医療法人 河田歯科

医療法人 河田歯科

河田 賢治院長

20190627 bana

「医療法人 河田歯科」は南海本線堺駅の南口から歩いて1分、ビルの2階にある。穏やかな笑顔を絶やさない河田賢治院長は「一番大切な人を連れていきたいと思える歯科医院」をモットーに、1987年の開業から今日まで、地域の歯科医院として幅広い診療や予防に対応。数年前からは若い歯科医師も加わり、さらに活気にあふれている。勉強熱心な歯科衛生士によってさまざまなオーラル(口腔)ケアも提供し、「患者さんには気持ち良くなって帰ってほしいのです」という院長の言葉に込められた思いや、患者の気持ちを大事にする「インフォームド・チョイス」にもとづいた治療について、じっくり聞いた。
(取材日2019年5月29日)

「大切な人を連れて行きたい歯科医院」に

―堺駅南口の改札を出てすぐ、とても便利な場所にあります。

堺は私の地元で、開業後30年以上たった今でも、私を幼少期からご存じの患者さんが大勢いらっしゃいます。開業を考えた時期に、ちょうど堺駅付近が高架になって駅前が再開発され、クリニックのあるビルが建設されたので、その2階を選んだわけです。ここは大きく開いた窓が北側の街路に面していて、明るいのに暑くなく、開放的なところが気に入っています。5年ほど前には2階にあった技工スペースを3階に移し、診療ユニットを8台に増やしました。メンテナンスで定期的に通ってくださる患者さんも増えていますが、ゆったり過ごしていただけると思います。

―現在の診療の様子を教えてください。

患者さんは近くにお住まいの方や働かれている方が中心です。ひいおばあちゃんからひ孫まで、4世代で受診されているご家庭もあります。また、引越ししても大阪へ来るついでに通ってくださる方も増えています。歯科医師は私の他に勤務医、数名の歯科衛生士がいます。若い先生が勤務するようになってからは、20~40代の患者さんやお子さんの受診も増えましたね。また院内に専属の歯科技工士がいて、詰め物や義歯を製作しています。今は技工物を外注するクリニックも多いのですが、院内であれば患者さんの要望をよりダイレクトに反映できますし、時には歯科技工士が患者さんとお会いすることもあり、歯科技工士にとってもやりがいになっています。

―診療理念をお聞かせください。

スタッフには、「あなたの一番大切な人を連れて来たいと思える歯科医院にしよう」と話しています。歯科医院が苦手だという方は多いのですが、だからこそ患者さんに喜んで帰ってもらえるような治療や情報、サービスを提供しましょうと。スタッフも、「患者さんにできることは他にないか」と常に気を配っています。また、歯科衛生士は外部から複数の指導者を招き、定期的に勉強会を行って、レベルアップを図ってくれていますよ。それから、私自身は今日の歯科診療において、「インフォームド・コンセント」ならぬ「インフォームド・チョイス」が必要だと考えています。説明を十分に行うことは当然ですが、複数の治療法から患者さんのニーズや好みに合わせて選んでもらえる。医療側が誘導するのではなく、患者さんが考えて選べる、複数の選択肢を提案したいですね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

ノンクラスプデンチャー:7万5000円(1~2歯)・15万円(3歯以上)、インプラント:30万円~、オーラルケア:1750円~(いずれも税別)
コーヌステレスコープデンチャー:80万円~
インプラントオーバーデンチャー:40万円~

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細