全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,917件の情報を掲載(2021年5月19日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 藤沢駅
  5. 藤沢歯科ペリオ・インプラントセンター
  6. 雨宮 啓 院長

雨宮 啓 院長の独自取材記事

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンター

(藤沢市/藤沢駅)

最終更新日:2021/03/19

116528 top

藤沢駅南口から徒歩1分のビルにあるのが、「藤沢歯科ペリオ・インプラントセンター」だ。歯周病治療とインプラント治療、静脈内鎮静法下での歯科治療を3本柱に歯科診療に取り組んでいる同院の雨宮啓院長は、大学院で歯科麻酔学を研究し博士号を取得したのち、インプラントを専門とするクリニックで研鑽を積み、さらには日本歯周病学会歯周病専門医の資格も持つ歯科医師。同院でも、その高い専門性を生かした歯科診療を実践している。「患者さんやスタッフから、歯科医師として育てられているなと感じています」とやわらかい物腰と気さくな語り口で話す雨宮院長に、同院のことについて話を聞いた。
(取材日2020年11月11日)

歯周病治療とインプラント治療、歯科麻酔に力を入れる

こちらのクリニックの特徴を教えてください。

1

当院の特徴は3つあります。まず最初に、私をはじめ常勤の歯科医師全員が日本歯周病学会歯周病専門医であり、歯磨きの時に出血する軽度な症状から、歯磨きだけでは対処しきれない進行性の歯周病の治療に対応していること。加えて、私も含めてインプラント治療も専門とする歯科医師がいますので、その両方で専門性が高い治療が行えます。2つ目は、私は大学院で歯科麻酔学を研究し博士号も取得するなど歯科麻酔も専門としてきており、歯科恐怖症の患者さんなどに静脈内鎮静法下で歯科治療が行えること。3つ目は、自分の歯を長く持たせるためにはメンテナンスが大切ですが、当院ではメンテナンス専用のフロアを用意して、歯周病ケアを学んだ歯科衛生士による専門的なメンテナンスを提供していることです。

力を入れていることは何ですか?

まず、静脈内鎮静法下で行う治療です。恐怖心が強く歯科治療が受けられない歯科恐怖症の方や痛みに極端に弱い方、奥歯の治療や歯型を採る時に吐き気をもよおしてしまう嘔吐反射の強い方などに対し、治療前に点滴を取り、そこから麻酔薬を投与することで、ほとんど眠ったような状態にしてから歯科治療を行うのです。それにより、怖さや痛みなどをほとんど感じることなく、リラックスしながら治療が受けられるようにしています。実際に当院には、これまで長年、歯科治療が怖くて受けられなかったという方も多くいらっしゃっていて、皆さん静脈内鎮静法による治療を受けています。また、高血圧などの基礎疾患がある方も静脈内鎮静法下で治療を行えば、より安全に配慮することができますし、当院ではインプラント治療などの外科的処置を行う際にも静脈内鎮静法を採用しています。

静脈内鎮静法に対応しているクリニックは、多くないですよね?

2

歯科恐怖症の方は多くいらっしゃる一方で、歯科麻酔を専門とする歯科医師の多くは大学病院で診療していて、クリニックで静脈内鎮静法に対応しているところは少ないのが現実といえるでしょう。神奈川県下でも数件あるかどうかだと思います。また、現在の日本の法律では、歯科医師であれば誰でも静脈内鎮静法が行えますが、例えば、麻酔の量を間違えると非常に危険なことになりますから、やはりきちんとしたトレーニングを受けた歯科医師が行う必要があります。そして、これまで歯科麻酔を専門とする歯科医師を患者さんが探す方法がなかったのですが、私が立ち上げた歯科麻酔を専門とする歯科医師のスタディーグループ「CDAC」ではそういった情報も提供していますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

良い歯科衛生士を見つけてパートナーにしてほしい

歯周病治療についても教えていただけますか?

