。

ユニット4台のメインルームと、同フロア内にユニット2台のメンテナンス専用ルームがあります。治療部分を高倍率で拡大して観察できるマイクロスコープ、白い詰め物・かぶせ物を短時間に作製できるCAD/CAMシステム、データで歯の色調を把握する測定器、歯にフッ素を浸透させる際に用いるイオン導入器を備えています。衛生管理ではヨーロッパ基準で厳しい基準値をクリアした滅菌器を使い、すべての治療器具の滅菌を行っています。またアプリ診察券を導入しており、初診の患者さまには問診をウェブにて行い、再診の患者さまは顔認証でのチェックインを行うことで、狭い待合室でもできる限り接触機会を減らすことを実現しています。

チーム医療に力を入れていると伺いました。

2

質の高い歯科診療を行うためには、チームワークが欠かせません。当院には常勤・非常勤を含めて、計15人ほどのメンバーが勤務しています。時には社内イベントを楽しみながら、風通しの良い和気あいあいとした環境で、皆でより良い歯科医院づくりに取り組んでいます。医療の現場において「診断」についてはトップダウンの指示系統が必要です。しかし仕組みづくりや提案の場合、歯科医師の独断で進めるのではなく、チーム全体で意見を出し合うほうが良い結果に結びつくことが多いんですよ。また院内のメンバーにとどまらず、歯科技工士さんや歯科の材料屋さん、各種メーカーとの連携もしっかり取りながら、院外まで広がるチーム医療を実践しています。

患者の話に耳を傾け、要望を的確に捉える

どのような方が通われているのでしょうか?

3

このエリアの患者さまは口腔内への関心が高く、治療について詳しく説明してほしいと求められる方が多いように思います。実際、他院で満足いく説明をしてもらえなかったからと当院に来られる患者さまもいらっしゃいます。ですので、当院ではカウンセリングルームを設置して、患者さまのお話を聞くことを重要視しています。カウンセリングはトリートメントコーディネーターが行い、1時間くらい時間をかけることもあるんですよ。来院される患者さまの年齢層は35~60歳くらいまでがメインで、男女比は女性のほうが多いですね。ニーズが高いのはインプラント治療・審美歯科・歯周病治療で、初診の患者さまはホームページからウェブ予約が可能です。当院では「患者さまの声」を紙で残しているのですが、この10年間で400枚近くにもなりました。これは私の宝です。院内で読むことができますので、ご来院の際はぜひご覧ください。

心に残る患者とのエピソードはありますか?

お一人お一人が大切な患者さまなので特定の方はいませんが、患者さまからの「来てよかった」「先生に会えてよかった」「スタッフに会えてよかった」という言葉が心に残っていますね。「患者さまの声」に「一生通いたい」と書いてくださる方もいらっしゃいます。それがメンバーのやる気につながっていますし、私もたいへんうれしく高いモチベーションを維持できている大きな要因になっています。毎日、歯科医師として自分にできることをして、それが患者さまのプラスになっているということを実感できているので、大きな励みになっています。ただ逆に残念なのは、基本的に予約を月に1度しか取って差し上げられないことです。私の立場では毎回1ヵ月待っていただいた患者さまを前にするので、しっかり要望に応えていかなければと奮い立ちますが、患者さまにはご不便をおかけしています。

診療の際に心がけていることを教えてください。

4

何よりも患者さまとのコミュニケーションを大切に考えています。私を含めメンバーは話す能力ではなくて「聞く力・能力」が求められます。というのは、まず何よりも患者さまが何を求めていらっしゃるかを正確に把握できないと、納得して治療を受けていただくことができないからです。専用のカウンセリングルームを完備しているのもそのためです。日頃からメンバーに伝えていますが、「説得して治療しても仕方ない。納得して協力体制をつくり一緒に治療していただかないといけない」と話しています。患者さまの協力を得た上で、お口の状態を良い方向にもっていくよう尽力しています。そのためにも、まずは患者さまの言葉にしっかりと耳を傾けています。

今後の課題は「訪問診療」と「働きやすい環境づくり」

治療の際に工夫していることを教えてください。

5

患者さまの負担を少しでも軽くするため、可能な限り痛みの少ない治療を行っています。まずは患者さまにリラックスしていただき、人肌に温めた麻酔液、極細針の使用、麻酔に精通する先生から直接ご指導を受けた方法でゆっくりと注入して、極力痛みのないようにしています。また、審美歯科や根管治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、精度の高さにこだわった治療を実践しています。また、ホワイトニングではきちんと測色器を利用しています。これは歯の色調を感覚で把握するのではなく、白さの段階を数字で確認できるもので、患者さまとの認識のずれをなくすことが期待できます。

積極的に情報発信をしていらっしゃいますね。

2013年から続けているホームページのブログに加え、最近ではSNSの企業アカウントで情報を発信しています。治療に関する情報だけではなく、私の誕生日パーティーの様子を動画にしたりと、ちょっとした遊び心も加えています。昨年からはプレスリリースも発信しているんですよ。「歯磨き」「予防歯科」などのテーマに沿って調査を行い、統計をまとめたものです。「全国の皆さんはこのような意識をお持ちなのか」と、プレスリリースをきっかけに歯科に興味を持ってもらえたらうれしいですね。

最後に今後の展望をお聞かせください。

6

今後は訪問診療にも力を入れていきたいですね。年齢を重ねられ通院が困難になった後、例えばインプラントを入れていた場合、ご自身でのケアは難しくなります。またご家族がインプラント治療のことを知らなかった場合、トラブルの原因にもなってしまいます。近隣地域に限られてしまいますが、当院に通ってくださっていた患者さまには、通院困難となった後もできるだけ力になりたいのです。また、歯科医院としてできる範囲のことを着実に行うと同時に、働きやすい環境づくりにも取り組むのが私の役目です。メンバーが明るい表情で働ければ、院内は良い雰囲気になるでしょう。そうすれば患者さまも通いやすくなり、歯の健康にもつながります。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療(1歯)/38万5000円~、セラミックを用いた補綴治療/4万円~、オフィスホワイトニング/4万4000円~

Access