全国のドクター9,191人の想いを取材
クリニック・病院 160,564件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市名東区
  4. 一社駅
  5. 医療法人愛健会 アベ歯科クリニック
  6. 藤田 和伸 院長

藤田 和伸 院長の独自取材記事

アベ歯科クリニック

(名古屋市名東区/一社駅)

最終更新日:2022/06/14

111191 top

一社駅のすぐ目の前にある「アベ歯科クリニック」はチェア数10台、スタッフ30人以上が在籍する大規模歯科クリニック。一般歯科や小児歯科、審美歯科など診療範囲は幅広く、25年以上にわたり子どもから高齢者まで地域のニーズに応えてきた。2016年から院長を務める藤田和伸先生は学生時代、空手部に所属し、現在はマリンスポーツを趣味とするアクティブ派。明るくフランクな人柄だが、一本筋の通った性格でもあり、予防歯科に強くこだわる。口元だけでなく将来の健康までも視野に入れた診療も特徴の一つだ。「歯科嫌いを減らしたい」と語る藤田院長にクリニックの特徴やコンセプトなどについて話を聞いた。

(取材日2022年5月25日)

歯科嫌いをなくすため予防歯科に注力

こちらのクリニックの特徴を教えてください。

20220609 1

できるだけ「歯を削らずに、失わないように」をコンセプトとしています。例えば、極力歯を削らないようにするために、虫歯治療は歯科用プラスチックのCRという素材をメインに使っています。即日治療が可能で1回の治療で終わることもあり、患者さんの負担が少なく済むからです。ひと昔前まで歯科業界では「5回虫歯を治療すると歯を抜くことになる」とよく言われていました。このような負のサイクルを防ぎ、良いサイクルにしてあげることを治療の基本としています。そして、治療前には患者さんに治療内容についてしっかり説明するように努めています。なぜ治療しなければいけないのか、治療によってどのようなメリットが期待できるのか、それがどのような結果につながっていくかをお話しして、納得感を持ってもらった上で治療を進めるようにしています。

特に注力されている治療は?

「歯科嫌い」の方を少なくしたいと思っていますので、まずは小児歯科ですね。大人になって虫歯や歯周病などお口のトラブルを抱えていると、心疾患や生活習慣病など全身の健康にも悪影響があります。子どもの頃に「歯科医院は怖い」という想いを抱いてしまうと、その後の人生に影響が出ますので、当院では0~7歳までを対象に楽しみながら虫歯を予防し、知識をつける「歯ピカクラブ」というものを設置しています。「上手に歯磨きできた」など、課題をクリアしたらスタンプを押していきます。子どもさん本人のやる気や頑張る気持ちを掘り起こしたいという意図があり、「歯科医院は楽しいところ」というイメージを持ってくれるようになるのが理想ですね。また、MFT(口腔筋機能療法)にも力を入れています。舌の位置が正しくなかったり、鼻で呼吸ができていなかったりすると、将来の歯並びや噛み合わせにも影響するので、積極的に取り入れています。

キッズルームなど施設も充実していますね。

2

親御さんの治療の際は集中できるようにキッズルームはあえて完全個室にしています。保育士の資格を持つスタッフが常駐し、責任を持って子どもさんをお世話しますので安心して受診いただけると思います。当院は歯科医師をはじめ多くのスタッフが子育て経験者であり、子ども好きばかりです。DVDや絵本、おもちゃなどもたくさんあるので、楽しんでいる子どもさんも多いです。また、安心して来院いただけるようにチェア周りの水を清潔に保つ機器をはじめ4種類の滅菌システムを導入するなど感染症対策にも力を入れています。安心・安全の追求は医療の根源ですので、この先も徹底していきます。もちろん少ない被ばく線量で撮影できるデジタルエックス線撮影装置、歯科用CTなどの機器も導入しており、先進的な医療の提供にも自信を持っています。

メンテナンスをして初めて「治療」と呼べる

診療の際に心がけていることは?