3

最近は、成人の多くが歯周病であるということの認識が、かなり広がってきて、当院のように歯周病を専門とする歯科医師の治療を受けたいという患者さんも増えてきていると感じます。そのような中で私は、歯周病の治療はもちろんですが、きちんと治したあとに予防をしていくことがとても大切だと考えていて、そのためには歯科衛生士の存在は重要です。歯周病には、大きく口の中の歯周病菌の量と噛み合わせのバランス、そして体の免疫の3つが関連しているのですが、当院には、歯周病ケアを専門的に学んだ歯科衛生士がいて、それらのことも考えながらメンテナンスを行っています。歯を長く持たせるには、良い歯科衛生士を見つけて、自分のパートナーにすることが大切ですが、当院が患者さんと歯科衛生士をつなげる良い場になれば良いなと考えていますし、そういうことがしっかりできる歯科衛生士の育成にも力を入れていきたいと考えています。

インプラント治療も先生のご専門の一つだそうですね。

私は、東京歯科大学歯学部を卒業後に同大学大学院歯科麻酔学講座に進み博士号を取り、修了後はそこで3年間研究をお手伝いした白鳥清人先生が新しく開業された歯科医院で勤務しました。白鳥先生は、インプラント治療に精通していて、そのクリニックも年間に数多くのインプラント治療をする大規模なクリニックです。私はそこに6年間勤め、インプラント治療はもちろん、歯科医療のさまざまなことを学ばせていただきました。白鳥先生はまさに私のメンターですね。

今後はどのような歯科医院にしていきたいとお考えですか?

4

例えば地域の商店街のお寿司屋さんは、どんどん減り、その役割はロードサイドの回転寿司店に取って代わられています。しかし、本当においしいところは残っているのではないでしょうか。このように二極化しているのは、お寿司屋さんに限らずどこの業界でも一緒で、世の中の流れだと思うんです。でも私は、そういう意味では多店舗展開とか規模を大きくしたり、平均的な歯科医療を提供するのではなく、品質と専門性を担保しつつ、少し自由度も持ちながらやっていきたいと考えています。それと同時に、それぞれの専門分野において、絶えず研鑽を積んでいきたいと思っています。また、私が白鳥先生と出会ったときの年齢を考えると今度は私が皆さんからいただいた恩を後輩に渡す時期が来ていますので、後進の育成にも力を入れていきたいですね。

普通の歯科医院では治療が難しい人にも頼られるように

先生は、なぜ歯科医師を志したのですか?

5

私は3歳から藤沢市に住んでいて、今もずっとこちらで生活しています。このクリニックは、父が開業したクリニックを移転した時に私が院長として引き継ぎました。歯科医師になったきっかけは、父の背中を見ていたことが大きく影響していると思っています。中学生の時に顎関節症になった私を父が治療してくれて、「こういう治療もできるのか」と感動したことも医療の道に進みたいと考える大きなきっかけとなりました。父の母校である東京歯科大学に憧れたというのも理由の一つです。

どのようにリフレッシュしていますか?

つい最近までは、スタディーグループのことや歯科医師会の活動、講演などが忙しく、休日や夜はほとんど東京に行って、家にいる時間が本当に少なかったのですが、今年の新型コロナウイルス感染症の流行で、それらの仕事がだいぶ少なくなりました。もちろん負の側面が大きいのですが、そのおかげで、家族との時間が取れるようになって、子どもとの会話も増えるなど、日常生活の楽しさや家族の大切さを再認識して、本当に良かったなと思っています。それに、患者さんに治療をするのにも、ある程度の心のゆとりがないといけないなと思うようになりましたね。

最後にメッセージをお願いします。

6

私が良いと思った治療でも、駄目な時は駄目ですし、患者さんがこうしたいと言って、厳しいなと思っていてもうまくいくこともあるなど、患者さんから学ばせてもらうことは多いなと思っています。そして現在、歯科医院はたくさんあります。しかし、日本には多くの歯科恐怖症の方がいらっしゃり、これらの方が普通の歯科医院に行ってしまうと患者さんと歯科医師の両方がつらい思いをするのではないでしょうか。また、歯周病についても、歯磨きだけでは十分でない進行型の歯周病の方が一定数いらっしゃり、それらの方は歯周病を専門とする歯科医師でないと治療するのが難しいのが現実だと思います。当院は、そういう方々にも選ばれる、あそこに行けばなんとかしてくれると思ってもらえる歯科医院でありたいと考えています。もちろん、それ以外の方も、口の中に何か問題があるのなら、当院に気軽に相談していただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/55万円~、矯正治療/88万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/104万5000円~、審美歯科(オールセラミックスクラウン)/16万5000円~、静脈内鎮静法/5万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access