全国のドクター9,298人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月25日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 全身の倦怠感の原因と考えられる病気一覧
  4. 脚気
  1. TOP
  2. 足の病気一覧
  3. 脚気
068

こちらの記事の監修医師
聖マリアンナ医科大学 東横病院
生活習慣病センター長 太田 明雄 先生

かっけ 脚気

概要

脚気とはビタミンB1が欠乏して起きる病気のことです。ビタミンB1は炭水化物の代謝に関わる大切な栄養素であり、不足すると末梢神経障害や心不全が起きてしまい、全身の倦怠感、食欲不振、手足のしびれ・むくみなどの症状が出ます。これらの症状が脚気です。かつては明治時代や大正時代に大流行しました。日本でビタミンB1が発見され、食事で自然に補えるようになってからは発症者は少なくなりましたが、偏食の若者や持病のある人には今も見られることがあります。

原因

体内のビタミンB1の不足により発症します。人の体はビタミンを自力で合成することはほとんどできないため、食べ物から摂取して補う必要があります。かつて日本人は玄米を主食としていたため、自然とビタミンB1を補給することができていましたが、ビタミンB1を含まない白米食が普及した江戸時代から脚気の症状が出始め、明治時代から大正時代にかけては結核と並ぶ2大国民病と言われるほど多くの人が発症したと記録されています。日本人の食生活が向上した現代においては脚気を発症する人はほとんどいませんが、糖質の過剰摂取、インスタント食品を常食としている人や、ビタミン吸収に障害のある胃切除後の患者、ビタミン喪失量の多い血液透析中の患者などには今も発症のリスクがあります。またアルコールを大量に摂取し続けるとビタミンB1を多く消費するため、脚気を発症する要因となり得ます。

症状

ビタミンB1が欠乏すると、まずはイライラ、倦怠感、食欲の低下などの症状が表れます。また末梢神経や中枢神経に異常が生じ、手や足の先に痛みやしびれが出るようになります。さらに進行すると筋力が衰え、感覚障害が出て歩行が不自由になります。また膝下をたたくと足が跳ね上がる膝蓋腱反射がなくなり、反応しなくなります。重症化すると同時に心臓機能が低下し、心拍数の増加、手足のむくみ、胸水がたまるなどの症状が表れます。急に心筋虚脱を生じる脚気衝心(かっけしょうしん)が出ることもあり、最悪の場合は心不全により死に至ります。

検査・診断

まずは問診で症状や既往歴、食生活の状況を聞き、ビタミンB1欠乏が疑われたら血液検査を実施します。末梢神経障害の有無を調べるため、膝をハンマーでたたく膝蓋腱反射のテストを行う場合もあります。まだ患者の多かった1960年代までは、膝蓋腱反射は健康診断の必須項目でした。現代では食生活がよほど乱れていない限りはビタミンB1不足になることは考えにくいですが、胃を切除した後でビタミン吸収に障害のある患者、血液透析中でビタミン喪失の多い患者など、持病のある人は注意して調べます。また重度のつわりのある妊婦、アルコール依存症の人も稀に発症することがあり、診断の際の判断材料となります。

治療

点滴などによってビタミンB1を体内に補い、回復を図ります。多くの場合、ビタミンB1を補充すれば症状は改善されますが、末梢神経障害を生じている場合は、治療に半年から数年かかることもあります。食生活の乱れによって脚気を発症した人に対しては、食事指導も重要です。必要に応じてサプリメントの飲用を勧めるなどして不足を解消します。持病により発症した人、アルコール依存症の人に対しては、病気の治療と並行して経過をよく観察します。

予防/治療後の注意

大昔の病気というイメージのある脚気ですが、昭和40~50年代に取られたビタミン欠乏症に関するデータによると、数々の症状の中でも脚気が最も多く見られたという報告があります。発症者は若者に多く、原因は糖質の過剰摂取、ビタミンB1の摂取不足だそうです。また、現在でも発展途上国では脚気の患者が多く見られ、栄養不良は健康に重大な影響を与えることが明らかです。日頃からバランスの取れた食生活を心がけ、アルコールの飲み過ぎには十分注意しましょう。

068

こちらの記事の監修医師

聖マリアンナ医科大学 東横病院

生活習慣病センター長 太田 明雄 先生

1985年、聖マリアンナ医科大学医学部卒業。専門は糖尿病、脂質異常症。2015年から聖マリアンナ医科大学 東横病院 生活習慣センター長兼病院教授として、生活習慣病の予防・治療に尽力。日本内科学会総合内科専門医。日本糖尿病学会糖尿病専門医。