医療法人 歯科ハミール

赤崎 知彦理事長

110685

「医療法人 歯科ハミール」は、1991年の開業以来、一般歯科の提供と、障害者向け歯科診療、および通院困難者や高齢者のための訪問診療に取り組んできた。「健常者や障害者、寝たきり等を問わず、すべての患者さまに同水準の歯科医療を届けたい」と語るのは、優しい笑顔が印象的な赤崎知彦理事長。診療科目においても歯科、小児歯科、口腔外科といった幅広いニーズに対応。子連れ患者にも配慮し、院内に保育士常駐の託児室を設置するなど、こまかな心配りが温かい。地域の歯科医療を牽引すべく、常に努力を続ける赤崎理事長に診療への思いを聞いた。
(取材日2017年3月10日)

専門性の高いケアで地域の障害者向け歯科診療を牽引

―患者層について教えてください。

25年以上にわたり、当地域における障害者向けの歯科診療と訪問治療の活動を続けてまいりました。おかげさまで周辺住民の皆さまはもちろんのこと、北海道などの遠方からわざわざ来院してくださる患者さまもおり、うれしい限りです。割合としては、障害者の方が全体の約10%を占めており、ニーズの高さを実感しますね。残りの約90%は、小さなお子さんから高齢者の方まで、年齢層も性別もさまざまです。中には「娘から治療の内容を聞いて、良さそうだったから」など、ご家族間でクチコミを広めていただき、一家で通ってくださるケースもあります。また、当時5歳だった女の子が今ではお母さんになってお子さんを連れ通ってくださるのを目の前にすると、地域医療への責任感とやりがいを感じます。

―障害者向け歯科診療と訪問診療、2本の柱が大きな特徴ですね。

障害者向け歯科診療と同様、開業以前から力を入れたいと思っていた分野が訪問歯科診療です。レントゲン検査を含め、歯を削ったり型をとったりなど、当院の診療室で行う治療と遜色ない治療がご自宅で可能です。治療の場合はドクターとスタッフの2人で訪問し、歯磨き指導やケアのお手伝いの場合は歯科衛生士が単独でお伺いします。半田市内全域、および周辺を該当地域としていますので、ハミールでは専門の車で訪問します。患者さまにたいへん喜ばれている訪問歯科診療ですが、一方で実は私たちスタッフにとってもメリットがあるのです。訪問先で体を動かせない患者さまとのコミュニケーションや、院内とは違う診療で技術を学べることなど、院内にいるだけでは学べなかった知識や技術をたくさん身に付けることができます。また、移動中に景色を眺めたり、スタッフ同士の会話がリフレッシュの時間にもなっています。

―幅広い領域の診療には、スタッフの体制も重要かと思います。

ドクターはもちろん、歯科衛生士や歯科助手などのスタッフが得意分野を発揮し、連携しながら患者さまのケアにあたっています。スタッフに伝えているのは、「自分の力を最大限に発揮するのはもちろんだけど、自分ができないことを他人に委ねるのも大切」ということ。無理に一人でやろうとしては、考えや技術が足りなくなる場面も出てくるでしょう。われわれの目的は、あくまでも「患者さんにとって、最善の治療を提供すること」。それを実現するには、人に任せたり、何人かで協力したりと、柔軟な対応が必要です。幸いにもスタッフ全員、チームワークを生かして協力してくれています。スタッフが企画・立案している院内イベントもあるんですよ。私は後押しをしただけで、見ているこちらも勉強させてもらっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細