APPLAUSE 愛歯やまだ歯科

APPLAUSE 愛歯やまだ歯科

山田 雅也院長

108287 applause

阪急梅田駅より徒歩5分、JR大阪駅からも近い劇場やホテルが併設された建物の中に「APPLAUSE 愛歯やまだ歯科」はある。院内は明るく、居心地の良い空間だ。噛むことを重視し、インプラント治療に力を入れる、優しく穏やかな雰囲気の山田雅也院長は、「入れ歯かインプラントかと迷ったときに、少しでも多くの方にインプラントを選んでもらいたいと思っています」と語る。さまざまな層の患者の多様な症状に合わせて対応し、患者への治療の説明などを丁寧に行うことを心がけているのはもちろん、ホスピタリティーも重視して院内スタッフの教育にも余念がない山田院長に、これまでの経験や、力を入れているインプラント治療について話を聞いた。
(取材日2017年7月27日)

職人的な要素に惹かれて、歯科医師の道へ。

―先生が歯科医師をめざした理由からお聞かせください。

子どもの頃の私は手先を動かすプラモデル作りが大好きで、何時間も夢中になって繰り返し作っていました。手で何かを作ることや、技術的な作業に吸い込まれるように魅力を感じていました。ですから、いつしか技術がものを言う職人的な仕事である歯科医師に憧れを抱くようになり、大阪歯科大学に進むことに決めました。大学を卒業後は、いくつかの歯科医院で勤務医として働きながら、修復物を作る技工の技術も身に付けました。

―堺市のご出身だそうですが、堺市ではなく梅田のエリアを開業地に選ばれたのはなぜですか?

開業を決意したときはまだ独身だったので、遠隔地の人間関係も味わってみたいという気持ちもあって、鹿児島の徳之島での開業も考えましたが、最後に候補に残ったのは堺市と梅田でした。堺市は曽祖父が会社を経営していたので、幼少期からなじみがあり、そこで開業したら、親類や先祖も喜ぶかなと考えました。しかし、いろいろな人がいる梅田で患者さまの力になりたいという思いもあり、最終的に今の場所に決めました。阪急百貨店内の歯科医院で働いていたので、この辺りになじみがあったというのも大きかったと思います。

―開業の際にこだわったこと、開業して良かったと思うことは?

インテリアはどのようにしたら良いかわからなかったので、風水の本を参考にしました。風水的には北は冷えるそうなので、北にある入口が冷えないように赤いものを取り入れるなどして明るくしています。院内には親類などから譲ってもらった絵画や骨董品なども飾ってあります。開業して良かったのは、スタッフとの人間関係をうまく築けるようになったことです。勤務医のときはスタッフとの関わり方で悩むことが多かったんですが、開業してからは上司として物事をしっかり見てスタッフを育てることに気を付けています。たとえ失敗しても否定せずに、愛情を持って指導にあたっています。

記事更新日:2017/09/01


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細