全国のドクター8,940人の想いを取材
クリニック・病院 160,866件の情報を掲載(2021年7月24日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 半田市
  4. 知多半田駅
  5. 静間歯科医院
  6. 静間 祐一郎 院長

静間 祐一郎 院長の独自取材記事

静間歯科医院

(半田市/知多半田駅)

最終更新日:2019/08/28

110676

知多半田駅から徒歩10分の「静間歯科医院」は、にぎやかな国道から少し奥に入った静かな住宅街の一角にある。白を基調にダークブラウンの木目がアクセントの院内は、清潔感があり、どこか落ち着ける雰囲気。院長の静間祐一郎先生は、ここ半田市で生まれ育ち、大学卒業後は東京で矯正専門クリニックや一般歯科で研鑽を積み、2000年に父の後を継ぎ開業。明るくハキハキとした語り口で、爽やかな笑顔に好感が持てる。同院を訪れる患者の約半数は19歳未満であり、子どもとその親を中心に若いファミリー層の患者を中心に人気のクリニックだ。患者同士のクチコミや紹介による来院は、実に9割以上にのぼる。今回は、静間院長が開業に至った経緯や診療にかける思い、矯正治療のメリットについて、たっぷりと聞いた。
(取材日2017年6月7日)

未来ある子どもたちの歯の健康を支えていきたい

この地で開業を決意した理由は何でしょうか?

1

東京の大学を卒業したあとは、そのまま東京の歯科医院で矯正技術を中心に研鑽を積んできました。正直なところ、当時は半田に戻らず、東京での開業を考えていたときもありましたね。そこで何に重点を置いてクリニックを開業しようかと考えたときに、未来ある子どもたちの歯の健康を支えていきたいと思い、小児矯正だと考えたんです。その頃、半田で開業医をしている父の体調が悪くなり、地域の中学校の歯科検診をする機会がありました。そこであまりにも噛み合わせが悪い子どもの多いことに愕然としました。4人に1人は歯並びが悪かったんです。もしかしたら野放しにされているのかもしれない、そんな印象を受けましたね。これからは小児矯正が必要とされる。そう思い、一念発起して地元に戻り、父の後を継いで開業しました。

お父さまの影響もあって、歯科医師になろうと思われたのでしょうか?

医師にも興味があって、審美歯科・美容整形を含めて、形成外科の医師になりたいなと思うこともあったんです。自分が治療することで、患者さんが目に見えた変化を得られ、それを喜んでもらえますからね。そういった意味では、今取り組んでいる矯正治療もそれに近しいものがありますね。最終的には歯科医師になりましたが、地域の歯科医師として活躍する父の背中を見て育ってきたことも影響していると思います。父からも母からも「歯科医師になれ」と言われたことはないのですが、自然と選んだ道なのかもしれませんね。実は祖父も歯科医師だったんです。祖父の代から3世代で来院してくださる方もいらっしゃいます。そういった意味では、自分にとってなじみのあるここ半田で開業したのは、良かったんじゃないかと思っています。

久々に地元に戻られて、どんな印象を持たれましたか?

2

今もそうですが、当時は特に矯正は特殊なものと捉えられていました。それでも、どうせ矯正をするなら、より多くの人にしてあげたいと思っていました。保険の問題もありますが、ヨーロッパでは多くの子どもたちが矯正治療を受けています。少しでもその状態に近づけていきたいと思いましたね。虫歯の数は激減しているのに、噛み合わせの悪い子は増えていますから。お子さんも含めて、今は矯正治療を受ける方が増えました。当院を受診される患者さまの約半数が19歳未満で、患者全体の4分の1以上が矯正治療を受けられています。開院当初に比べて、歯や矯正に対する意識の高い方がずいぶんと増えました。

早めの矯正スタートが将来に繋がる

小児矯正は、成人矯正とどんな違いがありますか?

