みやま歯科医院

みやま歯科医院

武市えり子院長

自然な印象の色と機能性を兼備させる
審美面を考慮した補綴治療

みやま歯科医院

保険診療

自由診療

4

子どもの頃に治療した銀歯が気になるから白い詰め物に替えたい、歯の長さが左右ずれているのが気になる、など歯の見た目を気にしている人も多いことだろう。また、最近では金属アレルギーによってメタルフリーの詰め物やかぶせ物を希望する人も増えているようだ。「みやま歯科医院」の武市えり子院長は補綴を専門としており、見た目の美しさと歯の機能性、ともに両立させながら患者の要望に沿った補綴治療を実践している。実際、審美面を考慮して行われる補綴治療はどのように行われるのか、銀歯を白い歯に替える治療を例に、武市院長に教えてもらった。(取材日2019年4月10日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

審美面を考慮した補綴治療とはどのような治療なのですか?

本来、補綴治療は、歯が欠けたりしてなくなった場合に、かぶせ物や詰め物、入れ歯などの補綴物によって、噛み合わせや発声などの口腔機能を回復させていく治療のことをいいます。審美面も考慮した補綴治療は、この機能性と、自然な美しさの2つを両立させることで、健康な歯をめざしていきます。歯の健康は全身の健康と深い関連があります。しっかり噛んで食事ができれば栄養がきちんと取れて健康につながりますし、歯が白くなることで気持ちも前向きになれるのではないでしょうか。健康寿命を延ばすという点でも意義のある治療だと思っています。

こちらのクリニックならではの特徴はどんなことですか。

一番大切にしていることは健康と美しさの両立です。これらが両立して初めて心から笑えるようになると思います。当院では、実際に治療に入る前には必ずその方の笑顔の写真を撮影して、スマイルラインという、笑顔になったときの前歯の先端を結んだ線を確認しています。その方の個性や雰囲気に合わせて、どのような歯や歯肉の見え方にすれば良いのか、歯の色や形なども含めて、その方が自信を持って笑顔になれるためのデザインを考えています。また、乱れた歯肉ラインを補綴物によって左右対称にそろえる方法なども取り入れて、より自然で美しい歯並びをめざしていきます。またホワイトニングによって歯をきれいにする場合もあります。

どんな人がこの治療を受けたほうが良いのでしょうか。

かつて治療した銀歯の色が気になるといった人や、金属アレルギーのある人などに適していると思います。また、噛み合わせに違和感がある、口が閉じにくい、以前と比べて噛みにくくなったなどと感じている場合は、噛み合わせのバランスが崩れて口腔機能が低下しています。そのような場合も、口腔機能の回復という意味で治療を受けたほうが良いでしょう。当院の場合、この治療は中高年の方が比較的多く受けておられます。歯が白くなることによる見た目の改善をめざすだけでなく、しっかり噛めるように機能面もフォローしています。生活の質の向上という点でも、良い影響があると思います。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診と検査によって口腔状態を把握

主訴、病気の既往症、アレルギーの有無、服薬の有無などについて記入した問診票をもとに患者の気になるところ、どのようにしたいかなど患者の要望を丁寧に聞き取る。その後、歯周病検査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、模型を作るための型作りを行い、患者の詳細な口腔内データを把握する。特に写真撮影では、笑顔を撮影して最適なスマイルラインを実現できるような治療をめざす。

検査結果をもとにカウンセリング

検査結果をもとに、カウンセリングを行う。歯型の模型を見せながら、どこがどのようになっているか、どのような治療が必要かといったことを丁寧に説明して、治療計画を立てていく。歯周病検査の結果、歯周病がある場合は、まず歯周病の治療を受ける。また、レントゲン検査の結果、歯根に異常がある場合も先に歯の根の治療を行う。口腔環境がすべてきれいに整ってから、審美面を重視した補綴治療を始める。

銀歯を削り、仮歯を入れる

各種治療を終えて、口腔環境が整ったらいよいよ治療がスタート。まず取り除きたい銀歯を削る。削った歯の根に異常があれば歯根の治療を行う。補綴物が完成するまでの間は、削った部分にはまるように仮歯を入れておく。仮歯を入れないとすぐに咬合が狂ってしまう可能性があるそうだ。また、仮歯によって正しい噛み合わせをつくり、それに歯を慣らしていく働きもあるとのこと。

補綴物を作製

歯科医師と歯科技工士が連携して、色、形など患者が納得、満足できるような補綴物を製作していく。同院では、複数の歯科技工士と密な連携体制を敷いているそう。また同院では、補綴物によって歯肉ラインを左右対称にそろえていく方法を用いる場合もある。

完成した補綴物を装着

完成した補綴物を装着し、違和感がないかどうか、適切な噛み合わせになっているかなどを確認。再度、笑顔の写真を撮影して、スマイルラインも確認。その後、定期的にメンテナンスに通うことが重要。3ヵ月あるいは6ヵ月ごとに、補綴物や口腔全体の状態をチェック。できるだけ治療後の状態を維持できるようにクリニックと自宅でのケアを行っていく。

料金の目安

ホワイトニング/3万円

ドクターからのメッセージ

武市 えり子院長

審美面を考慮した補綴治療によって、見た目だけでなくしっかり噛むという機能の改善もめざしていきますので、食事をおいしく楽しめるようになるといいですね。楽しい食事は全身の健康の源です。どんな年齢になっても、健康を得るのに遅いということはありません。自信が持てるような歯の見た目で心豊かに人生を過ごしたい、生活の質を高めたいと考えている方は、気軽に相談に来てください。当院では、食事や栄養などについても相談に応じていますので、何らかのアドバイスや何かヒントがお伝えできればと思います。

Access