医療法人  にいみ歯科医院

医療法人 にいみ歯科医院

新美 敦司院長、新美 しのぶ副院長

109493 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba %e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%bf%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

近鉄四日市駅前から東へ延びる中央通りより少し入った市役所や裁判所などがある官庁街に「にいみ歯科医院」はある。開業から四半世紀以上を経た歯科医院で、患者は親子2代にわたり、近隣のみならず県外からも多くの人が訪れる。虫歯や歯周病治療、小児歯科などに加え、予防歯科に力を入れており、カウンセリングや精密な検査により口内環境が悪くなった原因を解明して、治療後は良い状態を長くキープすることをめざしている。新美敦司院長と新美しのぶ副院長に加えて、複数の歯科医師と歯科衛生士らスタッフが一丸となり、笑顔で患者を迎えている同院。明るく親しみやすい人柄の2人に、普段の心がけや診療の特色などさまざまな話を聞いた。
(取材日2019年2月26日)

一般歯科からインプラント治療、予防にも注力

―まずは、院長の得意分野について教えてください。

【新美院長】私はもともと大学の口腔治療学講座に所属して、歯の根っこの治療について専門に学びました。一般歯科医院に勤務した後、当院を開業。治療を行っていく中で歯周病治療の重要性を痛感し、さらに歯をなくした方から義歯のほか、インプラントも求められるようになり、その都度勉強をして治療の幅を広げてきました。インプラント手術ではより安全な治療のため、埋入の位置を定めるガイドシステムを用いています。また、予防歯科で知られる山形県の歯科医院へ勉強しに行ったことから、予防にも力を入れるようになり、現在では、口内の現状を検査で明らかにし、その方に合った治療計画を立て、治療後もケアを継続していただくようにしています。2013年に院内をリニューアルして診察室を5つから7つに増やし、うち3つを予防専用ルームとしました。

―「歯周病治療の重要性」について詳しくお聞かせいただけますか?

【新美院長】歯周病治療、ひいては予防歯科に努めることは、口内だけではなく全身の健康を守るために欠かせないポイントなのです。歯周病から歯がぐらついたり抜けたりするだけではなく、糖尿病の進行や誤嚥性肺炎のリスクが高まるといわれていますからね。しかし裏を返せば、歯周病を改善し、衛生的な口内を保てれば、歯だけでなく全身も健康に導けるともいえます。歯周病は初期段階では自覚症状も少なく、気づいたときにはかなり進行しているといったことも珍しくありません。異変に気づきやすくするためにも、ぜひ若いうちから定期検診を習慣化してもらいたいですね。

―副院長のご専門についても教えてください。

【しのぶ副院長】私は大学院の小児歯科で、臨床とともに学生への指導を行っていました。当院では、下顎の前歯が生えてきた生後6ヵ月頃からのフッ素塗布をお勧めしています。生え始めの歯は、フッ素の吸収力が高いとされており、その時期に塗布すると歯の強度が一層上がると考えています。でも本当は、妊娠された頃からお母さんのお口のケアと赤ちゃんのお口に意識をもって取り組んでいただくことが理想です。当院の患者さんには開業当初からそのようにお話をしているので、今では予防に通ってきてくださる方が多くなりました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント手術/サージカルガイド料:片顎4歯まで5万円、1次オペ(フィクスチャー埋入):1本25万円、2次オペ(アバット)チタンベース:1本3万円、上部構造ジルコニア:14万円
検査(口臭・唾液・細菌):3つで5000円



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細