北川歯科クリニック

北川歯科クリニック

北川 尚院長

頼れるドクター

102450

高齢者対象の歯科診療には全身管理が重要な役割を果たす

―そもそも先生が歯科医師を志したのはなぜですか?

私の父は泌尿器科の医師で、手先がとても器用でした。小さいころ一緒に凧を作ったり、正月の宿題で書き初めがあったとき手本を書いてもらったり、またプラモデルなんかもきれいに作っていました。そんな父を見ながら私も物を作るのが好きになり、ラジオやプラモデル等、ラッカーで色付けしたりして良く飾っていました。そういう体験の影響を受けながら、父の仕事ぶりを見ていたので、いつかは、医学か歯学か、医療関係の職業に就きたいと思っていました。大学を決める時には、結局、物作りの経験を生かせる歯科医師を選びました。

―歯科麻酔を専門分野とした理由を教えてください。

大学卒業時に、高齢者が増加することを前提に、入れ歯を自分の専門分野にしたいと先輩に相談したのです。その時、「今は高齢者=入れ歯と思うかもしれないが、これから高齢者を対象にした歯科診療をするならば、全身管理ができなければいけない」というアドバイスをもらい「はっ」としました。そこでまずは、歯科医師としてきっちり仕事をこなせなければと思い、2年間は東京医科歯科大学の臨床研修医として、入れ歯や補綴(ほてつ)、口腔外科などについて一通りすべて勉強しました。その後、全身管理を学ぶために、大学院で歯科麻酔学を専攻したんです。歯科医師だから歯だけ診ていれば良い時代ではなくなっています。心筋梗塞などの循環器疾患、また脳性麻痺やてんかん等の精神神経疾患などについても幅広く勉強し、実際にそうした疾患を持つ患者さんの治療も経験しました。

―実際に歯科医師、歯科麻酔医になられてどのようなことを感じられていますか?

私が学生時代に学んだ治療法は、歯科医療の発達によりどんどん変わっていますから、日々学んでいないと置いていかれてしまいます。もしかしたら、学生の時より今の方が勉強することが多いかもしれません。インプラントや光で固めるレジン充填などが一般に普及しだしたのは私が大学院を卒業した後でした。その後も新しい技術や材料が次々に出てくるので、そういう意味では本当に大変です。自分のクリニック以外にも障害をもった患者さんの治療を全身麻酔で行っている歯科医院に、麻酔医として仕事したり、また開業したことで経営についても考えなくてはなりません。今思えば大学病院時代は麻酔や研究が中心で、毎日がとてもおもしろかったです。開業するなんて、当時は私自身も周りの人も考えてもいませんでしたが、このクリニックも早いもので、今年で開業15年目となりました。歯科医師なら誰でも思うことでしょうけれど、目の前の患者さんとコミュニケーションをとりながら治療して、治った時の達成感があるから、続けられるんでしょうね。

記事更新日:2016/03/31


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細