3

見た目よりも機能面を治していくのが中心ですね。そうすることで形態も良くなり、ワイヤーなどでちょっとした微調整を加えて治していきます。そもそも、今の子どもは唾をうまく飲み込めない子が多いんです。本来、唾を飲み込むときは舌が上顎に張りつきます。これによって上顎に刺激が加わって広がり、そこに下顎がすっぽりとはまってきれいな形になります。舌がうまく使えず前に出てしまうと、上顎が狭くなり出っ歯になってしまいます。正しい舌の使い方や飲み込み方なんて、小さなお子さんにとっては自分でわかるものではありませんよね。そこを診断して改善していくのが小児矯正です。歯並びが変わると、噛み合わせや唾の飲み込み方も改善されてきますし、鼻呼吸ができるようになり、姿勢も良くなっていくんです。

矯正治療はいつ頃から始めればいいのでしょう?

前歯が4本そろう小学校低学年から、糸切り歯が生えてくる4~5年生の時期が一番大事だと思います。ここをクリアすれば大体きれいな歯並びになって、大人になってから何年も針金をつける矯正治療を受けなくても済む場合が多いですね。他のクリニックで「様子を見ましょう」と言われてそのままになっているお子さんも多いのですが、小児矯正は顎の成長に合わせて無理なくできるので、早く始めるに越したことはありません。一般歯科領域の治療に関してもそうですね。よく歯が3~4本しかないけど、行ってもいいかと聞かれますが、早い時期から検診に来ていただいても良いんですよ。0歳からの口腔育成と言われているくらいで、離乳食の与え方・食べ方など、乳幼児期から始められることはたくさんあります。

虫歯だけの治療で来院される方もいらっしゃいますか?

4

もちろん、虫歯などで来られる方もたくさんいらっしゃいます。当院はホワイトニングやインプラント、入れ歯、歯周病などにも対応しています。矯正に力を入れていますが、あえて矯正専門を謳っていないのは、矯正治療中に一般歯科治療などいろんなことが必要になってくるからです。矯正治療中に小さい虫歯を見つけて、矯正しかやらないので虫歯は他で診てもらってくださいという訳にはいかないですからね。私自身、オールラウンドプレーヤーでありたいと考えているので、できるだけ幅広い診療を提供したいと思っています。全部100点満点のレベルといえることは容易いことではありませんが、その中でも1つ100点のものを持つことが大切だと思っています。私にとってはそれが矯正ですね。町医者はそういうスタンスであるべきだと考えているんです。

スタッフとの意識の共有も大事

診療にあたって、心がけていることはありますか?

5

大人と違って子どもは矯正に対してのモチベーションが保ちにくい。そこが難しいところなので、お子さんへの対応には気を配っています。私を含めてスタッフは子ども好きが多いので、お子さんと同じ目線で話したり、話がきちんと理解できる年齢なら、お母さんへ説明をするときに一緒に聞いてもらったりしています。私とスタッフが同じ意識を共有していくために、コミュニケーションも大事にしています。シフト制なので、全員が同じ時間に集合してミーティングをするのは難しいので、1年に1度は慰安旅行に行ったり、食事会を定期的に開催したりして、ざっくばらんに話す機会を設けています。当院のスタッフは、意識を高く持ち、自ら考えて行動できる人が多いですね。私1人でクリニックは運営できないので、スタッフには本当に感謝しています。

お忙しいとは思いますが、休日はどのように過ごされていますか?

大学生のときにゴルフ部に所属していたこともあって、今でも3ヵ月に1回ぐらいはゴルフに行きたいと思っているのですが、なかなか時間がとれずにいるのが実情です。これは父からの教えなのですが、歯科医師はなったら終わりではなく、その後の勉強が重要だと。なので、講習会や勉強会に参加するようにしています。歯科医師会の学術委員にも所属しているので、今は勉強することに時間を費やしています。そこでの活動がある意味リフレッシュになっている部分もあるかもしれません。あとは1週間に1回ジムに行く程度で、体のことを考えるともう少しスポーツをする機会を増やしたいと思っています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

虫歯にしても歯肉炎にしても、つまりは生活習慣病だと思います。学校検診をしていても感じるのですが、やはりお子さんのことに感心を持っていただいて、そこまで高い意識は持たなくても、お子さんのためを考えて当たり前のことを毎日行えれば、お口の中はきれいになると思います。一方で、お子さんのことを優先して自分のことがおろそかになってしまっている親御さんも多いですね。お子さんを歯科医院に連れて行くついでに、ご自身の検診も、年に1回でいいので、ぜひ受けてください。

Access