全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市緑区
  4. 中京競馬場前駅
  5. 太子歯科医院
  6. 小森 敦夫 院長

小森 敦夫 院長の独自取材記事

太子歯科医院

(名古屋市緑区/中京競馬場前駅)

最終更新日:2019/08/28

100357

名鉄線中京競馬場前駅から徒歩8分、有松駅から徒歩11分。まだ周辺が住宅地として開発されていない頃から医院を構え、口腔内から地域住民の健康寿命の延伸に力を注いできた「太子歯科医院」。開院から25年経った今では、親子3代で通う患者も少なくないという。院長の小森敦夫先生は、緑区歯科医師会長も務める重鎮。インプラントや審美歯科のほか、訪問診療にも力を入れており、今後は地域歯科医師会との連携を生かしたチームづくりも強化していくという。落ち着いた静かな口調ながら、歯科治療へのスタンスやこだわりについて語る姿からは、小森先生の熱い思いが感じ取れた。
(取材日2016年6月2日)

いい道具と正しい知識・技術で質の高い治療を

この地に開院された理由は?

Df1

知人からこの辺りの物件を紹介されたことをきっかけに、周辺でいろいろ探すうちに、ここにたどり着きました。場所を決める際のポイントは、大きく2つだと思うんです。駅前などの都会で開業するか、住宅街の中などで地域と密着した開業をするか。私は後者だったんです。とはいっても、開院当初の25年ほど前はまだ開発が始まったばかりで、道も工事のために途中で行き止まりになっているような状況だったんですけどね。住宅地としてこれほどの発展を遂げるとは、私自身も想像できませんでした(笑)。当時はまだ子どもだった患者さんも今は保護者になりました。ご自身のお子さんや親御さんと、3世代で通ってくださっている方も多いんですよ。

院内は、白と青でまとめられた内装が印象的です。

開院してから25年経つので、数年前から少しずつ改装しているんです。以前は木の温もりを大切にしていたんですが、現在はおっしゃる通り白と青をベースにして清潔感を出そうと。壁などの材質にも配慮し、ほこりが付きにくいものを選んでいます。と同時に、医院としての機能性もより高めています。治療器具はもちろん、治療台の椅子の座り心地ひとつにもこだわっていますしね。やはりいい器具を使うと、それだけいい治療ができます。尊敬する歯科医の先輩がいつも「いい道具を使い、正しい知識と技術があれば、いい治療ができる」と、口癖のようにおっしゃっていたというのも大きいですね。今でも治療をしていると、頭の上から先輩のその言葉が聞こえてくるんです(笑)。

地域の方へ質の高い医療を、ということですね。訪問診療もされているそうですが。

Df2

訪問診療は16キロ以内を基本に、15年前からスタートさせています。こちらは、阪神・淡路大震災のときのボランティアがきっかけになっていますね。口腔内の健康はからだ全体の健康につながるんですが、器具がないと満足なケアができないという状況を目の当たりにしまして。口の中の細菌が肺に入ることで、肺炎を起こしてしまうケースがものすごく多いんです。肺炎は日本人の死因の第3位ですから、なんとしても食い止めたいですね。現在の訪問診療では、お年寄りや事故などで車いす生活を余儀なくされている患者さんがメイン。虫歯や義歯などの治療も大切ですが、口腔内ケアや接触嚥下訓練が中心です。こういったことは、歯科医療のみならず、地域の医師会やケアマネなど各医療関係者と連携をとり、チームでケアにあたる体制づくりが大切だと考えています。

正確な治療でエイジングケア。さらに健康寿命の延伸を

インプラントや審美歯科にも力を入れているそうですね。

Df3

大人になってから歯槽膿漏なり虫歯などで歯を失ったとき、「入れ歯はちょっと」と抵抗感をもたれる方が多い。そうした患者さんの治療において、なるべく多くの選択肢を用意したいということで、インプラントに力を入れています。審美についてはエイジングケアの側面が大きいですね。歯に自信があれば大きな口を開けて笑うことができますが、自信がないとつい口元を手で隠してしまうもの。その違いがやがて、生活や仕事全体に大きな影響を及ぼすんです。当院では治療の前後に口内や顔、全身の写真を撮っているんですが、治療が終わって歯に自信がもてるようになると、表情や着ている服などすべての雰囲気が以前とは打って変わって明るくなり、患者さんの変化に僕自身も驚かされることが多いんですよ。「適切な歯科治療はエイジングケアにつながる。引いては健康寿命の延伸につながる」。これもその先輩歯科医の言葉ですが、その通りだと実感させられますね。

医院に近接した歯科技工所を設けたのも、満足度の高い治療のためですか?

