鈴木歯科医院

鈴木歯科医院

鈴木 祥夫院長

110111 %e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

祖父の代から受け継がれてきた、地域住民からの信頼も厚い「鈴木歯科医院」。現在3代目として院長を務める蒲郡生まれ蒲郡育ちの鈴木祥夫先生は、世間に浸透する以前から予防歯科に着目していたそうだ。予防の大切さを患者に啓発し続けていった結果、現在は治療スペースと予防スペースを分けるほどに予防の患者が増えたという。最近では商業施設やマンションが充実し始めたことで若いファミリー世代も増加し、子どもの歯科予防を行うことも多い。とにかく歯科医師という仕事が好きで、知識・技術の研鑽や情報収集を欠かさず、やるべきことは多いと意気込む鈴木院長に話を聞いた。
(取材日2018年8月22日)

予防重視の治療で、地元である蒲郡の健康をサポート

―院長になる前から、こちらで長く勤務されていたようですね。

もともとは祖父が開業した歯科医院なんです。ちょうど私が蒲郡で生まれた年に父が引き継ぎ、現在は私が3代目として院長を務めております。蒲郡の歯科医院の中でもかなり長く診療を続けている歯科医院だと思いますよ。うちは代々医療に関わる家系のようで、祖父の前は曽祖父がここで産婦人科を開業していたという話も聞いたことがあります。幼い頃から父の働く姿を見ておりましたが、昔は虫歯で苦しんでいる患者さんが本当に多くて、自分も勉強したら早く蒲郡に帰ってきて「困っている人たちを助けたい」と考えていましたね。父は非常に勉強熱心で、勤務医時代に多くの学びの機会を与えてくれましたので、日本に入ってきて間もない頃からインプラントの技術を習得することもできました。

―お父さまの影響も大きかったんですね。地域の特徴や、昔と今とで変化したところはありますか?

そうですね。父は良いと思ったものは積極的に治療に取り入れ、設備投資も惜しみませんでした。患者さんのあらゆるニーズに対応でき、幅広い治療を受けていただける体制が整っていたと思います。蒲郡は古い町で、以前は繊維産業で栄えていたのですが、高齢化・過疎化が進み、ここ数十年の間は人口が8万人から横ばい状態でした。最近の傾向としては日本は超高齢社会に突入していますが、蒲郡では若い世代のファミリーが増えたり、新しいマンションが建ったりと新しい変化が現れています。市が観光に力を入れていることもあって商業施設も増え始め、まだまだではありますが、少し活気を取り戻し始めたように感じます。

―引き継いでから、治療の内容や方針などは変わりましたか?

ちょうどその頃から予防に興味を持ち始め、予防歯科のセミナーにも積極的に参加していた時期でした。しかし当時は「虫歯がない時から歯科医院に通う」という発想がない時代でしたので、治療を通して歯科衛生士と一緒に「虫歯になる前に来る」ことの意義や治療後のメンテナンスの重要性を根気強く広めていく必要がありました。その結果、今では予防でいらっしゃる患者さんが全体の半数ほどまで増加し、小児歯科かと思うくらい子どもが多いときも珍しくありません。父が行っていた補綴型の診療から予防を軸とした診療にシフトしたことで、院内の雰囲気も治療の方向性も変わりましたね。親御さんが予防のメリットを理解すれば、子どもも自然と楽しんで通うようになるんですよ。親子2世代で予防に取り組むご家族が、今後もっと増えればと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細