全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,990件の情報を掲載(2020年11月25日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 高熱がでるの原因と考えられる病気一覧
  4. 扁桃周囲膿瘍
  1. TOP
  2. 頭の病気一覧
  3. 扁桃周囲膿瘍
056

こちらの記事の監修医師
佼成病院
耳鼻咽喉科部長 中村 健大 先生

へんとうしゅういのうよう扁桃周囲膿瘍

概要

口の奥の両脇にある口蓋扁桃という組織が、細菌感染などにより炎症を起こす「扁桃周囲炎」が進行して周辺にまで広がり、膿を持った状態。激しい喉の痛みと高熱、ものを飲み込むときの痛みを伴い、扁桃腺の奥にある噛むための筋肉に炎症が広がると、口が開きにくくなることも。症状が進行して首の深い場所に膿がたまったり、縦隔(肺の間を中心に、心臓や気管、食道などが存在する一帯の領域)にまで膿瘍ができたりすると、最悪、死に至ることもある。複数の細菌が原因となっている場合が多い。20~30代の大人に多く、子どもには珍しいことも特徴。

原因

レンサ菌、ブドウ球菌、バクテロイデスなどの細菌に感染することで、口の奥の両脇にある口蓋扁桃に炎症を起こす「扁桃炎」が治療されずに悪化することが原因。扁桃炎によって生じた炎症が口蓋扁桃を覆っている被膜と咽頭収縮筋(ものを飲み込むときに使う筋肉)の隙間に生じると「扁桃周囲炎」と呼ばれる状態になるが、そこからさらに病状が進むと、主に左右どちらかの扁桃に膿がたまる扁桃周囲膿瘍になってしまう。子どもは口蓋扁桃の被膜が細かくて分厚いため、炎症が被膜を超えて広がることは少なく、扁桃周囲膿瘍になることも珍しいとされているが、20~30代の大人、特に男性には多く見られる。重症化して炎症が縦隔(肺の間を中心に、心臓や気管、食道などが存在する)にまで広がると、死に至る危険もある。

症状

主に左右どちらかの扁桃に現れるむくんだように見える暗く赤い腫れと、声がうまく出ない、食べ物や飲み物を飲み込んだときに痛みが伴うといった、扁桃が何らかの細菌に感染したことによって炎症を起こす「急性扁桃炎」の症状に加えて、口蓋扁桃の裏にまで膿がたまるといった症状も現れる。通常、38℃以上の高熱や全身のだるさ、吐き気といった症状も伴う。さらに病状が進んで扁桃口蓋の奥にある噛むための筋肉にまで炎症が広がると、唾液を飲み込むことさえつらくなるほど喉の痛みが強まり、口を大きく開けていられないことも多い。さらに、首を曲げようとすると激しく痛むこともある。

検査・診断

患者が訴える痛みの種類などを参考にしながら、喉の様子を目で見ることによって診断する。通常、左右どちらかの扁桃がむくんだように暗く赤い色に腫れており、扁桃の表面に白い膜が付いているのが確認できる。また、扁桃周囲膿瘍が疑われた場合には、原因となっている菌が何なのかを探るために、針を刺して膿瘍の一部を採取する検査や、病状の程度を確認する目的で血液検査が行われることもある。膿がたまっているところに針を刺すことが難しい場合には、CT検査を用いて喉の画像を調べることで、膿瘍ができているかどうかをチェックすることも。

治療

まずは抗菌薬を内服することで治療を進めるのが一般的だ。喉の痛みが強く、唾液を飲み込むのもつらいといった場合には、点滴によって薬を投与することも多い。強い痛みによって口を開けることが難しく、ものを食べたり飲んだりすることができないときは、脱水症状になる可能性が高いため、それを防ぐために入院も検討される。また、必要であれば、CT検査や超音波検査などで膿ができている場所を特定してから、針で喉を刺して膿を吸い取った後に膿の中の細菌を調べ、その細菌に応じた抗生剤で治療することも。それでも改善が見られない場合は、抗生物質の点滴と並行して、膿瘍を小さく切開することで膿を取り除く。喉の奥の膿瘍が大きくなって空気の通り道である気道を狭め呼吸を妨げてしまっている場合には、気管切開を行うこともある。

予防/治療後の注意

扁桃炎になった場合は、こじらせて扁桃周囲膿瘍へと病状が進行しないようにするのが最も大切だ。扁桃炎によって起こる炎症は、鎮痛解熱薬や抗生物質を飲んだり点滴したりする治療によって4~5日ほどで治まることがほとんどなので、炎症が比較的に軽いこの段階で早めに治療することが重要。また、扁桃炎を予防する第一の方法は、ストレスをためず、規則正しい生活を送ることで免疫力を高めることだ。日頃から栄養バランスが取れた食事を心がけ、適度な運動をしてよく休むことに加え、外から帰ってきたら必ずうがいをして口の中を清潔に保っておくことも必要だ。

056

こちらの記事の監修医師

佼成病院

耳鼻咽喉科部長 中村 健大 先生

2006年杏林大学卒業。同大学医学部付属病院耳鼻咽喉科を経て、2014年より現職。日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医。専門分野は耳鼻咽喉科一般。