もちろんです。私の経営している歯科技工所が近接して2施設あるので、仕上がりも早いですし、臨機応変な対応ができます。技工士が患者さんとコミュニケーションをとってからつくるので、色味などもほかの歯と調和した、しっくりした物ができるというメリットも大きいですね。もちろん、見た目だけでなく機能も伴っている物であることは、言うまでもありません。噛み合わせが少しでもおかしくなると、頭痛など心身に不調が現れてしまいますしね。技工士たちは非常に熱心ですよ。勉強して新たな知識や技術を取り入れるだけでなく、我々歯科医とディスカッションを重ねるなどして、常に質の向上を図っています。

さらに、常駐のカウンセラーもいらっしゃるそうですね。

Df4

はい、女性のカウンセラーが一人います。カウンセラーが患者さんの症状や希望の治療方法だけでなく、これまでの病歴や健康状態、家族構成、経済面、志向などさまざまな話を聞くとともに、私が診療方針を1~3案ぐらい立てます。そのうえで、患者さんと協議を進めて診療方針を決めていきます。保険診療内ではなかなか難しいですが、自費診療ではさまざまな選択肢から最適な方法を選んでいただけているのではないかと自負しています。もちろん、「健康寿命の延伸とQOLの向上」を最優先にしています。

スタッフが一丸となり「プロフェッショナル」をめざす

健康寿命を伸ばすことにおいて、最も大切なことは何ですか?

Df5

やはり、日ごろからの定期健診に行くことがいちばん。口内環境と体の健康は密接な関係があるので、定期健診によってさまざまな病気を未然に防ぐことができるというメリットもあります。当院では治療中にクリーニングもいっしょに行っており、患者さんにはクリーニングした歯や口内の心地よい感覚をしっかり味わってもらうと同時に、「この状態を保つことがいかに大切か」ということを繰り返し説明しています。ですので、当院の患者さんの大半は毎月、自発的に定期健診にいらっしゃいますね。非常に意識が高い方が多いですよ。

先生自身が日々の診療で心がけていることとは?

実際にできているかはなんとも言えないのですが、「患者さんの要望や小さなサインを見逃さない」ということですね。普段、自分が行きつけにしているお店でも、違和感やちょっとマイナスな印象を受けることってありますよね。でも、なかなか口には出せないですから、代わりにちょっとしたサインを出したりしませんか? いつもは「ごちそうさま」と言って店を出るところを、無言で出て行ったりとか(笑)。そんなサインを連続で見逃されると、「もうこの店に行くのをやめよう」と思ってしまう。患者さんも、そんなサインを出してくることがあるかと思うんです。それをきちんとキャッチし、細かく軌道修正をしていくことが大切であり、そのためには、患者さんとの会話での密なコミュニケーションが必須だと感じています。

最後に、歯科医としてめざす姿を教えてください。

Df6

本当の意味での「プロフェッショナル」に近づくことです。これはスタッフにも常に言っていることですが、「1本の歯を診るだけでなく、口の中全体を診る。口の中全体を診るだけでなく、全身を診る。全身を診るだけでなく、患者さんのバックグラウンドや生活環境も診る」ことが大切だと思うんです。そのうえで、言い訳をせずに結果を出すこと。スタッフ全員が一丸となってプロフェッショナルとなることが、理想の姿ですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント/24万8400円~
オフィスホワイトニング/3万6750円~
ホームホワイトニング/1万7850円~
矯正/86万4000円~
セラミック
・インレー/3万2400円~
・クラウン/8万6400円~
※すべて消費税込み
※金額はあくまで目安です。詳細はお問い合わせください

Access