全国のドクター8,903人の想いを取材
クリニック・病院 160,933件の情報を掲載(2021年10月23日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市鶴見区
  4. 横堤駅
  5. 中辻歯科診療所
  6. 将来の歯の残存数を伸ばすために子どもも大人も治療から予防へ

将来の歯の残存数を伸ばすために
子どもも大人も治療から予防へ

中辻歯科診療所

(大阪市鶴見区/横堤駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

歯科定期検診の受診率が高い国は8割以上の国民がメンテナンスのために歯科を受診しているという。一方、日本での定期検診受診率はなんと1割未満ともいわれる。残念ながら日本国民の歯のメンテナンスに対する意識は他の先進国に比べると低く、多くの人が虫歯や歯周病の治療を繰り返すことで、最終的に歯を失ってしまう人も少なくない。「子どもの頃から定期的にメンテナンスのために歯科に通う習慣をつけておくことで将来の歯の残存数は大きく変わる」と家族全員での受診を呼びかけるのは「中辻歯科診療所」の中辻大輔院長。「治療から予防へ」その大切さを地域の患者と共有していきたいと話す中辻院長に、予防歯科の目的やスタート時期などについて詳しく聞いた。

(取材日2021年4月22日)

虫歯と歯周病を予防して口腔環境を整えることは、将来の全身の健康につながる

Q予防歯科の目的は何ですか?
A
20210511 1

▲定期的なメンテナンスが大事

一度失った歯は二度と生えてきません。何もしなければ虫歯や歯周病になるリスクが高く、治療で削った歯質は戻せません。今のコンディションを保ったまま生涯自分の歯で食べるためには定期検診が大切。予防的に定期検診を受診することで、お口のトラブルを防ぎ、今ベストな状態の方はそのままの状態をできるだけ長く、現在虫歯や歯周病治療中の方は、進行の速度をなるべく緩やかにすることが目的です。定期的にメンテナンスに来られていれば、何かトラブルが見つかっても自覚症状が現れる前に、早期治療が行えます。メンテナンスだけでなく、日頃のセルフケアのアドバイスも大切にしています。

Q歯周病と予防歯科の関連について教えてください。
A
20210511 2

▲定期的にメンテナンスをすることで、病気を防ぐことにもつながる

歯周病の原因は、歯と歯茎の溝に付着した歯垢や歯石です。その中の細菌の影響で歯茎が炎症を起こし、そのまま放っておくと骨が溶けて最終的には歯を失ってしまいます。歯を失うと入れ歯などで補うことになりますが、天然の歯と同様に噛むのは難しくなります。口の中の病気である歯周病ですが、最近では全身疾患を引き起こすリスクがわかってきました。例えば糖尿病。糖尿病の人は、同時に歯周病も発症している確率が高く、また歯周病が悪化すると糖尿病も悪化するといわれています。他にも誤嚥性肺炎、心疾患、妊娠中の方の場合は早産や低体重児のリスクがあるといわれています。

Q子どもの予防についてはどうでしょう?
A
3

▲小さい子どもも治療を頑張れば、カプセルトイがもらえる

大切なのは小さい頃から歯科医院の環境に慣れること。歯が生えそろうまでは家庭でセルフケアを実践していただいて、生えそろった頃に来ていただくことをお勧めしています。赤ちゃんの口腔内のケアについてもアドバイスいたします。口腔トラブルのない小さいうちから歯科医院の環境に慣れて「ここは怖くないところ」「キッズスペースやカプセルトイがあるところ」そんな気軽なイメージを持ってもらえれば、いざ治療になったときもハードル低く始められると考えています。物心がついたときに、日常のルーティンの中に当たり前に定期検診が入っているのが理想ですね。

Qこちらで行っている予防歯科の内容についてお聞きします。
A
4

▲中辻先生や歯科衛生士が検査・ケアしてくれる

現在のお口の状態を正確に診断することが予防のスタートです。まず歯科医師が歯周ポケットの深さや歯の動揺度を検査する歯周基本検査を行い、リスクや口の中の状態を確認した上で、歯科衛生士が毎日のブラッシングでは落としきれない汚れなどをきれいにお掃除します。ご家庭でも正しい歯磨きで磨き残しを少なくしてもらうことも予防歯科には大切なので、ご自身が気づきにくい磨き癖なども見ながら、ブラッシング指導も行います。

Q予防歯科の啓発や促進するために心がけていることはありますか?
A
20210511 1 5

▲患者には健康のためにしっかり定期的に受診してほしいという

お口の中の状態も、患者さんの性格も十人十色です。最終的なゴールは同じでも、皆さんに同じコミュニケーションを行ったとしても十分な成果にはつながりません。お一人お一人に合わせた効果的な伝え方を模索しながら日々診療を行っています。予防歯科の重要性はなんとなくわかっていても、働き盛りのビジネスパーソンはなかなか受診するタイミングが難しいというお声もあります。そんなときは「うちじゃなくてもいいので、平日の夜遅くや日曜に診療しているクリニックで定期的に診てもらってくださいね」とお話ししています。今トラブルがなくても、将来の健康のために定期的に受診してほしいですね。

ドクターからのメッセージ

中辻 大輔院長

歯は失ってから大切さに気づいても、もう元に戻すことはできません。今不便を感じていなくても、何もせずに放っておくと歯の状態はどんどん悪くなってしまいます。将来の歯の残存数を1本でも多く、自分の歯で最期までおいしく食べてもらうために定期検診を受けましょう。当院はご家族みんなで長く通える歯科医院をめざしています。それぞれのライフステージをともに伴走させていただくつもりで思いやりのある診療を心がけていますので、「ちょっときれいにしてもらおう」そんな気軽な気持ちで来てくださればうれしいです。

Access