求人情報ON
北川歯科クリニック

北川歯科クリニック

北川 尚院長

102450 %e5%8c%97%e5%b7%9d%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅からすぐ。昼も夜も人通りの絶えないビジネス街の一角に「北川歯科クリニック」はある。北川尚院長は、歯科麻酔の専門家。患者の精神的な不安や負担を軽減するために痛みの少ない治療を実践し、歯科医院そのものや治療が苦手な人でも通院しやすいクリニックをめざしている。北川院長が歯科麻酔の分野を専門に志したのは、これからの高齢社会には全身管理が必要になると見越してのこと。しかしまだまだ歯科治療における全身管理の重要性を理解する患者は少ないという。「患者さんの理解を得るために丁寧な説明を重視している」と話す北川院長に痛みの少ない治療を中心とする診療について話を聞いた。
(取材日2018年8月1日)

歯科麻酔の専門家として痛みの少ない治療を追求

―どうして新宿御苑という場所で開業されたのでしょう?

近隣のオフィスから通院される方が多いのですが、ご紹介でいらっしゃる方も多いため駅から近く、わかりやすい場所が良いと思い、こちらを選びました。歯医者さんが好きっていう方はあまりいませんよね。加えて歯科治療は1回で終わりということはほとんどありませんので、少しでも患者さんの通院にかかる負担を軽減できればと考えていました。私が歯科麻酔を専門にしていることもあり、痛みが心配という方や歯科医院独特の音が苦手というような方のストレスを軽減させることに力を入れています。快適な環境という意味ではすぐ近くの新宿御苑で気分転換していただくのがお勧めです。実は私も昼休みに芝生の上に寝転がってお弁当を食べに行ったりしています。神経を使う仕事なので、自然あふれる環境でリラックスすることでたいへん良い気分転換になりますよ。

―どういう方に痛みの少ない治療が効果的なのでしょう?

歯科医院の匂いや音、また機器などにも拒否反応を起こしてしまうような方ですね。静脈内鎮静法を使用するのですが、これは精神の緊張状態を緩和させることができるので、「過去に歯科治療で痛い思いをした」「歯を抜く時につらい思いをした」など恐怖心の強い方に効果的です。他には、一度に数本治療する場合、抜歯やインプラント手術の際にも静脈内鎮静法を使います。口に器具を入れると吐きそうになってしまう嘔吐反射が強い方にも適しています。当院には入院施設はありませんので、日帰りでの治療となります。抜歯や神経を取るときは静脈内鎮静法、根の治療が進んだら笑気吸入鎮静法で、型を採るときは何もせず、処置のグレードや患者さんの状態を見て、麻酔を使い分けることもあります。「ここで治療すれば痛くない」と思っていただくことが私のやりがいです。

―静脈内鎮静法以外の痛みの軽減の仕方について教えてください。

少し甘い香りのする笑気ガスを鼻から吸っていただく笑気吸入鎮静法の場合、リラックスした状態で治療を受けることができます。この笑気吸入鎮静法に局所麻酔を組み合わせることも多いです。電動注射器や表面麻酔の使用は私からすれば当たり前。恐怖心を取り除き、患者さんのご要望にお応えして痛みを最小限に抑えたいと常に考えています。極度の歯科恐怖症の方には、事前に精神安定剤をお渡しし、来院1時間前に飲んでもらうこともありますよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細