全国のドクター8,463人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月21日現在)

歯科サンセール

田ヶ原 昭弘 院長

111568

伏見駅から徒歩1分。オフィスビルの8階にある「歯科サンセール」に、歯科治療に対して高い意識を持つ患者層の要求に、20年以上にわたり応え続ける田ヶ原昭弘院長がいる。近隣はもちろん、遠方からも患者が訪れるのは、豊富な経験と各分野に精通する確かな技術力に加えて何事においても患者目線に徹する姿勢が、多くの信頼を集めた結果だろう。取材に訪れた日は雨が降っていたのだが、受付には濡れた人のためにタオルが用意されるなど、細やかな気配りも行き届いている。「技術とおもてなしの心」を車の両輪に例え、どちらが欠けても良い医療はできないと語る田ヶ原院長にたっぷり話をしてもらった。
(取材日2016年9月13日)

自身の経験から患者本位の治療に徹する

―歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

子どもの頃、歯が悪かったんです。学校の検診で毎年引っかかって歯科医院に通っていました。治療も本当に痛くてつらかった思い出ばかりです。今思えば、神経を抜く時にきちんと麻酔が効いてなかったんだと思います。それで、治療の途中で行かなくなって、歯はぼろぼろに。噛み合わせも狂って、姿勢にも影響が出てと悪循環。知識がなく、予防法も知らなかったため、本当に苦労しました。僕みたいな経験をする人がいなくなればと思って歯科医師をめざしました。そのため、今も自分が患者だった時のことを考えて治療にあたっています。麻酔をする時も痛みを感じさせないように心がけたり。今日、たまたま高校の同級生の歯科医師が治療に来たのですが、いつ麻酔をした? と聞いていましたよ(笑)。細かいことですが、唇の引っぱり方、器具の使い方ひとつでも丁寧か荒っぽいかは分かるものです。患者さんの肌に触れることなので気をつけています。

―開院にあたり、内装などでこだわった点はありますか?

患者さんに少しでもリラックスしていただきたいので、内装に木目を取り入れて、ホテルのロビーのような落ち着いた雰囲気にしています。診察室は、立ち上がっても隣が見えないようにプライバシーに配慮した個室タイプです。そして、別にカウンセリングルームも設けています。初診でいきなり椅子を倒されてドクターを見上げて話をするより、同じ目線の方が緊張が少ないと思いますので、まずはこのカウンセリングルームでお話を伺うことにしています。全顎的治療を望まれる方には、詳しい検査後に結果と治療計画を説明する時にも。その際は、お昼休みなど診療時間外を使い、ケアを担当する歯科衛生士も同席します。診療中ですと電話が来たり、他の患者さんの治療で席を外すこともあるので落ち着きませんよね。そして、すべての治療が終わってメンテナンスについて伝える時にもカウンセリングルームを使っています。

―クリニック名の「サンセール」とは、どういった意味ですか?

サンセールは、フランス語で「誠実」という意味です。クリニック名を考えている時に偶然テレビ番組を観て、カップラーメンが売れるのは味よりも、ネーミングという内容にひらめいたんですよ。自分の名前だと音相の観点から、濁点が入っているのが良くないようだったので、自分のポリシーを表すような言葉を使おうと思ったんです。患者さんに誠実であるためには、技術とハートが大切です。いくら優しい先生でも、腕が良くなかったら治療に行きたくないですよね。逆に、いくら技術力が高くても恐かったり、威張っているようでもだめ。おもてなしの気持ちも必要です。車の両輪のように、技術と心のケアの両立をめざしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細