全国のドクター9,184人の想いを取材
クリニック・病院 160,574件の情報を掲載(2023年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市都筑区
  4. 仲町台駅
  5. やわら歯科クリニック
  6. 池本 和広 院長

池本 和広 院長の独自取材記事

やわら歯科クリニック

(横浜市都筑区/仲町台駅)

最終更新日:2022/11/29

20220506 10703 top

ブルーライン仲町台駅から徒歩5分。「やわら歯科クリニック」は緑色の看板が目印だ。「やわら」の名前は、池本和広院長の名前の「和」に由来し、「和らぐ」という読みから「やわら」としたという。池本院長は顎ひげがチャームポイントの柔和な人柄。歯科治療の持つ怖い・痛いというイメージを変えたいと、自慢の笑顔と楽しい会話で患者の緊張をほぐしてくれる。「和」を「かず」ではなく「やわら」としたほうが、トゲがなくて痛そうに感じないだろうと気を遣ったそうだ。そんな池本院長に、幅広い診療内容やインプラント治療への思い、患者とのエピソードまで、たっぷりと語ってもらった。

(取材日2012年1月20日)

患者のどんな求めにも応じられるよう、幅広く診療

開院は1998年だそうですが、仲町台を選ばれたのはなぜですか?

20220506 1

ブルーライン沿線での開院を決めたのは、これから開発される街だったからです。今ではすっかり駅前も変わりましたが、僕が当院を始めた当時はまだ空き地でした。マンションや住宅がどんどん建ち、住民もずいぶん増えました。開院当時の思い出で忘れられないことがあります。当院のオープンを数日後に控えて準備を進めていたある日、ドアから若い男性がのぞき込んだんです。「歯が痛いので診てもらえませんか」と。外にはすでにクリニックの看板が出ていたのでいらっしゃったのでしょう。まだ院内は雑然としていたのですが、せっかく来てくださった患者さんですし、痛みがつらそうだったので、段ボール箱だらけの院内に招き入れました。その方が、当院の初めての患者さんでした。

患者層に特徴はありますか?

年齢や性別的な偏りはあまりないですね。0歳児からかなり高齢の方まで、男女問わず来ていただいています。このエリアの患者さんは、デンタルIQが高いんです。例えば、僕がまだインプラントに着手する以前に、患者さんのほうから「先生のところはインプラントやらないの?」と聞かれることもありました。初めから自由診療を希望される方も多く、良い材料を使ってきれいに仕上げたいと思っていらっしゃる方が多いですね。理由ははっきりとはわかりませんが、インターネットで知識を得てから来院される方が多いので、ご自宅でネットを頻繁に利用されているのかもしれませんね。とにかく歯に対する意識の高い方が多い地域だと感じています。

予防や検診にも自主的に通う患者が多いのですか?

20220506 2

はい。虫歯はなくても自分から定期的にチェックにいらっしゃる患者さんが多いです。中でも子どもさんが多くて感心します。検診は、それを始めた年齢が低いほど成長してから虫歯になりにくくなるので、小さいうちから始めたほうがいいと言われています。大人の患者さんも、歯周病などのチェックなどで定期的に来てくださいます。歯周病は検診を受ければ早期発見につながりますし、虫歯も早めに対処すれば、神経を取るような治療には基本的にはなりません。そうすれば歯を失うこともありませんよね。もちろん検診は僕からも勧めていますが、ご案内しなくても自主的に受けられる方が多いので驚きます。患者さんのデンタルIQを高めようと僕から働きかけることはあまり必要ないんですよ。

相手あっての歯科治療。治療は複数の選択肢から選択を

一般歯科、インプラント治療、審美歯科、小児歯科など、幅広く診療されていますね。

20220506 3

どのような患者さんがいらしても、その方の求めるものに応えられるようにしておきたいのです。僕がオールマイティーに治療できる歯科医師であれば、患者さんに「これはできないので別の病院へ行ってください」などと断らずに済みますからね。この治療はあそこでやって、あの治療はあちらでやってというような事態になると、患者さんも大変です。そうならないように、一般歯科だけではなく、インプラント治療、審美歯科やホワイトニング、小児歯科にも取り組んでいます。最近では、歯科医院の院内でセラミックの詰め物やかぶせ物を製作していく歯科用CAD/CAMシステムも導入しました。従来の型採りが不要で、スピーディーに詰め物やかぶせ物が入れられるので今後も活用していきたいですね。

