全国のドクター8,960人の想いを取材
クリニック・病院 160,755件の情報を掲載(2021年9月20日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 東大阪市
  4. 瓢箪山駅
  5. 山林歯科医院
  6. インプラント、歯周病、矯正 幅広く対応可能なかかりつけ歯科

インプラント、歯周病、矯正 
幅広く対応可能なかかりつけ歯科

山林歯科医院

(東大阪市/瓢箪山駅)

最終更新日:2021/06/15

20180426 top 20180426 top
  • 自由診療

口腔内の健康と全身の健康に相関関係があるという知識が広まり、口腔への意識が高まりつつある昨今。年齢やライフスタイルに合わせて変化する要望に対して、柔軟に対応してくれるかかりつけの歯科医院を持つことは、人生を健康的に送るためにも、欠かせない要素の一つと考える人は多い。「よく笑い、おいしく食べ、楽しく話すためにも健康な歯を維持するのは大切なこと。歯科医院はたくさんあるからこそ、本当に自分がぴったりくる歯科医院を見つけてほしい」と「山林歯科医院」の山林一公院長は言う。東大阪で約20年にわたり多くの人々のかかりつけ歯科医師として歯科診療にまい進してきた山林院長に、同院で行っている治療について話を聞かせてもらった。 (取材日2018年4月17日)

一生の財産になるかかりつけ歯科医師として、笑顔をつくる治療を提供

Qインプラント治療のこだわりを教えてください。
A
%ef%bc%91

▲患者と理想像を共有してから治療にのぞむ

基本的なことですが、診察・診断をきちんとすることです。例えば一本の失った歯についてだけ考えるのではなく、総合的に考えることを大切にしていますね。本当にインプラント治療が必要かどうか、そしてインプラントを入れるならば、患者さんの一生の中でベストなタイミングはいつなのかまで考えてから手術します。インプラント治療は、失った歯を補うためにお勧めできる治療法です。それを、安易に入れるのではなく、ライフステージや口腔内の状況に合わせて、治療を行うことが大切です。インプラントは技術も大切ですが、患者さんが描く理想の状態をよく聞き、共有することから始めることが治療後に後悔しないためにも大切だと考えています。

Q歯周病治療はどのように行うのでしょうか?
A
%ef%bc%92

▲歯周病予防のメンテナンスコースを用意している

当院では歯周内科的な治療を中心に行っています。歯周病の原因は菌です。ですから顕微鏡で原因である歯周病菌やカビの菌を特定し、それぞれに合った薬で菌を退治していきます。もちろん再発を防ぐため、食生活を含めたライフスタイルのアドバイスやブラッシング指導なども行っていきます。健康のために、腸内環境を整えるのと同じような感じだと考えてもらえるとわかりやすいかもしれませんね。口の中にいる、悪い細菌を減らし続けることが歯周病の最大の予防なんです。そのためにも、定期的なメンテナンスをお勧めします。当院には歯周病予防のためのメンテナンスコースも用意しています。

Qマイクロスコープを使用することのメリットは?
A
%ef%bc%93

▲治療精度向上、患者の負担軽減にもつながるマイクロスコープ

マイクロスコープは、患部をより鮮明に見るための歯科専用の顕微鏡です。マイクロスコープを使用することで、肉眼や拡大鏡では見えにくい組織でも鮮明に目視することができるようになります。細部にわたって実際に見ながら治療ができますので、今まで手探りで行っていた根管治療や、肉眼では見落としがちなごく小さな初期虫歯の発見など、多くの症例でこの顕微鏡が活用できています。口腔内のより正確な状況もわかりますし、治療精度の向上につながることで患者さんの身体的な負担も少なくなるのではと思います。治療のやり直しも圧倒的に少なくなりますので、時間的な負担も少なくなります。

QCAD/CAMとは何ですか? また、魅力は何ですか?
A
%ef%bc%94

▲時間もかからず見た目も美しく仕上がるCAD/CAM

歯の修復物を設計・製作する機械です。まずは3D光学カメラで撮影し、コンピューター上に患者さんの歯を再現します。そのデータをもとにコンピューターが設計し、機械が自動でセラミックを削って歯の詰め物やかぶせ物を製作していきます。一番のメリットはとにかく出来上がりが早いこと。多くの場合は約2時間ほどで製作、セットまで終了します。もちろん、早いからといって出来上がりが粗悪なものというわけではなく、周辺機器の進歩もあり、今では人が作った物と遜色ない仕上がりです。時間的な負担が少なく、セラミックですから見た目も美しい。とても魅力的な方法の一つではないかと思い、導入しています。

Qマウスピース型装置を使った矯正について教えてください。
A
%ef%bc%95

▲患者のストレスが少ないマウスピース型矯正

マウスピース型装置を使った矯正は、ワイヤーを使った歯列矯正に比べ、取り外しが自由にできて装置も目立たないので、患者さんのストレスが軽減されるのではないでしょうか。歯磨きや食事の際には外すことができるので、口腔内の衛生管理も簡単です。歯列矯正は長い時間が必要ですので、その期間をできるだけストレスフリーで過ごせることが大切。人前に出ることが多い職業の方や、ワイヤーがどうしても気になる方にとって有効な方法だと思います。ただしすべての症例に対して適用できるわけではなく、ワイヤーとの併用やワイヤーでなければ難しい場合もあります。矯正にはいろいろな方法がありますので、まずは相談していただければと思います。

ドクターからのメッセージ

山林 一公院長

歯科治療に使用するさまざまな器具の進歩もあり、経験や勘に頼るだけでは行えなかったより精密な治療が可能になってきました。しかしながら一方で、技術や器具だけにとらわれず、患者さんの人生に寄り添った治療をすることも大切なことだと考えています。多くの歯科医師がいて、多くの考え方があるので、きっとぴったりくる歯科医師がいるでしょう。その人こそがあなたのかかりつけ歯科医師としてあなたの人生をより豊かにする存在かもしれません。僕も誰かが自信の持てる笑顔を手に入れるお手伝いができたらうれしいなと思いながら、日々診療しています。気になった時が治療の相談の時。まずはなんでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラン埋入手術:1本30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access