全国のドクター9,227人の想いを取材
クリニック・病院 158,510件の情報を掲載(2024年5月28日現在)

  1. TOP
  2. 三重県
  3. 津市
  4. 久居駅
  5. ナカニシ歯科医院
  6. 中西 俊介 院長

中西 俊介 院長の独自取材記事

ナカニシ歯科医院

(津市/久居駅)

最終更新日:2024/05/15

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院 main

久居駅より徒歩10分、閑静な住宅街のビル2階にある「ナカニシ歯科医院」。中西俊介院長の父である中西康之先生が1984年に開院し、40年にわたり地域の歯科医療に貢献してきた歯科医院だ。現在は俊介院長と康之先生の2人体制で診療を行い、親しみやすく、かつ専門性の高い歯科医療を提供しているのが特徴。「歯科医院が苦手な人を一人でも少なくしたい」という思いから、俊介院長は患者とのコミュニケーションを重視し、距離感の近い診療を心がけている。また、勤務医時代に歯周組織再生療法など、難易度の高い治療に携わってきた経験を生かし、多様な患者のニーズにも応える。そんな俊介院長に歯科医院の特徴や注力している治療、歯科医師としてのモットーなどについて話を聞いた。

(取材日2024年4月25日)

親しみやすさと専門性を両立した歯科医療を提供

こちらの歯科医院の歴史について教えてください。

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院1

父がこの場所で1984年に開業し、約40年にわたり地域の皆さんとお付き合いさせていただいています。私は岡山大学歯学部卒業後、岡山県や名古屋市内の歯科医院に勤務していました。歯科医師になった当初から、いずれは私も開業したいと考えており、父も一般企業であれば定年を迎えるような年齢となったため、2020年に私が院長に就任、父が名誉院長となり2人体制で診療させていただいています。院長になった頃はコロナ禍でしたので、「患者さんは来てくれるのかな?」という不安もありましたが、楽しみだという気持ちのほうが強かったですね。おかげさまで、院長になった当初に思い描いていたイメージのとおり患者さんも増えており、うれしく思っています。

診療のコンセプトを教えてください。

コンセプトは患者さんに寄り添った歯科医療を提供すること。歯科医院に怖いイメージを持つ方も多いのですが、「ここなら安心できる」と思えるような特徴を前面に押し出しています。一般歯科や小児歯科、審美歯科や矯正治療など幅広い診療に対応しているのも、一人ひとりの患者さんに寄り添うためです。また私は勤務医の頃、歯周組織再生療法などの難易度が高く、専門性の高い治療を経験してきましたので、そのような点でも地域に貢献できると思っています。距離感が近く、かつ専門性の高い歯科医療を提供できるのが当院の特徴です。「ここに来て良かった」と思っていただけるような診療をめざしていきます。

先生が注力されている治療は?

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院2

まずは歯周病の治療です。近年は虫歯の治療が必要になるような患者さんが少なくなる一方で、歯周病の患者さんは減るどころか増えている印象さえあります。歯周病は初期には自覚症状がなく、症状が出た頃には進行している状態なので、歯科検診などで早期発見することが大切です。糖尿病や認知症など他の疾患と関連する可能性もありますので、しっかり治療していきたいですね。また、予防歯科にも注力しています。昔に比べ、患者さんの歯科意識は高まっているように感じていますが、まだまだ痛みなどのトラブルが生じてから受診される方が多いです。痛みが出てからでは手遅れになるケースもありますので、歯や予防歯科などの重要性を理解していただけるよう、啓発活動にも力を入れていきたいと思っています。

親しみやすく距離感の近い歯科医師でありたい

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院3

父の影響からか、物心ついた頃には選択肢の中に歯科医師が入っていましたね。実は子どもの頃、仕事の邪魔になってはいけないと思い、父の歯科医院にあまり来たことがありませんでした。そのため、父が仕事をしている姿を見た記憶がほとんどありません。それでも歯科医師はやはり身近な職業でしたし、私も細かな作業が好きでしたので、この道を選んだのは自然な選択でした。今、父と一緒に仕事をするようになり、改めて歯科医師として尊敬しています。患者さんを第一に考えて診療していることや、地域への貢献を40年間にわたり持続できているということが素晴らしいですね。幅広いニーズに応えられるという面からも、2人の歯科医師がいることは、当院の強みであると思います。

歯科医師としてのモットーはありますか?