3

「痛い」「怖い」歯の治療を「痛くない」「リラックス」したイメージに変えていきたいと思っています。心がけているのは患者さんの不安を少しでも減らせるよう、痛みに配慮しながら治療を行うことですね。歯科恐怖症の方や治療でストレスを受けやすい方には笑気麻酔も使用することもあります。痛みには精神面も大きく関わりますので、コミュニケーションをしっかり取ることも大切にしています。患者さんがどんな治療を求めているのかを把握するために、お1人30分は時間をとってお話をして、その間はほかの患者さんとのかけ持ちはしません。そして「なんとなく良さそうだから」といったフィーリングではなく、エビデンスやデータに基づいた治療にもこだわっています。自分が患者さんだったら受けたい治療を常に心がけています。

患者さんとはどのようなお話をしていますか?

患者さんにはメンテナンスの重要性をお伝えしています。お口のトラブルには治療が必要ですが、「治療」は削ったりかぶせたりして終了するものではありません。削ったりかぶせたりするのは「修理」のようなもので、その修理の後の長期的なメンテナンスを含めたものが「治療」なんです。髪の毛や爪は切っても生えますし、傷も回復しますが、歯は一度失ったら、決して元には戻りません。そして、かぶせ物などの人工物も一生壊れないものはありません。「せっかく治療したのなら、メンテナンスをして大事にしましょう」とお伝えしています。生涯健康に暮らしていくためには、予防歯科についての正しい知識が必要ですからね。

予防歯科へのこだわりが強いのですね。

4

歯科医師になった当初、勤めていたクリニックでは噛み合わせやかぶせ物に力を入れていました。私も勉強させていただき、今も得意とする分野ですが、そもそも歯が悪くなる前の段階、つまり子どもの歯科医療を知りたいと思い、小児歯科を専門とするクリニックでも経験を積ませていただきました。しかし、当時の小児歯科は主に虫歯治療がメインで、治療後はフッ素でコーティングして終わり。当時の状況に疑問を感じ、予防歯科の重要性を再認識しましたね。予防というのは、これまで日本の歯科医療に不足していた部分ですので、啓発活動をしっかりしていきたいと思っています。

歯科医師として喜びを感じる時は?

「歯科嫌い」を減らすという想いで日々診療していますので、来院時に不安そうな顔をしていた患者さんが、笑顔で帰っていく姿を見られるとうれしいですね。「頑張った!」という気持ちを患者さんと共有できるのが喜びですし、「今度も来るね」と言われたら歯科医師冥利に尽きます。当院の壁に飾っているアイロンビーズの作品は小学校の頃から10年以上通ってくれている患者さんが作ってくれたものです。この先もこのような関係性を患者さんと築いていきたいですね。

家族で通える「楽しい歯科医院」をめざす

スタッフ教育などで気をつけていることは?

20220609 5

スタッフに兼務はなく、完全に役割分担しているのが当院の特徴です。各自、本業に専念し、存分にパフォーマンスを発揮してくれているので、私は特に何もしていません(笑)。反対に私の至らない点をフォローし、支えてくれるスタッフばかりです。みんな能動的に動いてくれて、クリニックを良くするための提案を自発的にくれるので、私としてはできる限り、各自やりたいことができる環境を整えたいです。スタッフにはただただ感謝しかありませんね。

クリニックの今後の展望についてお聞かせください。

お口のトラブルが生じてから来るのではなく、大切な歯が悪くならないように予防歯科の正しい知識を地域に提供していきたいですね。私が当院に勤めて約10年になりました。当初は子どもだった患者さんがお父さん、お母さんになられた方もいらっしゃいます。その親御さんが子どもを連れて、また来てくださることも多くなってきました。このように2世代、3世代と家族ぐるみでお付き合いさせていただくのが私の夢です。

読者にメッセージをお願いします。

6

「楽しく来院できる歯科医院」を、めざしています。歯科で嫌な想いをしたというお子さんや、歯科恐怖症などによって怖くて治療できないという成人患者さんも大勢診てきました。当院はそのような方にも安心して通っていただけるように、治療前のカウンセリングやリラックスできる空間など、工夫を凝らした診療を提供しています。また若い頃は健康をあまり気にすることはないかもしれませんが、加齢とともに何かしらのトラブルが出てきます。全身はつながっていますので、生涯生き生きと過ごすためには、健康の入り口となる歯のトラブルを予防することが重要です。少しでも口元に気になることがあれば早めの受診をお勧めします。当院は決して敷居が高いクリニックではありませんので、どうぞ気軽にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/2万2000円~、マウスガード作製/8000円程度

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access