医療法人歯科ハミール 歯科ドクターHa

医療法人歯科ハミール 歯科ドクターHa

堀田 宏司分院長

110686         a

住吉町駅から歩いて5分ほどの場所にある「歯科ドクターHa」。線路を挟んだ向かい側に位置する「医療法人 歯科ハミール」の分院として、2009年に開院した。虫歯や歯周病の治療をはじめ、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニングなど幅広いニーズに対応。「すべての患者に同水準の治療を提供する」という本院の思いを受け継ぎ、障がい者向け歯科診療や訪問診療にも力を入れる。堀田宏司分院長は、誰もが楽しく治療を受けられるクリニックをめざし、歯科医院への苦手意識を持つ患者に向けたさまざまな取り組みを実践。その優しい心配りと人柄に惹かれる患者は多く、地域に欠かせないクリニックとして多くの信頼を集めている。診療への心構えや、地域における口腔ケアの重要性など、広く話を聞いた。
(取材日2017年3月10日)

身近なクリニックをめざし、患者との関係性構築に尽力

―診療の特徴を教えてください。

一般的な歯科治療はもちろんですが、定期的な口腔ケアの実践にも努めています。患者さまには「悪くなってから来院するのではなく、悪くなる前に発見し、治療する」という習慣を身に付けていただけるよう、定期検診の重要性を広く啓発しています。年齢が上がるにつれ、歯ブラシだけでは取り切れない汚れが出てきますので、歯周病予防のためにも、定期的なお掃除と検診を心がけていただきたいですね。実際、定期的なメンテナンスを実施している方は治療が必要になった時にも治療期間が短く済むんですよ。診療時の工夫としては、レントゲンなどの画像を用いて、治療前後の口腔内の様子を患者さんと一緒に比較。現状や治療の成果がわかりやすいと好評です。治療の継続につれて改善がみられると、患者さんはもちろん、こちらも笑顔になりますね。実際に、当院に来院される患者さんの4割弱は定期検診での来院なんですよ。

―独自の取り組みなどはありますか。

当院では、歯科医院に対する苦手意識をお持ちのお子さん対象に、月1回医院を無料開放する「888(ハハハ)の会」を開催しています。これはお子さんがクリニックに慣れていただくことを目的としたもので、治療は一切せず、待合室で絵本を読んだり、歯科ユニットに座っておしゃべりしたりしたりして、通院への安心感を育みます。何回か参加していただいたご家族からは、「子どもが通院を楽しむようになった」という、うれしいお声も。障がいをお持ちの患者さんにとっても、環境に慣れるということは非常に重要で、時には治療まで2、3ヵ月かけて事前準備を行うケースもあります。時間はかかりますが、患者さんとクリニックの信頼関係は、満足度の高い治療に必要なこと。治療への要望などを引き出す意味でも、継続したい取り組みですね。

―本院との密な連携も特徴の一つですね。

インプラントや外科分野などの難しい症例については、本院と協力して治療を行っています。また、あちらで待ち時間が長くなりそうだと判断した場合は当院に来ていただくこともありますね。合同医局会や社内SNSを活用した情報共有を常に行っていますので、治療の移行はとてもスムーズです。患者さんが移動する際には、本院での治療がどのように行われるのかを説明したり、地図をお渡ししたりと、できる限り移動の不安を減らせるよう配慮していますのでご安心ください。本院とは歩いて数分という利便性もあり、互いに補い合える良い関係性が構築できています。

記事更新日:2017/04/11


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細