医療法人社団昌慶会 小野田医院

医療法人社団昌慶会 小野田医院

小野田 恵一郎院長

10537 %e5%b0%8f%e9%87%8e%e7%94%b0%e5%8c%bb%e9%99%a2

東急田園都市線の宮崎台駅より徒歩5分。ひときわ目を引く開口面を大きく取ったコンクリート造りの建物の「小野田医院」は、専門性の高い医療と幅広い診療が特徴の地域密着型のクリニックだ。2代目院長の小野田恵一郎先生は、長年にわたって大学病院で消化器がんなど多くの症例に携わってきた消化器外科のエキスパート。「常に患者さんがより良い医療を受けられるよう努力しています」と穏やかに微笑む。プライマリケアの診療を行いながらも、専門も内視鏡検査や訪問診療までも精力的に取り組むなど、「地域完結型の医療」をめざす小野田先生に、かかりつけ医として地域医療への想いから今後の展望までじっくり聞いた。
(取材日2019年6月11日)

患者が地元で受けられる専門性の高い内視鏡検査

―まずはクリニックの歴史と特徴について教えて下さい。

父が「小野田医院」として開院したのは1991年ですが、それ以前から叔父がここで開業していました。昔はこのあたりに診療所は当院しかなかったので、患者さんのあらゆるニーズに幅広く対応できる地元のかかりつけ医として、内科・外科・胃腸科を中心に、風邪から生活習慣病、腹痛、花粉症、睡眠時無呼吸症候群、不整脈、各種検査など幅広く対応しています。多くの人は生活習慣の乱れから生活習慣病になり、心臓病やがんなど命を左右する病気になっていきます。しかし、初期から生活習慣病のコントロールをすることで、大きな病気を未然に防ぐことができるはずと、患者さんの生活習慣から適切に管理するよう心がけてきました。100歳近くなっても元気に通い続けてくださる患者さんを見ると、父の代からやってきたことは正解だったんだなと実感しています。

―健康診断にも力を入れているそうですね。

血液検査や尿検査、身体測定、心電図などの川崎市の特定健康診査の他、がん検診、内視鏡検査にも対応しています。院内では動脈硬化を調べる機器やめまいの原因を判別する機器など、さまざまな検査機器を取りそろえ、隠れた疾患の早期発見にかねてから力を注いでいます。具合の悪い患者さんにとって、大きな病院で検査のために何時間も待つことは大変な負担で、自宅近くのクリニックである程度の検査ができれば、患者さんの精神的、肉体的負担はかなり軽減します。私は消化器外科の医師として、長年聖マリアンナ医科大学病院で多くの内視鏡検査や手術に携わってきました。その経験を生かして、当院ではできるだけ患者さんにつらい思いをさせないような検査を心がけています。ストレスの少ない内視鏡検査を身近に感じていただくことで、病気の早期発見につなげていきたいですね。

―大学病院との連携も強化されているのですね。

紹介状があっても大学病院へ行くことに不安を感じる患者さんもいらっしゃるので、当院の患者さんを聖マリアンナへ紹介する際には、私が外来診療を担当している曜日をお伝えしてその日に来ていただくようにするなど、患者さんが少しでも安心できる環境を整えるようにしています。大学病院でやっているのと同じように私がこちらで手術するわけにはいきませんが、大学病院とのスムーズな連携で、患者さんが安心して治療を受けられるよう、責任をもってサポートしていきたいと思っています。



Access