全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)

医療法人社団TEIS 中沢歯科医院

医療法人社団TEIS 中沢歯科医院

中沢 勝宏 院長

117260 %e4%b8%ad%e6%b2%a2%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

桜の名所として知られる錦糸公園にほど近く、にぎやかな繁華街の一角にある「中沢歯科医院」を訪ねた。院長の中沢勝宏先生は大学院時代から顎関節症の研究を手がけ、開業以来約50年にわたって効果的な治療法を追求しながら、著書やメディアを通じて広く発信し続けてきた顎関節症治療の専門家。同院には、全国各地から顎のつらい痛みに悩む患者が数多く訪れている。顎関節症の原因は歯科領域にとどまらず、心理的な要因が関連するなど難症例も少なくないといい、中沢院長は「患者さんにとっての『心の杖』となり、一日も早く痛みから解放して差し上げたい」と熱を込める。これまでの歩みや顎関節症治療の変遷、関心を寄せている研究テーマなど、インタビューで幅広く語ってもらった。
(取材日2019年10月7日)

顎関節症治療を核として、幅広い歯科診療に対応

―開業当初から顎関節症を専門に手がけてこられたのですか?

はじめはごく普通のクリニックとしてスタートしたのですが、私の顎関節症に関する研究を知っておられる患者さんや大学からの紹介などもあって、次第に全国各地から患者さんが訪れるようになりました。そうした経緯もあり、今では当院に通っている患者さんのうち、8割は以前に顎関節症を患ったことのある方。中には、沖永良部島など当院までのアクセスがかなり大変なエリアから、定期的に通ってきてくださる方もいるんですよ。遠方ですと、診療にかかる費用に加えて交通費や宿泊費もかかってしまうことになって心苦しいのですが、顎関節症が落ち着いた後も噛み合わせや口腔環境を整えるために「中沢歯科医院でなければ」と頼りにして訪ねて来ていただけるのは、一人の歯科医師として本当に光栄なこと。そうした患者さんのご期待に応えるためにも、一般歯科やインプラント、歯周病など、幅広い診療に対応できる体制を整えています。

―クリニックの特徴を教えてください。

もとは今よりもさらに錦糸町駅寄りの場所で開業していたのですが、再開発でこちらに移りました。移転を機に、それぞれの診療ブースを仕切って半個室状態にし、患者さんのプライバシーを確保しました。滅菌などの衛生面も徹底し、治療の際に使う水はすべて精製水を使用しています。完全予約制でほかの患者さんと顔を合わせる機会もほとんどありませんし、初診時には最低1時間はカウンセリングの時間を取って、じっくりとお話を伺います。また、このビル内の一つ下の階に研究所を併設しています。そちらは治療に関する研究をしたり、技工所として使用したりするほか、後進の歯科医師を育成するためのセミナーなどにも利用しています。

―この50年の間に、顎関節症の治療はどのように変わりましたか?

かつては顎関節症の原因は噛み合わせにあるとされ、健康な歯を削ることで余計に噛み合わせを悪くしてしまうような間違った治療法が横行していました。もちろん歯を削ることが顎関節症治療に有用なケースもありますが、それはあくまで症状に対する正しい分析を踏まえることが大前提。顎関節症の原因は顎周辺の骨や関節、筋肉の障害に加えて心理的要因なども挙げられますから、症状の現れ方も実に多様で、専門の歯科医師による正確な診断が欠かせません。今では正しい診断さえつけば、ストレッチや生活習慣の改善などのセルフケアで、比較的早期に改善につながるケースも多くあります。噛みしめや歯ぎしりなどの癖によって無意識に顎に負担をかけてしまっている場合は、夜間就寝時、マウスピースを使って対応していきます。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/1本50万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/5万円~、治療用マウスピース/3万円~、顎関節症治療/初診2万5000円~



Access