全国のドクター9,337人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市住之江区
  4. 北加賀屋駅
  5. 医療法人 かなざわ歯科
  6. 金沢 甲哲 院長

金沢 甲哲 院長の独自取材記事

医療法人 かなざわ歯科

(大阪市住之江区/北加賀屋駅)

最終更新日:2019/12/06

20181101 bana

大阪メトロ四つ橋線の北加賀屋駅から歩いて7分。中加賀屋商店街を少し東へ入ったビル1階に「医療法人 かなざわ歯科」ができたのは20年近く前のこと。「開業前、この町を見たのが夜だったせいで、歯科が密集していることに気づかなかったんですよ」と苦笑するのは、院長を務める金沢甲哲(こうてつ)先生。一般的な歯科診療はもちろんのこと、根管治療や歯根破折保存治療など、歯の保存にこだわった治療からインプラントや歯牙移植まで、多彩なメニューを適切かつ臨機応変に提供している。そんな金沢院長に、診療時の心がけや歯科医師の仕事に対する思い、そこから垣間見える患者に対する気遣いなど、人間味あふれる話をじっくり聞いてみた。
(取材日2018年8月29日)

大切なのは患者と歯科医師が互いに納得し合うこと

こちらで開業された理由を教えてください。

1

私はもともと大阪育ちで、開業にあたっては市内に何軒か候補地がありました。せっかく歯科医師になったからには子どもからお年寄りまで満遍なく診たいという希望があり、それができそうなのがこの北加賀屋だったわけです。一番うれしいのは、お子さんを診て、お母さんを診て、旦那さんを診て、そのおじいちゃん、おばあちゃんも診てという、家族ぐるみの診療ですね。地域の歯科をやるならば、小さな子どもの歯から入れ歯まで、幅広い診療を心がけています。

診療で心がけていることは?

何より大切なのは、患者さんの納得です。どんなに適切だと思える治療でも、私だけが納得していても仕方がありませんし、嫌な治療、納得のいかない治療はされたくないでしょう。できるだけ患者さんがわかりやすいような説明を心がけています。具体的に言えば、患者さんごとに口腔内写真を撮ったり、模型で説明したり、説明用画像ソフトを活用しています。

ちょっとした気遣いが大切なのですね。

2

そうですね。こうした配慮は勤務医時代に学ばせていただいたことです。診察室の壁にかかった額が曲がっているだけで、院長先生に呼ばれて叱られたものです。その時は、なぜそんなことで自分が叱られるのかと思いましたが、歯科医師たるもの、患者さんはもちろん、院内のあらゆる状況に常に注意を払えということですね。また麻酔にも厳しくて、患者さんが麻酔を痛がればよく怒られました。そのおかげで、今は痛みを感じにくい麻酔には自信があります。ポトポトと1滴ずつ、1本入れるのに5分ほどかけるのですが、昔はそれを手でやっていました。今は電動麻酔器がありますから、ずいぶん楽になりました。

歯を残すにも取り戻すにも方法はいろいろある

歯の保存に対する取り組みを教えてください。

3

もともと保存に力を入れていますが、近頃は歯根破折に対する治療が増えています。例えば歯が割れたり根っこが割れたりすると、そこから感染を起こすので、痛みがなくてもだいたい抜歯してしまうことが多いのですが、患者さんはなんとかしてほしいと思うものです。残せる歯もあるんじゃないかと取り組んだのが歯根破折治療です。患者さんが諦めていた歯を残せたケースもたくさんあります。

こちらでは歯牙移植も行っていますね。

親知らずを利用した歯牙移植はよく行っています。移植と聞くと驚かれる方が多いのですが、患者さん自身の歯を使うのでくっつくことが期待できるのです。ですから、親知らずは将来のために残しておこうと、小さければなるべく抜かないようにしています。移植はやっていて楽しいですね。ちょっとしたポイントはありますが、そこさえ押さえていれば特別なテクニックが必要なわけではありませんので、どうしてみんなやらないのか不思議なぐらいです。あと、歯根破折治療にしろ歯牙移植にしろ、万一うまくいかなくてもインプラントがあります。そういう意味でも、インプラントは最後の砦として温存しておいたほうがいいかもしれません。

他に得意としている治療はありますか?

20190618 4

専門的な治療の話ではありませんが、応急処置は得意だと思います。とりあえず痛みを取るのはもちろん、例えば急に前歯がなくなって仮歯を入れるにしても、普通の歯医者さんだと、まず型を採って、次回まで待ってとなるでしょう。しかし、中には間近に結婚式を控えた患者さんなどもおられますから、困っていればとにかく拒まずになんとかしてあげることが重要です。あとからじっくりやることが前提ですが、急場をしのがねばならないことだってあるでしょう。ですから、歯が取れた、痛いという患者さんなら、当日でも枠を取ってあげるようにして、逆に歯の掃除などは後日に回してもらうこともあります。一律に対応するより、そのほうが皆さんに平等に対応できるのではないかと考えています。

地域住民のさまざまな悩みに寄り添う

院長が歯科をめざした経緯を教えてください。

20190618 5

進路を決めるにあたって、とりあえず医・歯・薬というのが目標にあったんですね。結局、大阪歯科大学に入学することになりましたが、今では歯科医師になって良かったとつくづく思います。患者さんに近いですから反応がよくわかりますし、自分の手で全部できるわけです。小さな歯科医院でも、最初から最後まで、予防も含めて一人で管理できるという、それが魅力でもあり大変な部分でもあります。技術の差が出やすいのも歯科の特徴ですね。

現在、ご家族は?

妻と子の4人家族です。私は、休日は家族と過ごしていたいタイプですが、犬を飼ってからは旅行にも行けませんし、月に1回、みんなで食事に行くぐらいです。ちなみに、日曜の朝は私もサンドイッチぐらいは作りますよ。実は料理教室に通いたいんです。イタリアンとか中華とか、本格的な料理を家族にふるまえたら楽しいだろうなと思いますね。子どもは看護学生の娘と高校生の息子です。娘は幼稚園の頃から看護師になりたいと言っていました。その夢がずっと続いているのもすごいですし、本当にやりたい仕事なんだと思います。

診療外での活動があれば教えてください。

現在、住之江区歯科医師会の活動にも関わらせていただいてます。会計を担当していて、しょっちゅう銀行へ足を運んだり、万一、1円でもお金が合わないと、お盆休みと正月休みが1日ずつなくなったりします。まさにボランティアですが、それぞれの役割をする人間がいるから歯科医師会が成り立つわけで、これも世のため人のためと、会計ソフトの教室に自腹で通っています(笑)。人から喜ばれるというのは素晴らしいと思います。人から感謝されて、うれしくない人はいないですからね。歯科の診療でも、困っている患者さんを自分がなんとかできたときは、歯医者冥利に尽きる瞬間です。それは、どの仕事でも同じではないかと思います。

最後に、読者に向けたメッセージをお願いします。

20181101 6

まずは困っていることから優先的に、痛みがあれば痛みを取りますし、前歯が取れた、折れたという場合も、たいていの場合は何か方法があります。応急処置でも何でもいったん落ち着いて、そこからどうするかをじっくり考えてもいいのではないでしょうか。決して無理強いはしませんので、困ったことがあれば、とりあえず相談してください。できることはできる、できないことはできないと、正直に説明させていただきます。できればお困りになる前に来ていただければと思いますが、気になることは誰にでもあるでしょうから、相談があれば遠慮なくお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯根破折保存治療/5000円~、インプラント治療/30万円※診断料や処置料など別途費用がかかります。詳細は医院へお問い合わせください。

Access