患者さんに寄り添うことを心がけています。常に患者さんを第一に考え、親しみやすく距離感の近い歯科医師でありたいです。そのためにも、何げない会話を大切にしています。これは父の仕事ぶりを見て教わったことです。何げない会話の中には、治療のヒントが隠されていることも多いんです。歯科医療では、別の方にとってはぴったりの治療でも、その方には合わないこともあります。患者さんの緊張がほぐれ、細かな不安が聞き取れるようになると、ご要望に沿った提案ができ、結果として一人ひとりに寄り添った治療につなげられると思います。一方で科学的根拠のある診療も大切にしています。近年はウェブサイトなどで、さまざまな情報にふれられるようになりましたが、その情報は常に正しいものとは限りません。誤解がある場合はそれを解くことも含めて、きちんと根拠を示しながらご説明し、患者さんに納得していただいてから、治療するように努めています。

歯科医師として喜びを感じる時は?

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院4

人間的に成長できたと感じた時です。患者さんには、いろいろな方がいらっしゃいますが、患者さんとの日々の会話が私の中に蓄積され、人としての経験値になっていると思います。日常の中で得られる成功体験や失敗体験、何げないやりとりの中に、成長の糧があると考えているからです。そのためには「聞き上手」であることが大切。聞き上手はコミュニケーションの根本だと思います。そして医師と患者というよりも、人と人との関係を築きたいですね。1年前、2年前に比べれば、「少しは成長できたかな?」とは思いますが、私はまだまだ未熟者。日々勉強させていただいています。

不安や苦痛を軽減し、通いやすい歯科医院に

先進的な機器も導入されていますね。

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院5

導入している理由は2つあります。1つは精密な機器がないと、できない治療があるからです。患者さんの幅広いニーズに応えるためには、精度重視の機器が必要となるケースも少なくありません。2つ目は患者さんの負担が少なくなるからです。先進的な機器を使うことで、治療による苦痛の軽減につながることが多いといえます。また、「歯科の治療は何をしているのかわからない」という声も多いので、虫歯や治療の状態を写真撮影する口腔内カメラ、スキャンするだけで歯型を精密に読み取ることができ、型採りの際の苦痛を和らげられる口腔内スキャナーなども導入しています。不安があると苦痛につながりますので、これらの機器を使って、視覚的にイメージできる、わかりやすい説明を心がけています。

スタッフはどんな方が多いですか?

みんな穏やかで優しく、チームワークもいいですね。その人間性とやわらかな物腰は患者さんの不安解消につながっていると思います。私は常々、歯科医院の怖いイメージを、できるだけ排除し、少しでも良い雰囲気をつくりたいと思っています。患者さんが落ち着いて診療を受けられる空間ができているのは彼女たちのおかげです。また、新米院長だった頃は、右も左もわからない私をいつも助けてくれました。私は本当にスタッフに恵まれていると感じます。普段はなかなか口にできませんが、とても感謝しています。

読者にメッセージをお願いします。

中西俊介院長 ナカニシ歯科医院6

歯科医院というとネガティブなイメージが強いからか、来院される前から身構える方も多いのですが、当院に限らず、現在の歯科医院は昔のイメージとは違います。例えば、ときには相談だけで終えるなど、患者さんの不安を取り除く姿勢を強く打ち出しています。まずは私とお話しするだけのイメージで、気軽に来ていただければ幸いです。中には、数十年ぶりに歯科医院を受診しようという方もいらっしゃるでしょう。そのような患者さんにも「来て良かった」と言っていただけるような診療を提供したいです。また、痛みを感じてからでは、できる治療の選択肢が限られてしまうこともあります。まずは痛みがないうちに、お口の状態をチェックできる歯科検診を受けていただくことをお勧めします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯列矯正治療/77万円~、ホワイトニング/2万7500円~、インプラント治療/55万円~66万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access