渡辺歯科医院

渡辺歯科医院

渡邉 一史副院長

20180622 bana

太田川駅から東へ車で約7分のところにある「渡辺歯科医院」。2018年で開院40周年を迎え、長年地域の人の歯の健康を守ってきたクリニックだ。父の後を継ぐ形で2015年より渡邉一史副院長も勤務。一般歯科や小児歯科を始め、歯周病治療から口に関するさまざまな相談まで幅広く診療を行い、この地域で歯科のかかりつけ医としての役割を果たしている。「患者さんと呼吸を合わせた治療を心がけている」と語る一史副院長は、患者の息遣いを見ながら痛そうな雰囲気や口をゆすぎたいタイミングを推しはかる。そんなスタンスを慕い、長年通う患者に加え、新規の患者も多く訪れるという同院。患者はもちろん、スタッフからの信頼も厚い一史副院長に治療に対する思いを語ってもらった。
(取材日2018年6月1日)

患者と歯科医師が呼吸を合わせる治療

―先生の診療方針をお聞かせください。

一番大事にしているのは、「治療の時に患者さんと呼吸を合わせる」ことです。患者さんが息を吸っている時は僕も一緒に息を吸うようにしています。そうすると、今からこの人動くだろうなとか、今口をゆすぎたがっているなというのがよくわかるんです。口の中では1ミリに満たない、細かな作業が要求される治療もあり、注意を払わないと患者さんの頬を傷つけてしまう可能性があります。自分が呼吸を合わせることで治療を受けている側の気持ちになり、無理をさせない安心・安全な治療ができるんです。

―「呼吸を合わせる」というのは初めて聞きましたが、非常に興味深いです。

「呼吸を合わせる」のは治療中の話だけにとどまりません。僕は、いくら技術がものすごく長けていてもコミュニケーションが取れないと、患者さんに満足いただける治療につながりづらいのではないかと思っています。患者さんの思いと僕の思いの呼吸を合わせるというのもまた重要なんです。つまり、一方通行ではなくお互いに考えていることを理解し合うことです。相手が治療に何を求めているのかをコミュニケーションを取ってきちんと把握し、うまく折り合いをつけて治療を進めることも「呼吸を合わせた治療」だと考えています。

―その考え方に至るまで、どのような経験を積んでこられたのでしょうか。

愛知学院大学歯学部を卒業し、愛知学院大学歯学部附属病院と名古屋市内にあるクリニックで経験を積みました。当時は、「技術が伴わないうちは、ごめんなさいで許してもらえるような関係づくりを心がけなさい」と口酸っぱく言われていました。もちろん全力で治療に取り組むのは大前提として、仮に失敗しても許せると思ってもらえるくらいの人間関係を築きましょうということです。そこでは通院が困難な方の往診も経験させていただいたのですが、ある時、診察が終わって帰ろうとしていたら患者さんから「先生の今後の成功を祈っています」と言われたことがあったんです。ご自分の体が動かせないつらい状況の方が、僕のような若者にそんな言葉をかけてくださったことにとても心を動かされました。歯科医師としてあるべき姿や患者さんとの向き合い方、いろんなことに気づかされた瞬間で、もっと真摯に仕事に取り組みたいなと思いました。

―とても貴重な経験をされたんですね。

その後、半田市にあるクリニックに勤務させていただきました。都心部の患者さんは歯に対する意識や知識が比較的高いのですが、地方に行けばいくほどそれは下がってしまう現状があります。いずれ僕は東海市に戻ってくるつもりでしたので、同じような規模の町で経験を積む必要があると思いました。「痛い部分だけとりあえず治ればよい」という患者さんの場合、歯科医師がやりたいと思っていることとの間にギャップが生まれがちです。患者さんの要望にきちんと耳を傾けつつも、こちらの専門的なアドバイスをいかに聞いていただくか。患者さんとのコミュニケーションの重要性をたくさん学ばせてもらいました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細