インプラント治療の専用オペ室がありますね。

インプラント治療は、滅菌レベルの高い場所でやらないと、ミスやトラブルが生じ、後で外すようなことになりかねない。僕はそんなことには絶対したくないんです。インプラントは、床に落としたり手で触ったりしただけでも使えなくなるものです。滅菌状態のまま患者さんの体の中に入れることはもちろん徹底していますし、治療前に患者さんとの間で十分に話をし、メリットとデメリットをしっかり説明します。インプラントには良い点がたくさんありますが、全身的な疾患をお持ちの方や骨の弱い方には向きません。そうした情報も隠さずお知らせします。同時にインプラントに代わる治療のメリット・デメリットもお話しし、その上で患者さん自身に判断していだたきます。治療は、いくつかの選択肢の中から患者自身が選ぶべきで、決して歯科医師が押しつけるものではありません。

治療の際に心がけていることはありますか?

20220506 4

歯科医師も人間なので100%完璧ということはないですよね。だからこそ自分を過信せず、完璧に近づけようと日々努力しています。患者さんの大切な歯ですから、できるだけ残したい。自分の歯で噛み続けられるように、僕はできるだけのお手伝いをしたいと思っています。それから、患者さんとはしっかり話し、何を求めているかを正しく把握するようにします。それによって治療の内容も方法も変わってきますからね。僕が良いと思う治療を勧めても、患者さんがこうしたいとなれば、僕は患者さんの気持ちをくみたいです。例えば1本の入れ歯を使っている患者さんがいるとします。僕はインプラントやブリッジを勧めたいのですが、患者さんはつなぐことで隣の歯を削りたくないし、インプラントもまだ考えられない。そうであれば患者さんの気持ちを優先するということです。

患者の不安を和らげる楽しい会話と笑顔には自信あり

歯科医師をめざしたきっかけはなんですか?

20220506 5

歯科医師になろうと思ったのは高校3年生の時です。小学校の卒業作文に「将来の夢は医者」と書いていたんですが、その時点では本気ではなく、母から「医者になりなさい」と言われていたのが頭にあったのだと思います。実は僕、小学生の頃から、歯科医院へ通うのが嫌いではありませんでした。そのクリニックが同級生の家だったせいもあるのですが、親に付き添ってもらわなくても、一人で自転車をこいで治療に通っていたんです。僕自身は歯科医院であまり嫌な経験をした覚えがないのですが、一般的には怖くて痛いというのが従来の歯科治療ですよね。僕はそうではない歯科医師をめざしたかった。できるだけ痛みのない治療を心がけていますが、患者さんの不安や恐怖感は、楽しい会話と僕のこの笑顔で、和らげる自信があります!

患者の不安をどのように和らげるのですか?

患者さんは、歯科医院へ来る時点で緊張して顔がこわばっている方がほとんどです。ですから、お顔が見えた瞬間から僕もスタッフも笑顔であいさつし、積極的に話しかけます。特に子どもは同じ目線まで下がっておしゃべりし、まずは友達になります。あだ名や下の名前で親しみをこめて呼び、ここは怖い場所じゃないんだという感覚になってもらうことが第一ですね。ほかの歯科医院で歯医者嫌いになってしまった子ならば、僕が好きにさせたいんですよ。親御さんから別の歯科医院で怖い思いをしたという情報もらえれば、初日は薬だけ塗って、遊んで帰すということもします。親御さんには、なるべくうそをついて連れてこないでとお願いしたいですね。うそをつかれるとかえって子どもが嫌がる原因にもなりますから。その代わりに、治療が終わった後にたくさん褒めてあげてください。

今後のクリニックの目標や展望をお聞かせください。

20220506 6

僕が開院してから20年以上たちましたが、僕はこれからも変わらずに地域に密着し、皆さんの困っていることや悩みに応えられる歯科治療をしていきたいと思っています。自分で言うのもなんですが照れ屋で謙虚なので(笑)、あまり攻めた言い方はできません。でも、患者さんには「僕に任せて!」と言いたいです。歯科医師としての腕はこれからも高めていきますし、人間味のある対応は常に心がけていますので、患者さんには緊張することなく治療に入っていただけると思います。こんな僕に、ぜひ皆さんの歯の健康を任せてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

詰め物/3万3000円~、かぶせ物/6万6000円~(※詰め物、かぶせ物の値段は素材によって異なる)、インプラント治療/38万5000円~、ホームホワイトニング/1万9800円

Access